現在ウェブサイトメンテナンス中の為、一部閲覧しにくい箇所があります。ご了承下さい。

障がいの基礎知識

障害の基礎知識

下記ボタンを押せば気になる障害の基礎的な知識を見る事が出来ます 。

障害全体に関する基礎知識

障害全体 色々な障害があるけどどれだけの種類があるの?
色々な障害があるけどどれだけの種類があるの?

まず最初に、障害は国の制度的な分類と、科学的な分類の2つにわけられています。その細かい理由はここには記載しませんが、この2つの分類だと下記のようになります。

制度的分類
身体障害、精神障害、知的障害、発達障害

科学的分類
※科学的分類は定義によって名称が変わります、下記は一般的な科学的名称で、DSM-5による名称はまた別になります。
身体障害
・視覚障害
・聴覚障害
・言語障害
・運動障害
・内部障害
知的障害
精神障害
・発達障害

障害全体 最近良く聞く差別解消法って何?
最近良く聞く差別解消法って何?

障害者権利条約と呼ばれ国際人権法に基づく人権条約として2006年に国連総会で採択されたもので、日本政府も署名し批准しているもので、その条約の中にあるのが「障害者差別解消法」です。
差別解消法では「不当な差別的取り扱い」の禁止と「合理的配慮」の提供をする事が法律で定められています。

下記は内閣府が配布している差別解消法の資料になります。

print

発達障害に関する基礎知識

発達障害 最近良く聞くけど発達障害って何?
最近良く聞くけど発達障害って何?

発達障害は生まれつき脳の働きの違いにより社会的コミニケーションや感情面や学習面などにおいて一般とは違う特徴がある状態です。その特性の影響で本人や家族や関係者が生きづらさを感じる場面が多々あります。

以前は育て方等が悪いと親が言われる事もありましたが、科学的にそれは完全に否定されています。
※生まれつきでないものは発達障害では無いそれ以外の精神的疾患です。

発達障害 発達障害にも色んな分類があるの?
発達障害にも色んな分類があるの?

発達障害とは広義での名称で、広汎性発達障害、学習障害、多動症やそれらから細分化される障害を全てひっくるめて発達障害と呼ばれるケースが多いのが現状です。

知的障害に関する基礎知識

知的障害 知的障害と発達障害って違うの?
知的障害と発達障害って違うの?

知的障害は治療の水準が全体的に低いために社会性に困難が生じることを指しています。一方発達障害は多くのケースでは知的障害を伴うことはなく生活上のコミュニケーション能力や行動や学習中に困難が生じるものを指すことが多いです。

ただしあくまでも分類上の話であり発達障害も広汎性発達障害に分類される自閉症やアスペルガー症候群などや学習障害など、よく聞く ADHD の注意欠陥多動性障害など様々な分類があります。

また知的障害も軽度・中度・重度・最重度など細かく分類わけされており、ただしこれもあくまで知能検査によって分類分けされたカテゴリでしかないのでそれぞれの関係者は当事者の個人的特性としっかり向き合い適正に判断してほしいと思います。

知的障害 知的障害の人とどう接すればいい?
知的障害の人とはどうやって関わればいい?

今まで全く関わったことのない人からすればどのように関わるのが良いのか不安になることもあるかと思います。一般的に認知されている知的障害を持つ人との接し方は

・ゆっくり優しく丁寧に話しかけること
・具体的で且つ短くわかりやすく伝えること
・話しかけたことによって相手からのレスポンスがある場合は、その返答をしっかり聞く

一般的には上記のような方法を取ることが大切だと思います。このような方法で接していれば適正なコミュニケーションが取れるとは思います。その上で相手の個性や特性も関係が深くなるほどに理解が深まるでしょう。

精神障害に関する基礎知識

精神障害 精神障害ってうつ病とかそういうの?
精神障害ってうつ病とかそういうの?

広い分類で言えばうつ病も精神障害の一つとなります。また上で紹介している発達障害も精神障害の一つとなります。うつ病で言えば障害で15人に1人はかかると言われており、ストレス社会においてはとても身近なものになっていると思います。

精神障害 精神障害の人とどう接すればいい?
精神障害の人とはどうやって関わればいい?

精神障害に関しては様々な疾患があり、例えばアルコール依存症などや双極性障害など、または認知症などそれぞれの疾患に対して適正な対応方法が求められるので”このように関われば問題が発生しない”という方法はないので、もし自分が精神障害を持っている人と関わる場面があるのであれば、この人が何の障害を持っているのか情報を得た段階でしっかり考えていくことが必要です。もちろん事前知識があればそれに越したことはないと思います。

身体障害に関する基礎知識

身体障害 身体障害ってどこからが身体障害になるの?
身体障害ってどこからが身体障害になるの?

身体障害と言うと手や足などに何らかの障害があることを報道するかと思いますが、視覚や聴覚の障害、それ以外でも内部障害と呼ばれるような内臓系の障害、また高次脳機能障害などの脳血管障害による脳の損傷による障害などにあったりします。

また障害の度合いもそれぞれの障がいに合わせ一級なのか二級なのかそういった分類があり、その分類によって受けられる福祉制度などにも違いが出てきます。

身体障害 身体障害の種類ってどんなのがある?
身体障害の種類ってどんなのがある?

身体障害と言うと手や足などに何らかの障害があることを報道するかと思いますが、視覚や聴覚の障害、それ以外でも内部障害と呼ばれるような内臓系の障害、また高次脳機能障害などの脳血管障害による脳の損傷による障害などにあったりします。

聴覚障害に関する基礎知識

聴覚障害 聴覚障害って耳が聞こえないの?
聴覚障害って耳が聞こえないの?

完全に耳が聞こえない人もいれば、補聴器などがあれば聞くことができる人もいれば、補聴器がない状態でもある程度は認識できる人もいたりします。また聴覚障害には先天的なものと後天的なものがあり、後天的なものの場合は事故や病気などの影響でなる人たちがいます。

聴覚障害 聴覚障害の人とどう接すればいい?
聴覚障害の人とどう接すればいい?

補聴器を使い言葉を認識できる人であれば通常のコミュニケーションが可能だとは思いますが、完全に聞こえない人の場合は手話や筆談が良いでしょう。最近だとスマートフォンでも聴覚障害の人コミュニケーションをとるためのアプリケーションなどもありますのでそういったものを利用しても良いかもしれません。

視覚障害に関する基礎知識

視覚障害 視覚障害って目が見えない人?
視覚障害って目が見えない人?

視覚障害にも細かい分類があり、視力障害や視野障害・視覚障害や聴覚障害など広範囲にわたって様々なものがあります。また障害の等級もかなり細かく分類されていますが行政の分類と障害としての分類に関して内容が変わってくるので注意が必要です。

視覚障害 視覚障害の人とどう接すればいい?
視覚障害の人とどう接すればいい?

視覚障害の人で全盲の人などになると外に出かける時に白杖(はくじょう)と呼ばれる杖を使っています。道路や電車などでどうしても危ない場面などがあったりしますのでもし見かけて困っていれば声をかけて介助してあげる必要があります。

またそれ以外でも色が正確に見えなかったり、視力が極端に低いなどの人もいたりしますのでそういった人もいたりして、同じ職場で働いている人がそういう状況であれば文字を大きくして資料を印刷したり複雑な色を重要な部分で使わないなどの配慮が必要だとは思います。

内部障害に関する基礎知識

内部障害 内部障害ってどんな障害?
内部障害ってどんな障害?

内部障害は体の内部に障害があることをいい、普通に見ているだけではわからないことも多いです。例えば昔の漫画家キャプテン翼の岬くんが心臓が弱いことも内部障害からきています。動悸や息切れなどの症状があり脈拍を正常に調整するために重たい人の場合はペースメーカーを入れている人もいたりします。

内部障害 内部障害の人とどう接すればいい?
内部障害の人とどう接すればいい?

周りから見て分かりにくいのでヘルプマークなどをつけていることが多かったりします。そういう時は声をかけて何か手伝えることがないか聞いてみるのもいいかもしれません。職場だのに内部障害の人がいるのであれば事前にどのような障害なのかをよく理解した上で業務上サポートしてあげることが大切だと思います。

その他障害に関する基礎知識

その他障害 今までの説明以外の障害ってどんなのがある?
今までの説明以外の障害ってどんなのがある?

主に今まで説明してきた分類の中で大体の障害は分けられますが、その中でもあまり馴染みのないことや聞いたこともないような障害もあったりはします。そういった時はその障害がどういったものかを良くすることで困っている当事者に対して力を貸してあげることができると思います。

その他障害 障害についてどう接すればいい?
障害についてどう接すればいい?

様々な障害があるので一言でどんな風に接すればいいかというのは非常に難しいですが、できるのであればそれぞれの障害の知識を得て理解した上で適切に接することができれば一番ですがなかなかそうもいかないと思います。なので最低限ですが相手に冷たくしない、偏見を持たない、攻撃的にならない、無理解にならない。と言った知識がない状態でできる合理的な配慮は必要だとは思います。