現在ウェブサイトメンテナンス中の為、一部閲覧しにくい箇所があります。ご了承下さい。

知的障害に関する各研究者・各機関の論文

知的障害に関する各研究者・各機関の論文をまとめてあります。ご興味のある方はご覧下さい。


論文タイトル 著書 抜粋 論文詳細URL
 知的障害者に対する態度に関する文献研究 生川善雄, 梅谷忠勇, 前川久男 – 千葉大学教育学部研究紀要, 2006 – opac.ll.chiba-u.jp 健常児の知的障害児に対する態度を多方面から研究し た遠藤・山口(1969)は,知的障害児の
性格特性に関す る中学生・高校生の認知について,因子分析(セントロ イド法)を実施して検討し,「誠実
性―不誠実性」,「陽 性―陰性」の2因子を抽出している。 中村(1970)は,639名の一般市民の…
https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900040782/13482084_54_15.pdf
特別支援学校に在籍する知的発達に遅れのない発達障害児の現状と課題-全国知的障害特別支援学校のアンケート調査から 熊地需, 佐藤圭吾, 斎藤孝, 武田篤 – 2012 – air.repo.nii.ac.jp の児童生徒が在籍するようになり,新たな 対応が求められるようになってきている(全国特別支援
学校知的障害教育校長会. 2010;熊地・清水・武田E 対象と方法 1 対象 全国の知的障害を主とする
特別支援学校と知肢併設の 特別支援学校,合計 600校を対象とした。 なお本調査での発達障害児と…
https://air.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1786&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害児・者の家族のセクシ匡アリティに関する調査 宮原春美, 相川勝代 – 2001 – nagasaki-u.repo.nii.ac.jp 知的障害養護学校であるK高等養護学校の保護者を対象に,知的障害児・者の家族のセクシュ
アリティに関する質問紙調査を実施し,セクシュアリティ確立のための課題について検討した.知的障害
は必要である」と回 答しており,保護者は知的障害をもった子どもの性的発達を認め,性教育の必要…
https://nagasaki-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=19341&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害を持つ人の自己決定 古屋健, 三谷嘉明 – 名古屋女子大学紀要 人文・社会編, 2004 – nagoya-wu.repo.nii.ac.jp 今日、知的障害者の自己決定は当然のことのように語られている。たとえば、厚生省大臣官 房障害
保健福祉部(2000)が公表した福祉サービス第三者評価事業のための「障害者・児施設の サービス
共通評価基準」では、評価基準の基本的な考え方のひとつに「自己選択や自己決定の 尊重」が…
https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1629&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者のいる家族の貧困とその構造的把握 (特集 障害児者の貧困) 田中智子 – 障害者問題研究, 2010 – ci.nii.ac.jp 本稿は,障害者のいる家族に生じる様々な生活問題を貧困の視点から捉えなおすことを試みる.第
一に,障害者・家族の状況を貧困の視角から捉えた調査・研究はあまり見られないが,その中で成人期
においても家族への経済的依存は継続していること,障害者のいる家族は,一般世帯と比較して経済的…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007492309/
知的障害教育における 「現場研修」 への応用行動分析学のアプローチ 大石幸二 – 特殊教育学研究, 2000 – jstage.jst.go.jp 知的障害教育に お け る 「現場研修 」へ た だ し、小林 (1994) が指摘 す る ように 、情緒 障害
教育 を対象 と した特定の教 員免許状 その もの が存在 し ない こ と、また自閉症を含む広汎性発達
障害 、学習障 害な ど限局性 発達障害、それ か ら社会適応上 の 問題 を 示 す情緒障害の両群 に…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/38/1/38_KJ00004952615/_article/-char/ja/
 知的障害者の本人活動の歴史的発展と機能について 保積功一 – 吉備国際大学社会福祉学部研究紀要, 2007 – kiui.repo.nii.ac.jp また、東京都障害介護支援者介護サービス体制 整備検討委員会知的障害者部会の委員として3名
「知的障害」 という言葉の是非について当事者間で真剣な議論が なされている。その他には、新た
支援 費制度と新障害者計画策定に当たって、内閣府の懇 談会に知的障害のある3人が意見を述べ…
https://kiui.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1064&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
知的障害児・者における実行機能の問題に関する近年の研究動向 池田吉史, 奥住秀之 – 2011 – core.ac.uk This study was intended to survey the background and problems of research in executive
function in people with intellectual disability by reviewing recent studies reported in the literature.
From the perspective of subjects, a few studies that specifically examined those with Down …
https://core.ac.uk/download/pdf/15925019.pdf
知的障害者の一般就労に影響を及ぼす要因の解明 陳麗婷 – 社会福祉学, 2007 – jstage.jst.go.jp は なは だ しく不足 して い ると筆者 は考えて い る.それ は第 1 に ,就労お よび そ の継 続の 要因
と して の知 的障害者 自身の 社会通所授 産施設が 1 か所,知的障害者通 所授産施設が 2か所
知的障害者小規模通所授産 施設が 1か所 ,知 的障害者 通所 更生 施設 が 1 か 所.グル ー プホ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/48/1/48_KJ00004596761/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校高等部での進路学習におけるソーシャルスキル・トレーニングの効果の検討 石津乃宣, 井澤信三 – 特殊教育学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 知的障害特別支援学校高等部 2 年生の生徒に対して, 高等部卒業後の社会生活で必要な社会
スキルを選び, ソーシャルスキル・トレーニング (SST) をまた, 知的障害群生徒と自閉症群生徒の比較
を行ったところ, 知的障害群のほうが効果が上がりやすいことが示唆され, 自閉症生徒への SST 実施に…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/2/49_203/_article/-char/ja/
知的障害者の自己決定支援の思想と方法に関する一考察 鈴木良 – 社会福祉学, 2004 – jstage.jst.go.jp て 知的障害者 が 自己決定能力 を向上 させ成長する点で あ り,次に,認識の 支援が もっ とも重要
だ とい う点で ある. 2002年 12月,「新 障害者基 本計画」お よ び 「重 点施策実施 5 力年計画
」(新障害者 プラ ン〉が発表 され 「脱施設」にか か わ る 内容が 明記 され た.さ らに 知的障害者の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/45/2/45_KJ00006852928/_article/-char/ja/
知的障害施設職員のバーンアウト傾向とその関連要因 長谷部慶章, 中村真理 – 特殊教育学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 知 的 障害施設 に お い て は、利 用者 の 重 度化 や高齢化 、強 度行 動障害へ の 支 援 な ど
課題 が 複雑 化 し て い る 。 ま た 、脱施設化 へ の 流れ や 契 約制度へ の 移行な ど、知 的 障 害
施設 をめ ぐる環境 も変 化 をみ せ て い る。こ の よう な 中で る もの と推測 され 、知的障害施設 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/4/43_KJ00004953439/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校における自立活動の現状と教員の課題意識 今井善之, 生川善雄 – 千葉大学教育学部研究紀要, 2013 – core.ac.uk であるために,各々の実践はあっても, 知的障害特別支援学校における自立活動の在り方として の
つであるが,知的 障害教育においては,知的障害教育と自立活動の関係の 連絡先著者:生川善雄
発達障害を含めた複数の障害種に対応する知的 障害を主とする特別支援学校の自立活動において…
https://core.ac.uk/download/pdf/97061815.pdf
交流教育における知的障害児に対する健常児の態度形成: 態度と事前指導における情報提供, 交流経験, 評価対象となる知的障害児の特定との関連性の検討 大谷博俊 – 特殊教育学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp さ らに 、 情報提供後の 健常児 の知 的障害児に対す る態度 を交流経験前後で比較 し、 本研
究 で は、実 際 に 交流 す る特定の 知的障害児 と そ の 他の 不特定な 知的障害児 (こ れ まで 不
特定知的障害児の 得点 よ り高 く、情 報が提供 され た後 も T 児 の得 点 は、不特 定知 的 障害児 の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/1/39_KJ00004952767/_article/-char/ja/
 知的障害を持つ人の QOL 古屋健, 三谷嘉明 – 名古屋女子大学紀要人文社会編, 2005 – nagoya-wu.repo.nii.ac.jp 知的障害者福祉の歴史の中で1970年代と言えば、米国においてはノーマライゼーション運動 の
興隆による脱施設化が進み、コミュニティサービスの充実たとえば、知的障害、痴呆など 認知
障害を伴う精神障害、神経系の障害、さらには能力の未熟な幼児・児童、等である。Ager & Hatton(1999)が …
https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1599&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者家族が抱くスティグマ感: 社会調査を通して見たスティグマ化の要因と家族の障害受容 藤井薫 – 社会福祉学, 2000 – jstage.jst.go.jp 知的障害の 告知と受容に 関 して ,相談 機関との 関わ り,相談機関を訪れる際に感 じるス テ
ィグマ 感 につ (5)調査内容 :子 どもの 知的障害に 関す る項 目, 知的障害の告知 と受容
に関する項 目知的障害 を め ぐる社会観,相談機関 との 関わ り,相談機関に 対す るス テ ィ グマ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/41/1/41_KJ00006852688/_article/-char/ja/
 知的障害者の地域参加と余暇活用に関する調査研究 武蔵博文, 水内豊和 – 富山大学人間発達科学部紀要』 3⑵, 2009 – core.ac.uk 水内・武藏(2008)は,富山県内の特別支援学 校(これまでの知的障害養護学校)の高等部を卒業
して,地域で生活する知的障害者の生活実態調査)を取り上げ,成人知的障害者の地域参加と 余暇
活用の現状を把握して,その問題点を分析し, 支援の手がかりについて検討することを目的とする。 …
https://core.ac.uk/download/pdf/70318657.pdf
 日本における知的障害者の当事者活動・当事者組織: 先行研究の 古井克憲 – 2012 – core.ac.uk 本稿では, 日本における知的障害者の当事者活動・当事者組織 (活動・組織) の展開や支援内容,
成果と課題について, 先行研究を分析して整理する. 日本の活動・組織の基盤は, 地域社会から隔絶
された障害者同士の交流にあり, 欧米の活動・組織と関わり, セルフ・アドボカシー活動が導入された. …
https://core.ac.uk/download/pdf/67692768.pdf
知的障害者福祉就労施設の類型化と特性把握 (大分県の場合): 知的障害者施設整備の適正化に関する研究 その 1 鈴木義弘, 片岡正喜, 中武啓至 – 日本建築学会計画系論文集, 1997 – jstage.jst.go.jp ま た 、依然歴史的 ・社会的背 景に 基づ く偏見 ・先入観が 根強く残 る知 的 障害とい う特質に 起
因す る 施 設 の 隔離化あ る い 知的障害者福祉就労施 設 の 実態 を解明し、各施 設 の 計 画 理
念提 示 の 基 礎的 知 見を与 え、今 後の 施設 整備 ・適正 化 の 指針 を得る と とも に 、知 的障害者…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/62/491/62_KJ00004221881/_article/-char/ja/
知的障害児の母親の将来不安に関する研究 紫藤恵美, 松田修 – 2010 – core.ac.uk 要旨: 本研究の目的は,知的障害児の母親が将来に対して抱く不安の構造を明らかにし,今後の
援助の指針を得る ことである。本研究では知的障害持っている共通不安(社会の障害理解 (偏見
)に対する不安,社会保障制度に関する不安)と,子どもの障害の種類,障害の程度,母親の年齢・健康…
https://core.ac.uk/download/pdf/15924932.pdf
特別支援学校における行動問題を示す重度知的障害児への機能的アセスメントに基づく介入 塩見憲司, 戸ヶ崎泰子 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 問題と目的 知的障害のある児童生徒を対象とする特別支援学校 では、児童生徒の示す多様な
行動問題に対する指導 法の確立が重要な課題となっている。小笠原・守屋 (2005)は、知的障害特別
支援学校に在籍する児童生 徒の行動問題の出現頻度とコミュニケーション手段と の関係について検討…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/1/50_55/_article/-char/ja/
激しい頭打ちを示す重度知的障害児への機能的アセスメントに基づく課題指導: 課題遂行手続きの形成と選択機会の設定を通じて 平澤紀子, 藤原義博 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp 本研究 は、激 しい 頭打 ち を示 す重度知的障害児 に 対 して 、機能的アセ ス メ ン トに 基づ い た
以上 を基 に 、自傷行動 の あ る重 度知 的障害児 へ の 課題指導に つ い て言及 した。 そ こ で
、本研 究 で は、激 しい 頭 打 ち を示 す重 度知 的 障害 児の 課題 指導 に これ らの仮説 を適用 し、…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/40/3/40_KJ00004952949/_article/-char/ja/
 知的障害者の当事者活動の成立と展開 立岩真也, 寺本晃久 – 信州大学医療技術短期大学部紀要, 1997 – soar-ir.repo.nii.ac.jp その活動についての立ち入った分析,ま た当事者(組織)を支援するということのに 現われる困難
についての考察は別の課題と し,本稿では,知的障害者自身の組織的活動 が現われてきた経緯を概観
する.何がいつ あったという事実の提示と関連文献の紹介に 重点を置くもので,きわめて限定された…
https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/record/6890/files/Allied_Med23_09.pdf
知的障害者入所施設 A・B の地域移行に関する親族の態度についての一考察 鈴木良 – 社会福祉学, 2006 – jstage.jst.go.jp 知的障害者の 親の 会 「全 日本手 をつ な ぐ育成会」は理念 として移行の 取 り組み に賛 同 して
い るが,施設福祉 と地域福祉 の 問に は格差が さ らに は 2004年 8 月に知的障害者入 所施設 A
(以 下 ,施設 A と略記)の 本 人の 親族 14組 ,2004年 3 月およ び 5 月 に知的障害者人所施 設 B (…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/47/1/47_KJ00004388602/_article/-char/ja/
知的障害者の一般就労継続に対する職場同僚の支援活動について 陳麗 – 社会福祉学, 2004 – jstage.jst.go.jp 余りにわ た っ て 中小企業 に継続就労 して きた重 度知的障害者 A と, 重 度知的 障 害 者 で
あ る .小学校入学以前に は障害児 を対象 とする保育 施設 に通 園,その 後小学 4 年 まで は地元
公立校 の 特殊学級に在籍 し,小学 5 年か ら知 的障害児支援 施 設であ る X 学園 に 入所 した .…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/45/2/45_KJ00006852932/_article/-char/ja/
知的障害者に対する大学生の態度構造–専攻, 性と関連づけての検討 生川善雄, 那須理絵 – 紀要, 2001 – ci.nii.ac.jp 福祉を専攻する大学生と福祉以外を専攻する大学生の知的障害者に対する態度について, 性別とも
関連づけながら, 多次元的に分析を行った. その, 社会福祉を専攻する男子学生・女子学生, 福祉以外
を専攻する女子学生は知的障害者に対して好意的であった.” 社会参加同意” については, 社会福祉…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006455041/
知的障害児の肥満に関する研究の展望 我妻則明, 伊藤明彦 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp 新立 は、知 的障害児 と健 常 児 との 身体各部の 皮脂厚 を比 較 し、知的障害児 の皮 脂 厚 が
厚 く脂肪 の 沈着 の 多 さ を示唆 した 。そ れ 以 来、知 生徒 の 健康障害.厚生科学研究 『知的
障害 を持つ 人達の 健康 障害の 実態 と対策』 (主 任研究者 :有馬正 高)平成 11 年度研 究報告書 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/4/39_KJ00004952817/_article/-char/ja/
わが国における知的障害児 (者) に対する態度研究の現状と課題 生川善雄 – 特殊教育学研究, 1998 – jstage.jst.go.jp 本稿に お い て は 、知的障害児 (者)に対す る態度研 究をめ ぐり、知的障害児 (者) に対 す る
態度研究のわ が 国の 現状、態度研究の 問題 点、態度研 究の 今後の 課 題 、につ い て 検討 を
行 う。 しか し、知的障害者へ の年金の 支給、知的障 害児の義務教育、知的障害者の 運賃 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/35/4/35_KJ00004952265/_article/-char/ja/
重度知的障害児教育におけるタブレット端末利用の効果と課題 佐原恒一郎 – 教育情報研究, 2014 – jstage.jst.go.jp 重度知的障害児 2 名に対して行ったタブレット端末による学習の様子を, 学級担任経験教員および
事例児と異なる他の特別支援学校教員が評価した. この結果,「注意集中を長時間持続できた」「弁別
や認知を促す学習を可能にすることができた」「これらの変化は従来のコンピュータでは同様の結果を…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsei/29/2/29_KJ00009286903/_article/-char/ja/
 知的障害児・者の実行機能アセスメントの開発 宮下知子, 北村博幸, 加藤順也 – … 教育大学紀要. 教育科学編, 2015 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 概要本研究では, 知的障害児・者の実行機能の特徴やこれまで実施されてきた実行機能課題ついて
, 先行研究における知見を整理した上で, 知的障害児・者に実行機能課題を実施する際の問題点を
明らかにした. さらに, Miyake ら (2012) の実行機能モデルである 「更新固有 (updating specific)」,「…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/7801/1/66-1-kyoiku-06.pdf
知的障害者家族のアイデンティティ形成についての考察: 子どもの施設入所にいたるプロセスを中心に 麦倉泰子 – 社会福祉学, 2004 – jstage.jst.go.jp 知的障害 を もつ 人の 家族 の 経験 を と らえる こ とを 日的 と して お り, 具体 的 に は,知的
障害者施設の入所者の家族11人にイ ン タ ビュ 本研究は, 知的障害者施設入所者の 家族に
対し て 行っ た 聞 き取 り調査 の 結果 を分析す る こ とに よ り,近 年に い た る まで 日本の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/45/1/45_KJ00006852913/_article/-char/ja/
知的障害者の住生活における領域形成の分析 鈴木義弘, 片岡正喜 – 日本建築学会計画系論文集, 1999 – jstage.jst.go.jp This paper aims for to get the principle of the dwelling space planning for the intellectual disabled
persons, by analysis on the research data about daily living schedule and questionnaire
about behavior in housing. The available style of dwelling life is classified 3 types as …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/64/520/64_KJ00004225453/_article/-char/ja/
 重度知的障害者の余暇保障に関する一考察 丸山臀史 – 2004 – repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp 目 I 障害者社会教育研究の動向と課題設定 II 重度知的障害者の余暇保障が課題となる理由 A
重度知的障害者の余暇の実態 B 家族の介護負担 C そこで、本稿では重度知的障害者の 問題を
検討し、障害者社会教育研究がすべての障害者の 余暇保障について議論を進めていけるような方向を…
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/record/25149/file_preview/KJ00004687111.pdf
知的障害者のスポーツ活動を支えるボランティアの参加動機に関する研究 田引俊和 – 医療福祉研究, 2005 – ci.nii.ac.jp 本稿では知的障害者のスポーツ大会を支えるボランティアに着目して調査を行った. 調査項目は,
ボランティアへの参加動機, 活動に対する満足度, および燃え尽き度である. はじめ, ボランティアへの
参加動機, 及び活動したことによる満足度と燃え尽き度について, それぞれの項目を構成する因子を…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006219881/
 知的障害児における基本運動の発達アセスメント 勝二博亮, 田村睦子 – Human Development Research, 2011 – coder.or.jp 知的障害児の一事例に対して,基本運動の発達アセスメントを実 施した結果,操作運動領域は
比較的評価が高かったが,跳躍や姿勢制御に弱さが「基本運動開始期の段階表」に基づいて,知的
障害児の一事例(A児)における基本運動の発達ア セスメントを実施した。対象児は知的障害特別支援…
http://coder.or.jp/cgi-bin/coder/25/HDRVol25.20.pdf
 小学校知的障害特別支援学級の指導と授業準備の実態調査 河村優詞 – 2018 – gssc.dld.nihon-u.ac.jp 2.1 対象 インターネット上で特別支援学級の設 置数や住所が公開されている自治体Aの公立小学校
のうち,知的障害特別支援学級を設置している学校 知能検査の実態: 1年間で,自身で行っている
知 能検査の頻度,実施可能な知能検査の種類,知能 検査を解釈する頻度,解釈可能な知能検査の…
https://gssc.dld.nihon-u.ac.jp/wp-content/uploads/journal/pdf19/19-077-084-Kawamura-2.pdf
知的障害生徒の問題行動に対する家庭・学校連携による支援: 支援ツール 「ほめたよ日記」 を活用して 武蔵博文, 高畑庄蔵 – 特殊教育学研究, 2003 – jstage.jst.go.jp 対象生徒は重 度知的障害で あ り,日常生活で 乱暴な 言葉 対象者本人 に行動の 自己管理
を指導す る方法 が 考案 され,重度の 知的 障害 者や 自閉症 者 に応 対 象生徒 支援 開始 時
に 養護 学校 高等部 2 年生 に 在籍 した 知的 障害 の 男子生徒 を対 象 と した .全言] …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/40/5/40_KJ00004952983/_article/-char/ja/
 知的障害と実行制御 葉石光一, 大庭重治, 八島猛 – 上越教育大学特別支援教育実践 …, 2014 – juen.repo.nii.ac.jp 知的障害者が実行制御に困難を示すことは、古くから指摘さ れてきた。例えば、実行機能概念の
先駆者の一人であるルリ ヤは、知的障害者の認 知・行動上の問題が、期待される知的水準から解離
して生じる ことは日常の行動の中にもよくみられる。知的機能のみでな く、実行機能を把握しておくこと…
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6754&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者の職場定着のための支援要因 鈴木良子, 八重田淳, 菊池恵美 – 職業リハビリテーション, 2009 – jstage.jst.go.jp 要 約 知的障害者の職場定着支援要因を見つけるために、東京都心身障害者福祉センターを利用
した 知的35) 東京都福祉保健局: 支援費制度障害者程度区 分ガイ ドブック (知的障害者), p.8
(2003) 36) 東京都福祉保健局: 平成16年 度区市町村障害 者就労支援事業意見交換会資料, pp.1-9.(…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsvr1987/22/2/22_2_13/_article/-char/ja/
知的障害者の自己理解に関する研究: 自己叙述に基づく測定の試み 小島道生, 池田由紀江 – 特殊教育学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp 本研究の 目的は 、知 的障害者 (24 名)を対象 と して 、従来 多 く用 い られ て い た 選択 式 に
よ る回答方法で は な く、知 的障害者自身の 自己叙述か ら自己理解 を測定 し、その 特徴 を明 らか
に す る こ とで あ る。対照群 と して 、生活 そ の 結果 、知 的障害者 は自己理 解に 関す るすべ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/42/3/42_KJ00004953269/_article/-char/ja/
 特別支援教育におけるキャリア教育の意義と知的障害のある児童生徒の 「キャリアプランニング・マトリックス (試案)」 作成の経緯 木村宣孝, 菊地一文 – 国立特別支援教育総合研究所研究紀要, 2011 – nise.go.jp 2.知的障害のある児童生徒の「キャリア発達段階・ 内容表(試案)」改訂の概要 前研究では,前
試案(2008)の改善及び検証を要 する事項として,であったことか ら,多様な発達段階の児童生徒が
在籍する特別支援 学校(知的障害)における実践をベースにした検証 が必要であること。三点目は,前…
https://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_a/a-38/a-38_01_1.pdf
 知的障害のある人とスポーツ 後藤邦夫 – 2008 – jldd.jp 水泳男子 7 名 (出場種目 100m 平泳ぎ 3 名, 100m 背泳 1 名, 200m 個人メドレー 3 名, 200m
自由形 2 名: 複数種目出場選手あり), 卓球シングルス 2 名が出場しました. 出場選手の選考方法は
, 全ての選手に必要な条件として INAS という知的障害者国際スポーツ組織に登録し, 更に国際…
http://www.jldd.jp/wp-content/uploads/JLNEWS_109-P1-5.pdf
 知的障害児の運動スキルに関する予備調査 松坂晃, 茂木武啓, 吉野聡 – 茨城大学教育実践研究, 2013 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 特別支援学校学習指導要領(知的障害)では,児童生徒の実態と到達可能性を考慮して,体育お
特別支援学校(知的障害)11 校の教員に,担当する児童生徒の障害特性,体格,体力,運動ス
知的障害特別支援学校11 校の教員に質問紙を配付し,担当する児童生徒一人一人について,身体 …
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11686&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
知的障害, 自閉性障害と DSM-5 田巻義孝, 堀田千絵, 加藤美朗 – 人間環境学研究, 2014 – jstage.jst.go.jp 障害の内、精神医 学的疾患の診断に供される「精神障害の診断と統計マニュ アル、第 5 版」(略記
.DSM-5)における知的障害と自閉 性障害の診断内容の変更、知的障害特別支援教育の対象障害
の内、主に知的障害、自閉性 障害、学習障害、注意欠陥 / 多動性障害、発達性協調運動 障害、選択…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shes/12/2/12_153/_article/-char/ja/
住生活における知的障害者の行動要因分析: 知的障害者に対する建築計画の基礎的研究 鈴木義弘, 片岡正喜, 中武啓至… – 日本建築学会計画系論文 …, 1998 – jstage.jst.go.jp 従っ て 「障害者対策に 関する新長期計画 」 (1993 年)に 基づ く障害者福祉施設 ・環境整備の 目標
値の 設定は 、知 的 障 害者に関する限 り で も、に よ る知 見が あ る もの の 、建 築計画的視点
か らみた 施設利用主体と して の 知的障害者の 行動特性の 要 因 解明 は 、い まだ残され た 重要 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/63/503/63_KJ00004222400/_article/-char/ja/
 知的障害児の日常生活スキルの形成と長期的維持 五十嵐勝義, 武蔵博文 – 2005 – core.ac.uk 2.知的障害児者の地域生活でのQOLの向上 平成15年3月に出された「今後の特別支援教育の
在り方佐々木(1992)は,知的障害者の予後研究の結果から,青 年や成人になって安定している人
に共通した1.対象児と標的行動 知的障害養護学校小学部に在籍する4名の知的障害児で あった。 …
https://core.ac.uk/download/pdf/70318976.pdf
知的障害のある児童に対する交流学級児童のかかわり行動を促進させるための障害理解授業の効果 岩橋由佳, 相本広幸, 藤原秀文, 井上雅彦 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp て、知的障害や発達障害に関しては、障 害理解教育の授業の中で疑似体験をしたり、障害の特 性
知 的障害児童への適切なかかわりを促すための障害理解 授業を計画・実施し、授業前後の交流
学級児童の意識 の変化、実際の交流場面での交流学級児童のかかわり 行動の変容、および知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/5/49_517/_article/-char/ja/
語られる施設化 知的障害者施設入所者のライフヒストリーから 麦倉泰子 – 年報社会学論集, 2003 – jstage.jst.go.jp は じめに 本稿の 目的 本稿は、現在知的障害者入所更生施設に入所 している障害者に対する
ライフヒス トリー の聞き取 り調査に基づいて、近年に至るまで日本の障害者福祉において中心的であっ
た施 設福祉(いわゆる 「施設化」)が当事者 レベルにおいていかに経験され、実現 されていった のか…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kantoh1988/2003/16/2003_16_187/_article/-char/ja/
 心理学和文研究誌における知的障害者の心理過程に関する研究動向 園山繁樹, 趙成河, 佐藤久美 – 島根県立大学松江 …, 2021 – ushimane.repo.nii.ac.jp 第2章 各教科」では、視覚障害、聴覚 障害、肢体不自由、病弱の知 的障害の児童生徒について
は、各教科の目標と内容 が小・中学校の学年を基準にしたものではなく、小 学部では3段階、中学部
では2段階で示されている。 また学校教育法施行規則第百三十条第二項では、 「知的障害や重複障害…
https://ushimane.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1969&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2
知的障害と発達障害をめぐるトランジション 横田圭司, 千田若菜, 飯利千恵子… – 児童青年精神医学とその …, 2018 – jstage.jst.go.jp また,医師,臨床心 理士が,知的障害者入所施設,各種就労支援施 設,通級指導,知的障害
や発 達障害の学齢期や思春期,成人期における精神 症状や不適応について,ある程度原因を特定し
, 時には介入することが可能となっている。 本稿では,これらの臨床経験をもとに知的障 害,発達障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscap/59/5/59_566/_article/-char/ja/
知的障害児・者の自己決定の援助に関する一考察: 援助者との権力関係の観点から 西村愛 – 保健福祉学研究, 2006 – tbgu.repo.nii.ac.jp 要旨 : 近年、知的障害者の自己決定の支援が重要であるという認識がなされて いる。本稿では、先行
研究において、知的障害者にとって自己決定は先行研究や事例から明らかにされた問題点は、現在
の自己決 定支援が障害特性やその結果付随して起こりうる困難を考慮したものではない という…
https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=362&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者と健常者の友達関係 渋谷真二, 今野和夫 – 秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要, 2006 – ci.nii.ac.jp 障害のある人にとっては,ノーマライゼーションの実現ということにおいて障害のない人との友達関係
も欠かせない.この重要なテーマについての試行的・探索的な本研究では,作業所に福祉就労する知
的障害知的障害(ダウン症候群)の青年の母親に面接し,母親が友達関係の大切さを認識し,障害…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004860905/
ユニバーサルに配慮したピクトグラムの諸条件に関する研究-知的障害に着目して 工藤真生, 山本早里 – デザイン学研究, 2014 – jstage.jst.go.jp 調査方法 調査方法は各被験者が答えやすいようにするため、知的障害がある幼 児・小学生・中学生
・高校生と、通常学校に通う中高生・大学生で2 通 りに分けた。 (1)知的障害がある幼児・小学生・中学生
・高校生の場合 知的障害がある幼児児童生徒は記述が困難な場合があるため、特別支 援…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssdj/60/6/60_6_21/_article/-char/ja/
知的障害児における文字・書きことばの習得状況と精神年齢との関連 渡辺実 – 発達心理学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 書字能力の習得 は,知的障害児の 心的世界 を広げ,他者 との コ ミュ ニ ケー シ ョ ン の 機会を増
や し将来の 社会生活 を豊かにするこ と か そ こ で 本研究で は.小学校 に 在籍する 知的障害児
の 特 別支援学級で の 書字 と して の 文字 こ の DAM 検査の結果 と,知的障害児 の 実際の 文宇 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/21/2/21_KJ00006485567/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校における AAC の利用実態に関する調査研究 藤野博, 盧熹貞 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 知 的障害特別 支 援学校 にお け る補助 代 替 コ 東京都内の 知的障害特別 支援学校全 81 学部
に質 問紙 を送付 し、55 名の教 員か ら 回答を得た。絵カ ー ドと写真 カ ー 限定や、肢体不自由 と
知的障害の 対 象混在 の 問題 もあ り、今 円の 特別 支援 学 校の 般 的傾 向を知 るた め に は情報…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/3/48_KJ00007226284/_article/-char/ja/
 療育手帳に基づく知的障害の程度と日常生活レパートリーとの関連 名川勝, 知的障害者, 療育手帳, 日常生活, 成年後見 – 研究助成論文集, 2005 – my-kokoro.jp 親あるいは職員を評価者とし, 知的障害のある人 11 名の日常生活状況の評価を記入してもらうとともに
, 日常生活の具体的な活動について面接を行っられるものの, 嗜好の表出やいわゆる IADL に
関わるレパートリー, 金銭管理などの面については療育手帳の障害判定に依らない多様性が示された. …
https://www.my-kokoro.jp/books/research-aid-paper/vol41_2005/pdf/mykokoro_research-aid_paper_41_27.pdf
居住空間構成法と知的障害児 岡崎甚幸, 大井史江, 山口直子… – 日本建築学会計画系論文集, 1997 – jstage.jst.go.jp kindergar 亡e η er 知的障害児 、図式、知能、空間構 成 要素、児 童、幼稚 園児 こ こ で は知
的障害児 (以下、障害児と呼ぶ)の 図式 を、障害児の学ぶ 養護学校を題材と し、居住空間構成法に
も とつ い て作っ た障害の 種類に よ り制作の 様子や 作品の 構造が 異なる こ と も あ る こと。同 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/62/496/62_KJ00004222127/_article/-char/ja/
知的障害者の栄養状態と栄養管理 大和田浩子 – 栄養学雑誌, 2009 – jstage.jst.go.jp 本稿では,これらの結果と内外の文献をもとに,知 的障害者の栄養状態や食行動に関する特徴
,我が国にお ける知的障害者施設障害 別に肥満の頻度を検討し,知的障害者は,聴覚,視覚及 び
身体障害者に比較して肥満の頻度が高いことを示して いる。以上のいずれの報告においても,知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi/67/2/67_2_39/_article/-char/ja/
知的障害者のイメージとその規定要因 松村孝雄, 横川剛毅 – 東海大学紀要 文学部, 2002 – ci.nii.ac.jp Past studies showed that deliberate analysis of the images of the mentally retarded is important
to promote their welfare effectively. This study investigates the results of measuring the
mentally retarded images by using SD scale obtaining twenty headings. The results show that …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110000195557/
知的障害者と母親の 「親離れ・子離れ」 問題―知的障害者の地域生活継続支援における課題として― 植戸貴子 – 神戸女子大学健康福祉学部紀要, 2012 – suica.repo.nii.ac.jp そこで,本研究では,知的障害者の家族介護や地域生活支援に関する 先行研究をレビューし,知的
障害者と母親の「知的障害者の地域生活支援が話 題になり始めた1990年代後半以降の文献を
中心に, 主として知的障害者の家族介護や地域生活支援な どをテーマとした研究の中から,知的障害…
https://suica.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=695&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害者にとって自立生活とは何か 西原雄次郎 – ルーテル学院研究紀要: テオロギア・ディアコニア …, 2007 – luther.repo.nii.ac.jp 知的障害者にとっては,自立生活とはどの様 なものであろうか。本稿では,身体障害者,中でも全身
性障害者が命がけで勝ち取ってきた 自立生活の概念を前提に,知的障害身体障害者と知的 障害
者の違いは,身体障害者は当事者運動として この自立概念の変更・拡大を勝ち取ってきたが, 残念…
https://luther.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
連帯の規範と< 重度知的障害者>: 正義の射程から放逐された人々 田中耕一郎 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp ,〈重度知的障害者〉 を包摂する連帯規範の 理論 的探 究 に向か うため, 福 祉 国家の 理 論的
基礎 を支 えて きた リベ ラ リズ ム の 規範理論 に お い て ,〈重度知的障害者〉ー として 〈重 度知的
障害者〉に 言及 し, 連帯の 規範理論にお け る 〈重 度知的障害者〉の 位置とその 意味を確認す る. …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/50/1/50_KJ00006628595/_article/-char/ja/
構造化されていない問題における知的障害児のプランニングに関する研究 渡邉雅俊 – 特殊教育学研究, 2008 – jstage.jst.go.jp 対 象 は 、知 的障 害児 35 名 (MA 5 歳水準 18 名、 MA 8 歳水準 工7 名)と非知的障害児 48名
(CA 5 歳 24名、 CA 8 歳 24 名また 、知 的障 害 MA 8歳 と非知 的障害 CA 8 歳 にお ける比較 (以
下 MA 8 歳水準 の 比較)で は、カ イニ 非知的障害 MA 8 歳水塑 1 知的障害 非知的障害 水準 1 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/46/3/46_KJ00005615524/_article/-char/ja/
農業における知的障害者雇用に関する一考察―農業に労働力を, 障害者に雇用の場を― 牛野正, 中野裕子, 林賢一 – 農村計画学会誌, 2007 – jstage.jst.go.jp 現状では,生産年齢の知的障害者の約半数が就業 の場を持っていない状況である1)。また,渡辺
ら2) によると,昼間活動の場のない在宅の農業班に所属 しC農園で農作業に従事している人の
障害は知 的・精神障害が多く,知的障害と身体障害を重複 している人もある。年齢は20才代から50才 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arp/25/4/25_4_556/_article/-char/ja/
知的障害養護学校卒業生の就労状況と課題に関する一考察-雇用企業調査を通して 真謝孝, 平田永哲 – 琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要, 2000 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp 5) 雇用されている知的障害者の障害の程度、 主な職務内容 障害の程度は軽度が262人(男132、女
130)、 中重度121人(男82、女39) と回答されている。 療育手帳の判定をもとに回答している企業も
ある が、IQその他の基準指標をもとに得た回答では ないため、正確なIQ値を示していないが、職場 …
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/5067
知的障害者のスポーツ活動における大学生ボランティアの継続参加プロセス: スペシャルオリンピックス日本・青森の事例から 大山祐太, 増田貴人, 安藤房治 – 障害者スポーツ科学, 2012 – jstage.jst.go.jp This study present aimed clarifying university student volunteers’ continuation participatory
process in sporting activities for person with intellectual disability. Interview investigation was
conducted to the university student volunteers who belonged to” Special Olympics Nippon …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjadss/10/1/10_KJ00008229289/_article/-char/ja/
 知的障害児の肥満と身体活動に関する予備調査 苗勇, 松坂晃, 勝本真, 尾形敬史… – 茨城大学教育学部紀要 …, 2012 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 知的障害とは,①全般的な知的機能の低下があり,②適応機能において明らかな制限が見られる
知的障害児は運動不足や過食などにより肥満傾向の児童生徒が多い。平成 22 年度学校保健統計
一方,知的障害児の肥満出現率は,小学部低学年で男女とも 16%, 小学部高学年男子で 24%,…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11497&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 知的障害児の運動スキル評価の試み 松坂晃 – 茨城大学教育実践研究, 2014 – core.ac.uk 知的障害児は運動機能の発達が遅れ,運動参加の機会を狭める一要因となるばかりでなく,安全
確保や転倒・骨折のに,知的障害児の運動機能発達の実態を明らかにしていくことが課題といえる。
対象児は知的障害特別支援学校に在籍する小学部2 年生から高等部3 年生までの男女78 名(男子 …
https://core.ac.uk/download/pdf/59204562.pdf
知的障害者入所更生施設における入居者の生活様態と固有の居場所に関する研究 山田あすか, 上野淳 – 日本建築学会計画系論文集, 2005 – jstage.jst.go.jp にお い て詳細な観察調査 を 元に 知的障害者の 生活実態を捉 え る こ と は,本質的な 意味での
知的障 害者の 生活と行動特性を把握する上 で 有効で あ る と考 え る. 以上より,本研究で は知的
障害者の GL 型 入 所施設にお け る . ・人的 ・個人的要素に 着目 した分 析を通 して ,知 的 障害 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/70/588/70_KJ00004396943/_article/-char/ja/
 自閉症 (傾向)・軽度知的障害児の母親の主観的困難 (たいへんさ) と当事者による対処戦略に関する研究 朝倉和子 – 東京家政学院大学紀要, 2008 – kasei-gakuin.ac.jp 知的障害児とその母親が直面する困難は何か,今回は特に自閉症(傾向)・軽度知的障害の子 ども
の母親を中心に調査を行った。その結果,自閉症(傾向)・軽度知的障害ケース母親の年齢 子ども
の障害・年齢・性別 1 43歳 知的障害・自閉症傾向・愛の手帳2度・18歳・男性 2 46歳 知的障害・自閉…
https://www.kasei-gakuin.ac.jp/wp-tkg-u/wp-content/uploads/2019/03/48H7.pdf
知的障害者のグループホームに関する研究: 東京都内 2 地区のグループホームのケーススタディ 川岸梅和, 龍井慎一郎 – 日本建築学会計画系論文集, 1999 – jstage.jst.go.jp と して ,鈴木義弘他に よる 知的 障害者福祉 就 労 施設 の 特性に 関す る 一連 の 研 究,知的
障害者特性把 握に 関する一連の 研究及び 知的 障 害者の 社会環境設備に 関す る 一連 の 研究))
,林章による知的障害者施設の 居室 にお け る 2 ),中村良子 他に よる 知的障害者グル ープ ホ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/64/521/64_KJ00004223102/_article/-char/ja/
視覚シンボルを利用した知的障害児向け電子メールソフトの開発 清田公保, 中山典子, 藤澤和子, 井上智義 – 電子情報通信学会技術研究 …, 2004 – ci.nii.ac.jp 支援を提案し,知的障害児における情報処理教育の導入を試みる.コミュニケーション支援の完全な
理想形態は,様々な障害を持つ人同士が必要とする研究事例として知的障害児に対してコンピュータ
を用いた情報伝達の情報教育を目指し,視覚シンボルを媒体とした電子メールソフトを開発する.提案…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110003173355/
知的障害児 (者) に対する健常者の態度に関する研究: 大学生の態度と交流経験・接触経験との関連を中心に 大谷博俊 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp 知的障害児 (者) と の接 触経験の 質 と知 的障害児 (者)に 対 す る 態度 との 関連 を分 析 した
中学校 の と きの 交流経験や そ れ 以 後の 知 的 障害児 (者 ) との接 触経験 な ど を通 して 形成
攻生 や 障害福祉 と教員養成系の 学生 の障害児 (者)に 対す る態度や 意 識の 重要 性 に 鑑 み …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/40/2/40_KJ00004952930/_article/-char/ja/
行動問題を示す知的障害児に対する Positive Behavior Support―支援計画の実行に係る要因に関する分析― 末永統, 小笠原恵 – 特殊教育学研究, 2015 – jstage.jst.go.jp 問題と目的 発達障害児者の示すいわゆる行動問題は、生活の質 (QOL)の向上を阻害する要因
(武蔵・高畑, 2003)で あるととらえられることが多い。知的障害特別支援学 校に在籍する児童を対象
とした小笠原・守屋(2005) の調査によると、行動問題を示す児童の割合は、在籍 児童の実に半数…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/52/5/52_391/_article/-char/ja/
知的障害者の身体動揺に関する研究の概要と課題 奥住秀之 – 特殊教育学研究, 2000 – jstage.jst.go.jp 基 づ き、自閉症、ダウ ン 症者の知 見 を整 理 し、知的障害 者の身体動揺に 関す る今後の研究を
展望 する 。 筆者は、行動調整能力の 障害が知的障害者の 身体動 揺 量 に 強 く関 与 し て い 知
的障害者の 開眼 、遮眼 の動揺量 と、性別 、生 活年齢、ダウン 症 また は 自閉症 の 有無 、始歩 期、…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/37/4/37_KJ00004952510/_article/-char/ja/
強度行動障害をもつ重度知的障害を伴う自閉症成人におけるトイレット・トレーニング 奥田健次 – 特殊教育学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp て は強度行動障害 と重度の 知的障害を もつ 自閉症者に対 して 、適切 な排泄行 そ こ で本研究
で は、重度 知 的障害者施 設 に 入 所 して い る強度行 動障害 と判定 され た 自閉症成 人 のは
、知的障害者更生施設 A 園の 成人重度 棟 に在籍す る生 活年齢 28 歳 6 か 月 の重 度知 的障害 を …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/3/39_KJ00004952798/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校を対象にした 「自立活動の時間における指導」 についての研究 大井靖, 中西郁, 日高浩一, 岩井雄一… – Journal of Inclusive …, 2020 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 自立活動の指導にかかわる事項を検討し,「自立活動の時間における指導」 に関する課題
を明らかにすることを目的として, 全国の国公立知的障害特別支援学校小学部設置校 603 校を対象
として調査を行った. 結果, 自立活動の指導の内容・方法等の充実策の検討をしている学校は, 回答…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/incleedu/9/0/9_1/_article/-char/ja/
知的障害児の発育期における運動能力について 早川公康, 小林寛道 – 人間生活文化研究, 2014 – jstage.jst.go.jp 抄録 知的障害児の身体的側面や体力・運動能力に関する調査・研究は部分的,限定的なものも
児と知的障害児の身体的側面および体力・運動能力を比 較し,知的障害児の実態に迫ることで,知
的を評価するた めに各種測定を行った.被験者は知的障害児 24 名で,そのうち男子が 20 名(16.0±…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hcs/2014/24/2014_78/_article/-char/ja/
知的障害施設職員のバーンアウト関連要因の因果モデル 長谷部慶章, 中村真理 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 知的障害施設職員のバーンアウト関連要因について因果モデルを仮定し, 共分散構造
分析によってそのモデルを検証した. その結果, 修正モデルの適合度指標から, 妥当性のあるモデル
が構成された. また,「ストレッサー」 から 「精神的健康」 と 「バーンアウト」,「精神的健康」 から 「バーン…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/3/47_KJ00006395824/_article/-char/ja/
 知的障害者高齢化問題の新たな展開 (1) 滝本豪徳 – 美作女子大学紀要, 1999 – mimasaka.repo.nii.ac.jp たとえば最近では知的障害 者の入所更生施設では利用者の平均年齢が50歳をこえ ているところ
も珍しくはない。それにともないニーズ の質という点(2) 運動機能面に障害をもつ人たちの場合 知
的障害に加えて重複障害として、たとえば脳性麻 痺など、運動機能面に障害をもつ人たちが40歳代に…
https://mimasaka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=285&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者の親における身体活動・運動実施の阻害要因と促進要因 荒井弘和, 中村友浩 – 体育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp ,知的障害のある者の親 における身体活動・運動の阻害要因と促進要因は, 知的障害のある者の
親でない者とは異なることが 予想されるが,その詳細については明らかにされ ていない.たとえば,知
的障害敦(2004)知的障害児のスポーツ 活動への参加を規定する要因に関する調査研究.障害 者…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpehss/54/1/54_a540118/_article/-char/ja/
成人期の知的障害者とその親の関係性を視野に入れた支援のあり方:「全日本手をつなぐ育成会」 における 「自己変革」 の考察をとおして 森口弘美 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp 本稿で は まず成人期の 知的障害者の 親子 関係が は らむ 問題 を指摘 し, の 初期は 1958年
の わ が 国初 の 重度 知的 障害児の 入所施設 「国立秩父学 園」の 開設 , さ らに障害児 で きない
障害者の場合に 特に顕著に なる .厚生労働省が 2007年に発 表した 「平 成 17年度知的障害児 (者…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/50/3/50_KJ00006628679/_article/-char/ja/
 特別支援学校高等部 (知的障害) における二次障害への教育的対応 下田渚, 吉田ゆり, 内野成美 – 教育実践総合センター紀要, 2016 – core.ac.uk 方法 実施期間 2015年 4月上旬~12月上旬 実施場所 県立 X特別支援学校(知的障害) 対象生徒
高等部 1年生 8名(男子 5名、 女子 3名)。知的障害や、知的障害を伴う発 達障害の診断を有する
生徒たちで、全員、 療育手帳を取得している。療育手帳の程度 区分は 8名とも B2 (軽度知的障害)…
https://core.ac.uk/download/pdf/58764465.pdf
知的障害者スポーツ大会へのボランティア参加による障害者に対する意識変化に関する研究 藤田紀昭 – 同志社スポーツ健康科学, 2015 – doshisha.repo.nii.ac.jp は知的障害者のスポーツ大会のボランティア参加者の知的障害者に対するイメージの変化を性 別
,年齢,参加回数,役割別に明らかにすることである.知的障害本研究では知的障害者のスポーツ
大会のボランティ ア参加者の知的障害者に対するイメージの変化を性 別,年齢,参加回数,役割別に…
https://doshisha.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=23538&item_no=1&page_id=13&block_id=93
施設 A における知的障害者の地域移行後の自己決定支援について 鈴木良 – 社会福祉学, 2005 – jstage.jst.go.jp 本論文では, 地域移行後の知的障害者 (以下, 本人と略記) の自己決定を支援する方策を探求する
ために, 施設 A での質的調査研究に基づき, 自己決定の機会を保障する環境要因と, 制限する環境
要因を明らかにした. 自己決定の機会を保障する要因として (1) 支援者による選択・決定, 自立の機会…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/45/3/45_KJ00006852954/_article/-char/ja/
 知的障害のある人の加齢と地域生活支援の実践的課題 植田章 – 2010 – archives.bukkyo-u.ac.jp が, 知的障害のある人たちの 「老い」 が一律的に早いということではない. しかし, 彼らが被ってきた
社会的な不利益が壮年期・高齢期の暮らしを大きく規定していることは確かであり, このことは, 知的
障害のある人たちの加齢研究の重要な視点と言える. 本小論では, 筆者が実施した 「知的障害のある…
https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FO/0006/FO00060L019.pdf
 知的障害者の権利擁護: スウェーデン全国知的障害者協会 (FUB) の活動を手がかりに (北川紀男教授退任記念号) 清原舞 – 桃山学院大学社会学論集, 2011 – stars.repo.nii.ac.jp 日本でも知的障害者の権利擁護の保障が謳われ、障害当事者の自己決定・ 当事者参加に関する
研究もなされてきているが、現状は障害当事者の権利が 保障されているとはいえない。また、自己決定
・当事者参加に関する研究で スウェーデンのFUBの活動は部分的に紹介されているが”、詳細に紹介し …
https://stars.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5976&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 知的障害児童生徒へのキャリア教育で取り上げられる学習内容の調査 若林上総 – 埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, 2014 – sucra.repo.nii.ac.jp しかし, より多様な実態のある知的障害児童生徒に即したキャリア教育を実践するには, 彼らの就労
状況も含んで, 知的障害児童生徒のキャリア教育の学習内容を整理することを目的に, 知的障害の
ある児童この調査を通して, これまで, 先行研究の文献的検討を中心に整理された知的障害児童生徒…
https://sucra.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16322&item_no=1&attribute_id=24&file_no=1
知的障害児との交流の質を規定する条件―交流経験の語りの質的分析― 楠見友輔 – 特殊教育学研究, 2017 – jstage.jst.go.jp にして障害児(者)に対する肯定的態度や障害理解の 形成知的特別支援学校中学部(以下 X 校
)と高等 学校(以下 Y 校)の間で年 4 回行われた学校間交流を 対象とした。X 校の生徒は中学部 1
年生 6 名、2 年生 4 名、3 年生 6 名であり、各学年に重度知的障害児が 1~2 名、中・軽度知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/55/4/55_189/_article/-char/ja/
軽度知的障害児の文記憶に及ぼす項目特定処理の効果 島田恭仁 – 教育心理学研究, 2007 – jstage.jst.go.jp 知的障害児は語や文の意味的な関連性を捉えること が難 しく,概 念的群化などの関係処理が実行
つまり,教 材に含まれる多 くの文の意味的な関連 性 を教 える関係処理型の指導 は,知 的障害児の
従って,本 研究においては,知 的障害児の場合 にも 関係情報 と項 目特定情報の相補作用効果が…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/55/2/55_208/_article/-char/ja/
知的障害児における代謝と肥満と運動 土屋美穂, 山西哲郎, 中下富子, 横尾尚史 – 群馬大学教育学部紀要. 芸術 …, 2004 – ci.nii.ac.jp The purpose of this study was to examine that the relation between metabolism, obesity and
exercise for mentally retarded children. The subjects were mentally retarded children (boys:
n= 29, girls: n= 8 aged 13 to 18 years). REE: resting energy expenditure values were …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120000913166/
知的障害者入所施設 B の地域移行プロセスにおける自己決定に影響を与える環境要因についての一考察 鈴木良 – 社会福祉学, 2005 – jstage.jst.go.jp 要 旨 :知的障害者 (以下,本人と略記)の 地域移行にかかわ る調査研究は海外で数多くなさ れ
てい る が ,主 に適応行動や社会参加 に焦点が知 的障害者入所施 設 B と〕 (以 下,施設 B と略記
)にお ける 質 的調査 に基づ き,移行プ ロ セ ス にお ける 本人の 自己決定の 機会 に影響を与 え る…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/46/2/46_KJ00006852998/_article/-char/ja/
 知的障害教育における協同学習の実践と課題 清水笛子 – 静岡大学教育学部研究報告 (人文・社会・自然科学 …, 2013 – shizuoka.repo.nii.ac.jp 、知的障害とは、一般に、認知や言語などにかかわる知的能力 や、他人との意思の交換、日常生活
や社会生活、安全、仕事、余暇利用などについての適応能 力が同年齢の児童生徒に求められるほど
までには至っておらず、特別な支援や配慮が必要な状 態とされている。また、知的障害、知的障害…
https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6208&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1
知的障害特別支援学校中学部における多様な生徒の主体性を育む職業教育の研究 名古屋恒彦, 藤谷憲司, 田村英子… – 岩手大学教育学部 …, 2014 – iwate-u.repo.nii.ac.jp 知的障害教育における職業教育は、戦後当初か ら今日まで一貫して実践上の課題とされ、その充
実が図られてきた。しかし、近年の動向障害種を対象とする総合的な特別支援学 校であり、教育課程
は知的障害、肢体不自由と別々 に編成されている。しかし、実際にはそれぞれの 課程に重複障害の…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=10881&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者の物語伝達場面におけるメタコミュニケーション 田中真理 – 教育心理学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp 月の軽度知的障害児 と5歳4ヶ 月の健常児を対象に,軽 度 ・中度 ・重度知 的障害児や健常児の子
知的障害者群と非知的障害児群の比較(TABLE 4) 知的障害の有無と伝達相手による変化の有無で
の知的障害者 と6歳 の非知的障害児 の比較において,「話を聞く構えの構成」について,知 的障害者…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/49/4/49_427/_article/-char/ja/
 知的障害のある児童生徒に対する自立活動の指導に関する基礎的研究 藤井和子, 窪田幸子, 保坂俊介, 佐野耕志 – 上越教育大学研究 …, 2018 – juen.repo.nii.ac.jp 支援学校(知的障害)の教師に示されてきた,知的障害教育にお ける自立活動の考え方を整理する
とともに,現在,特別支援学校(知的障害)において知的障害教育では,養 護・訓練が,特殊教育
の目的や教育目標を実現するために成立した領域であることの整理が十分ではない状態から養護・ …
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7467&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害養護学校における健康相談 相川勝代, 永松公子 – 長崎大学教育学部紀要 教育科学, 2003 – nagasaki-u.repo.nii.ac.jp 間 でも,明確にされているとは言えない現状である。 知的障害養護学校には,てんかんや行動障害
など精神医学的な治療や対応が必要な児童 生徒,肥満知的障害児は学齢の時期より肥満児の割合
が高く,成人した知的障害者の肥満の割合は さらに高率になっている。知的障害児 (者)は高率に肥満を…
https://nagasaki-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23778&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
小集団指導における知的障害児童の課題遂行を高める先行条件の検討: 物理的環境と係活動の設定を中心に 村中智彦, 小沼順子, 藤原義博 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 本研究で は、知的障害養護学校 に お け る小集団指導の 授業改善を通 じて 、教 室内 の物理 的
環境設 定が児童 の課 題遂行 と逸脱行 動 に及 ぼす効果 、係設定 の 条件 と指 導手順 に つ い て
検 討 した 。 知的障害養護学校小学部 6 断名は知的障害で あ り、本稿で は知的 障害児童 と して …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/46/5/46_KJ00005615566/_article/-char/ja/
知的障害児における語想起課題の分析: 知能と性差の影響 惠羅修吉, 大庭重治 – 香川大学教育実践総合研究, 2008 – kagawa-u.repo.nii.ac.jp 一つ は,症状として現れる学習困難の基底にある認 知特性(あるいは認知障害)を的薙に評価
する 査定方法を開発することである。もう一つは, 子どもの認知構造を理解する上での理論的枠組
みを提供することである。特に敦育現場で心 理アセスメントの必要性が高まっている今日, …
https://kagawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4361&item_no=1&page_id=13&block_id=21
早期療育機関における知的障害児の屈折スクリーニング 釣井ひとみ, 佐島毅, 角田祥子, 富田香 – 日本視能訓練士協会誌, 2000 – jlc.jst.go.jp 、 自閉症児52例 、その他の知的障害児228例 であ る (表1)。 その他 の知 的障害児 には、原因
不明の 精神運動発達遅滞、 ダウン症以外の染色体異常、 周産期 の障害、 その他 の症候群 など
が含 まれて いる(表2)。 5そ の他 の知 的障害児の結果 その他 の知 的障害児 の結 果は、228例 …
http://jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jorthoptic1977/28.127?from=Google
 知的障害児に対する性教育について: 養護学校における指導の現状と教員養成カリキュラムの必要性の検討 西田充潔, 田実潔 – 北星学園大学社会福祉学部北星論集, 2005 – hokusei.repo.nii.ac.jp 以上のことから、本研究は知的障害児に対 する性教育指導の現状を明らかにするととも に、大学
における教員養成カリキュラムとし ての知的障害児2) 方 法 対象と手続き: 調査の対象は、北海道内
の知的障害養護学 校3校に所属する現職教員であり、3校あわ せて166名であった。2002年9月から…
https://hokusei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=855&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
知的障害児の性教育に関する一考察―養護学校全国調査より― 児嶋芳郎, 越野和之, 大久保哲夫… – 奈良教育大学紀要 …, 1996 – nara-edu.repo.nii.ac.jp 知的な発達に障害のある子どもも、第二次性徴の訪れは通常の子どもとほとんど変わりのない
ことは各種調査に報告されているところで、知的障害児の性教育にはどのような困難性があ り、それ
をどう克服していくかという課題に応えていくためにまずその実態を把握する必要があ ると考え、 「障害…
https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=12368&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 アメリカ精神医学会の改訂診断基準 DSM-5: 神経発達障害と知的障害, 自閉症スペクトラム障害 宮川充司 – 教育学部紀要, 2014 – lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp 発達障害に は,神経発達障害という名称が使用され,精神遅滞は知的障害に,広汎性発達障害
は 自閉症スペクトラム障害という名称に変わった。こうした発達E .これらの障害は,知的障害(知
的発達障害)ないし全体的な発達遅滞によってよ りよく説明されない。…
https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1901&item_no=1&attribute_id=44&file_no=1
知的障害及び自閉的傾向を持つ子供の VOCA 利用可能性に関する研究: 養護学校における VOCA 遊びと会話能力からの検討 中邑賢龍 – 特殊教育学研究, 1997 – jstage.jst.go.jp の 養護学校に 在籍す る知的障害及 び自閉的傾向を持っ 児童 とこ ろが、VOCA を 凵常
生活の 中で、知的障害や 自 閉的傾 向 を持つ 人 々 が コ ミュ ニ ケ ーシ ョ ン に利用 して この
よ うに 、知 的障害や 自閉症 を持 つ 子 供達 の 中 に も、能動的 に VOCA 利 用 し、コ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/35/2/35_KJ00004952230/_article/-char/ja/
企業と地域障害者職業センターの連携による知的障害児の移行支援 大谷博俊 – 職業リハビリテーション, 2005 – jstage.jst.go.jp 要 約 養護学校高等部に在籍する知的障害児1名 を 対象 とし、企業、地域障害者職業センターと
連携 しなが ら個別移 行支 援計画 を活用 した支援 を そ こで、本稿では、知的障害児の就労支援
のた めに進路支援計画票 を活用 し、企業、職業セ ン ターと連携を行 った事例の分析 を通 して、進路 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsvr1987/18/2/18_2_18/_article/-char/ja/
軽度知的障害児に対する代表例教授法を用いた栄養教育の開発 (第 1 報): 栄養教育授業モデルの組み立て 伊藤圭子 – 日本家庭科教育学会誌, 2005 – jstage.jst.go.jp 軽度 知的障害児を対象と した栄養教育 プロ グラム お よ び授業モ デル を開発し,認知の 形成 と
行為 の 結果 か らその モ デル を実証 的に検討 し, それを軽度 知的障害児を対象とした栄養教育
に 導入する意義 お よび導入 す る授業モ デ ル の構想に つ い て ,第 2 報で は 軽度知的障害児に 対 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjahee/47/4/47_KJ00002419806/_article/-char/ja/
障害年金の認定基準と就労の関係―精神障害・知的障害を中心として 河本純子 – 岡山医学会雑誌, 2010 – jstage.jst.go.jp 障害認定上の問題を検討した7). 本稿では,精神の障害を事由とする障害年金の支給・不 支給の
事例を統計的に分析した上で,精神障害者や知的障 害者が労働している場合に,その労働だけに着目
した障害 性を検討するとともに,障害者の社会参加を促進する 見地から障害年金の運用の改善と…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma/122/1/122_1_43/_article/-char/ja/
 知的障害者のエンパワーメント実践における当事者性 津田英二 – 神戸大学発達科学部研究紀要, 2005 – lib.kobe-u.ac.jp ている。次の引用では、「人間として扱われていない状況」 について、次の3点を挙げている。第一に
、知的障害のある人たち の意思が尊重されない状況。第二に、知的障害のある人たちのもっ ている能力
が過小評価される状況。第三に、知的障害のある人たち と他者との間に相互承認が得られない状況。 …
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81000634.pdf
知的障害児におけるリズムパターン同期の誤反応の分析 齋藤一雄 – 特殊教育学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 齋藤 (1996) の記録に基づき, 知的障害児 11 名を対象に, 手拍子による 4 種のリズムパターンへの
同期課題を設定し, 同期に対する誤反応パターンを再分析した. その結果, 四分音による誤反応のみ
が認められた児童が 1 人, 四分音による誤反応と八分音を数多く含む誤反応の両方が認められた…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/3/43_KJ00004953425/_article/-char/ja/
知的障害者の歩行速度に関わる要因の検討 奥住秀之, 國分充, 平田正吾, 田中敦士… – Equilibrium …, 2008 – jstage.jst.go.jp ,知的障害(精神 遅滞)は,知的機能の低下と適応行動の障害とい う2要因で定義される障害では
本研究では,知的障害者の個人属性として比較 的簡便に入手でき,かつ,身体運動や歩行に影響
閉症 の有無と,歩行速度との関連を調べて,知的障害 者の歩行に関わる要因を考察する。なお,先行…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser/67/3/67_3_200/_article/-char/ja/
 知的障害者に対する数概念の指導 小谷裕実, 守屋誠司, 室谷千絵 – 2007 – kyokyo-u.ac.jp 1.はじめに 今日、障害児・者が社会へ積極的に参加し、より自立した生活を可能にするものとして
、知的障害児・者が数の大小を含む貨幣価の概念を習得することは、容易ではないとされている(山崎
数量的経験の範囲の拡大を図り、その質的水準を高めることは、障害児・者の自立的 な生活力を…
https://www.kyokyo-u.ac.jp/Cece/7-11.pdf
知的障害者入所施設からの地域生活移行が移行者に及ぼす影響に関する研究 森地徹 – 社会福祉学, 2011 – jstage.jst.go.jp 活 を継続 して い る者 と した .なお,本 研究で は知的障害者入所施設を施設入所支援を 行っ て
い る障害者自立支援施設知的障害者 入所 更生施 設,知的 障害者入所授産施設とし た.ま た,知
的障害者通勤 寮は知的障害者 入所施設か ら は除外したが,知的障害者入所施設か ら知的障害 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/51/4/51_KJ00007112088/_article/-char/ja/
登校しぶりを示した軽度知的障害児における自己の発達と他者の役割 (< 特集> 学校教育と子どもの 「自己」 の形成-教育心理学における 「自己」 研究の新たな視点-) 別府哲, 坂本洋子 – 心理科学, 2005 – jstage.jst.go.jp 軽度発達障害と不登校 近年、通常学級に 在籍する軽度発達障害児の 問 題が、特別支援教育の
軽度発達障害児は、後で述べ る軽度 知的障害以外は 、IQ が 70以上であ り知的障害の診 断基準
学習障害児、軽度知的障害児の不登校と自己認知 以上の よ うに、軽度発達障害児の二 次障害 とし …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jraps/25/2/25_KJ00003589046/_article/-char/ja/
 ヴィゴツキーの障害学における知的障害の心理機能 司城紀代美 – 宇都宮大学教育学部紀要. 第 1 部, 2015 – uuair.repo.nii.ac.jp )知的障害児の高次精神機能への働きかけ 2点目は、知的障害児の教育において、高次精神機能
への働きかけが軽視されている点について である。ヴィゴツキーは障害知的障害に関しても、 抽象
的思考等の高次精神機能の不全は「二次的症状」として出現するものだととらえた以下のよう な記述が…
https://uuair.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4494&item_no=1&attribute_id=27&file_no=1
知的障害児のスポーツ活動への参加を規定する要因に関する調査研究: 保護者への調査を通じたニーズの把握 守田香奈子, 七木田敦 – 障害者スポーツ科学, 2004 – jstage.jst.go.jp て さらに 重要 と な る こ とは 容易 に推測 で きるが 、養護学校 卒業 後 の 知 的障害の ある人
々 * 調査対象者の 中に 、知 的障害の ある子 ど もが 2人い ・ス ポ ーツ 活動 の 指導者と し
て 、 障害児教 育が専門/体育教育が 専門/障害児 教 育と体育教育 の 両方が 専 門、 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjadss/2/1/2_KJ00005130478/_article/-char/ja/
 知的障害者における視覚: 運動協応研究の動向 岡耕平, 三浦利章 – 大阪大学大学院人間科学研究科紀要, 2007 – ir.library.osaka-u.ac.jp .まず,知的障害者の就業に必要な能力における巧緻性 の重要性について触れよう.知的障害者の
,知的障害者の就業に必要な能力を 包括的に「知識に関する能力」「身体的熟練に関する能力」「知
2.2 知的障害者の動作と協応動作の問題 知的障害者には上述したような視覚機能の問題があるが…
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/12772/hs33-08.pdf
 知的障害児の歩行にみられる外見特徴に関する考察 豊村和真, 能瀬真奈美 – 北星学園大学社会福祉学部北星論集, 2000 – hokusei.repo.nii.ac.jp 知的障害を持つ児童と持たない児童(以下 歩行者という)の歩いている様子をビデオに 記録撮影(以下
、歩行場面という)した。こ の歩行場面のビデオ知 的障害をもつ中学生9名 (以下障害児群とい う
)と障害をもたない中学生7名 (男子3名。 女子4名、以下健常児群という) であった。 障害児群の障害…
https://hokusei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=817&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
ダウン症候群の知的機能の生涯発達的変化 (特集 知的障害と発達研究) 菅野敦 – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 本稿では, ダウン症候群を対象に, 彼らの知的機能の特性に関して生涯発達の視点から, 1・加齢
に伴う変化及び, 2・その特性を明らかにすることを目的にした. その結果, ダウン症候群は他の原因
による知的障害や自閉症と比較して精神年齢 (MA) の分散が小さいこと, また, 30 歳台をピークにして…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007138076/
 [知的障害のある女性のライフスタイル」 林佳苗 – 教育福祉研究, 2002 – eprints.lib.hokudai.ac.jp 的鶴害のある人の性と結婚の権利 (2) をどのように保障していくかが模索されているが, 地域社会
の人々とともに家族や支援者の中には, 知的樟害のある人の性の自立や結婚に対して消極的な考え
をもっている人も多い. 筆者自身も知的障害のある人の教育の場で彼らの自立を支援する立場にある…
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/28350/1/8_P47-57.pdf
 通常学級における知的障害児に対する級友の態度に及ぼす接触および性別の影響について 益山篤子, 東原文子, 河内清彦 – 障害科学研究, 2008 – tsukuba.repo.nii.ac.jp 合 教育や 交流 教育 の 実 践が 行 わ れ る よ うに な り、 通常学級 で 知 的障害児と接触する機会
木舩 (1986)は 、知的障害児との 日常交流経 験や 行事 交流経験 を経験 する こ とと知的障害児
か な よ うに、知 的障害児 (者)を含 む障害児 との 交流教育や 統合 教育経験 が 障害児 に対す る…
https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/record/41260/files/JJDS_32-1.pdf
知的障害養護学校における 「進路」 に関する授業研究 大谷博俊 – 特殊教育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 対象生徒 は、中度の 知的発達障害を有す る生徒 1 名 、軽度 の 知 的発達 障害 を有す る生徒
2 名 (療 育手 帳 の判 定 に よる) で あ る。実態 をみ る と、高等部の 中 で は 、校外宿泊学習や
運動会な どの 行事に は積極的に 参 加 し、まわ りか ら期待 さ れ た役割 を果た そ う と精 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/5/43_KJ00004953456/_article/-char/ja/
知的障害のある児童の漢字熟語の読みに対する刺激ペアリング手続きの効果と般化および社会的妥当性の検討 野田航, 豊永博子 – 行動分析学研究, 2017 – jstage.jst.go.jp 研究の目的 本研究では知的障害のある児童 2 名の漢字熟語の読みを対象に、刺激ペアリング
手続き の参加児 特 別支援学級に在籍する知的障害のある児童 2 名が参加した。介入 刺激ペア
リング手続きでは、Key Words 刺激ペアリング手続き、知的障害、漢字の読み、般化、社会的妥当性 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/31/2/31_153/_article/-char/ja/
知的障害の身体をめぐる認識と社会関係 玉置佑介 – 年報社会学論集, 2007 – jstage.jst.go.jp 知的障害の当事者たちの身体をめ ぐる障害者水泳指導員 の 「認識」 に焦点 をあ てている。指導員
たちは、知的障害を理解する過程で障害当事者の身体 を解釈することを 通 じて 「知 的障害関係性
における障害当事者 本稿が着 目す る健常者 による知的障害 の身体認識 の問題 を障害学 が強調 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kantoh1988/2007/20/2007_20_84/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校中学部における地域産業と連携した職業教育に関する研究 名古屋恒彦, 稲邊宣彦, 田淵健, 大嶋美奈子 – 岩手大学教育学部附属教育 …, 2009 – ci.nii.ac.jp 近年、障害のある人たちへの就労支援施策の進展が著しい。2002年に示された「障害者基本計画
」において、「雇用・就業は、障害者の自立・社会参加のための重要な柱であり、障害者が能力を最大
限発揮し、働くことによって社会に貢献できるよう、その特性を踏まえた条件の整備を図る」とする方針…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001399261/
知的障害幼児・生徒の保護者支援における保護者の負担軽減の検討: 物理的手がかりを主とした支援手続きおよび保護者による行動記録を中心に 神山努, 野呂文行 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 知的障害がある幼児・生徒 2 名の保護者支援において, 保護者に過剰な負担がかからない
支援手続きの検討を目的とした. 具体的には, 保護者が実施しやすい支援手続きとして, 日常生活内
で実施可能な物理的手がかりの用意を主とした手続きをアセスメントから立案し, 保護者に教授した…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/4/48_KJ00007226305/_article/-char/ja/
 知的障害児の数概念の発達 (1) 赤松可容子, 近藤文里 – 滋賀大学教育学部紀要 (教育科学), 2005 – shiga-u.repo.nii.ac.jp 1 問題と目的 知的障害児の数の概念の発達に関する研究 は、保存、 知的障害児と健常児を
比較した場合、単純な対 応や計数などの発達傾向は、両群に大差はない が、より複雑で種々の知覚的
形態を伴う課題で は、知的障害児の正答率が低下し、2 集合の相 等判断や保存課題では、知的障害…
https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=941&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
知的障害児に対する特別支援学校における性教育実施の状況と, 教諭と保護者の意識 原恵美子 – 治療教育学研究, 2010 – ci.nii.ac.jp 知的障害児への学校での性教育は,継続的な取り組みや教材等の開発も困難な状態が今日まで
続いている。その根拠として学習指導要領の中での今回特に女子知的障害児の保護者の意識を中心
に調べたが,子の状態によって保護者の要望も個人差が大きいことがわかった。しかし,女子の場合…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001894015/
 知的障害特別支援学校における農耕作業学習に関する考察 畠山富士雄, 日吉照彦, 水落剛宏… – J. Fac. Edu. Saga …, 2014 – saga-u.repo.nii.ac.jp 知的障害の特別支援教育では、近年キャリア教 育や ICF 活用などがキーワードになっている。 また
、自閉的傾向のある児童生徒も増加してお り、また、最近の職業教育や進路指導の動向をみる と
、知的障害者の一般就労では近年、医療、福祉 産業種が増えたり、文部科学省の通達では関係機 関…
https://saga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=21184&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害のある児童における ICT を活用した平仮名読みの実践 中山健, 新島まり – 福岡教育大学紀要. 第四分冊, 教職科編, 2015 – ci.nii.ac.jp 本研究では平仮名の読みが未習得な1 名の知的障害児童に平仮名読みの指導をした実践について
報告する。対象児は本論文執筆時小学4 年生の知的障害特別支援学級に在籍する男児であった
。平仮名読みの指導モデルにしたがって,45 の平仮名単語を見本合わせ課題によって指導した結果,…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006380137/
 知的障害特別支援学校小学部におけるプログラミング教育の実施状況と課題 水内豊和 – 人間発達科学研究実践総合センター紀要, 2019 – toyama.repo.nii.ac.jp 省 が 行っ た 障害 の ある 児童 を 対象 と した プログラ ミング 教育 の 実証 事業 では 全国 で 10
件 の 事業 が なされ た が, 知 的 障害 特別 支援 で 関連 する キーワード で 検索 し て も, 特別
支援 学校 の 場 で 知 的 障害 児 を 対象 にし, かつ 小学 部 段階 で の プログラミング 教育 実践 は…
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17502&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1#page=142
地域で生活する成人知的障害者の肥満の実態とその要因 増田理恵, 田高悦子, 渡部節子, 大重賢治 – 日本公衆衛生雑誌, 2012 – jstage.jst.go.jp 肥満は心血管疾患など様々な生活習慣病の 危険因子であり4),知的障害者は思春期から肥満
に 陥る者が多いといわれている5,6)。また地域で生活 する成人知的障害者は,施設で生活する者に
比べて 肥満が生じやすく,一般成人と比べると女性におい 対象 2010年 8 月11日~2010年12月 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/59/8/59_557/_article/-char/ja/
 E 県立知的障害特別支援学校における自立活動に関する現状と課題 松田弥花, 是永かな子 – 高知大学学校教育研究, 2020 – kochi.repo.nii.ac.jp 本研究の目的は、E県内の公立知的障害特別支援学校における教育活動に注目して、新学習指導
以上の動向をふまえて、本稿では E県内の公立知的障害特別支援学校における教育活動に注目し
E 県内公立知的障害特別支援学校4校を 対象に、質問項目を示しつつ半構造化面接調査を行った。…
https://kochi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7806&item_no=1&attribute_id=17&file_no=2
知的障害者施設職員の職業意識に関する検証–アンケート調査を通して 三原博光, 松本耕二 – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 本研究の目的は, アンケート調査を通して, 知的障害者施設職員の職業意識を検証することであった
. 調査は, 181 名の職員から回答を得た. 6 割が 20 歳台〜 30 歳台と若く, 6 割が 「ヘルパー」「社会
福祉士」 などの福祉専門職の資格を持っていた. 6 割は仕事に満足し, 理由として 「利用者と…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007138067/
 大型施設と知的障害者の地域移行 (1): 船形コロニーにおける地域移行に即して 上田修 – 桃山学院大学総合研究所紀要, 2007 – stars.repo.nii.ac.jp 第1次調査時点において,船形コ ロニーには知的障害者更生施設(400名),知的障害者授産施設
(85人),知的障害者授産施 設通所部(15人)が設けられていたほか,短期入所事業(10人)も設置
されていた(括弧内 は利用者定員)。これらの更生ならびに授産事業は,園,さらにその下に設けられた…
https://stars.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1359&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害関係施設職員の利用者に対する不適切な関わり–職場ストレッサーとスーパービジョンからの検討 長谷部慶章, 中村真理 – 障害者問題研究, 2006 – ci.nii.ac.jp 本研究は, 福祉施設における利用者に対する不適切な関わりの実態を明らかにすること, 職場での
ストレス及びスーパービジョンの程度によって不適切な関わりの程度に差異が見られるかを検討する
ことを目的とし, 知的障害関係施設職員 (n= 997) を対象とした調査を行った. 不適切な関わりに関する…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004581464/
 知的障害特別支援学校における交流及び共同学習の実践に関する調査研究 鈴木達也 – 教育実践高度化専攻成果報告書抄録集, 2015 – shizuoka.repo.nii.ac.jp 交流及び共同学習は、障害のない児童生徒にとっても、障害のある児童生徒と 多くの共通点を
見いだして仲間意識を育んだり、障害のある児童生徒自身の障害を克服する意欲 に触れて、自分の
生活の姿勢や学習態度を顧みたりするよい機会となる。また交流及び共同学習 で接するまた、小 …
https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7350&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1
 知的障害児・者の性教育に関する研究動向 門下祐子 – 早稲田大学大学院教育学研究科紀要 別冊, 2019 – core.ac.uk 福岡県内の養護学校に通学する小学部 3 年から中学部 3 年の知的障害のある児童生徒を養育
している保護者へ無 記名自記式質問紙法を実施。有効回答 212 部(母親 176 名,父親 15 名,その他
10 名,複合 5 名,未記入 6 名) を分析対象とした 長崎県の知的障害養護学校である K 高等 …
https://core.ac.uk/download/pdf/286964744.pdf
知的障害者施設における援助技術の原理的問題点と権利擁護の課題 金子晃之 – 社会福祉学, 2000 – jstage.jst.go.jp 要旨 :本論は,知的障害者施設の 援助技術に内在する原理 的特性 と権利 擁護の 問題点 とを検討
し,知的障害者施設の 援助実践における今 口次に援助技術 それ 自体 の 原 理 的特性 を検討
し,その 特性が知的障害者施設の 援助過程に 及ぼ す問題 点を検討 した。原理 的特性 とは,他者 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/41/1/41_KJ00006852687/_article/-char/ja/
知的障害児の言語発達と描画発達の関連 今給黎禎子, 笠井新一郎, 藤原雅子… – 九州保健福祉大学 …, 2007 – phoenix.repo.nii.ac.jp The Objective of the present study was to investigate the relationship between language
development and the development of drawing ability in mentally disabled children. Language
tests, motor skill tasks, and drawing tasks were carried out for 23 mentally disabled children. …
https://phoenix.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=680&item_no=1&page_id=4&block_id=75&lang=english
知的障害児の投動作の発達過程とその援助に関する実践的研究 橋本創一, 渡邉貴裕, 尾高邦生 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 特別支援学校, 特別支援学級に在籍する児童生徒 (生活年齢 4: 01~ 17: 11, N= 63) を対象とし, 知
的障害児の投動作の特徴および投動作発達の順序性を検討した. そして, 投動作が未熟であった
対象児者 (N= 32) に対し成熟した投動作を擬似体験させ, 短時間での投動作の様子の変化を観察し…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/1/47_KJ00006395766/_article/-char/ja/
養護学校 「作業学習」 における知的障害児による目標設定・自己評価とその効果 霜田浩信, 井澤信三 – 特殊教育学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 知的障害養護学校の 「作業学習」 において, 作業製品に対する仕上げの目標枚数と作業技術・態度
に関する目標を生徒本人が設定し, 作業終了後に設定した目標に対する自己評価が行われた. その
結果, 対象生徒は目標枚数の適切な設定や正確な自己評価ができるようになり, それに伴い仕上げ…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/2/43_KJ00004953409/_article/-char/ja/
自傷行動を示す知的障害児に対する家族支援: 月 1 回の母親へのコンサルテーションを通して 岡村章司, 井上雅彦, 高階美和 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 自傷行動 を示 す重度の 知的障害の ある男児に対 して、専門機関に お ける月 1 回 の コ II.方
法 1.対象児 対象児 (以下、A 児〉は 、重度の 知 的障害の あ る男 児で あ る。 介入開始時 (X 年 2
月)の A 児 は、生活 年齢 10 歳 2 か 月 の小 学 4 年生で 、情緒障害特殊学級 に在籍 して い た 。 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/5/47_KJ00006395885/_article/-char/ja/
 知的障害者の老後に対する親達の不安に関する調査 三原博光, 松元耕二, 冨山大和 – 人間と科学 県立広島大学保健福祉学部誌, 2007 – core.ac.uk そして,親達 の子どもの老後の不安を把握し,それを施設などの支 援に反映することは高齢の知的
障害者のみならず,障 害者家族全体に対する支援になるのではないかとも考 えたのである O そこで
筆者達とかかわりのある山口 市内と西宮市・福岡市内の知的捧害者の親達に対して 知的障害者…
https://core.ac.uk/download/pdf/35148561.pdf
 知的障害を伴う発達障害児の実行機能の特徴: ルールの切り替えを含む課題を用いた経年的視点からの検討 浮穴寿香, 橋本創一, 出口利定 – 2008 – core.ac.uk 本稿では,知的障害のある発達障害児の実行機能, 中でも特に行動を調整する機能について,経年
的な視 点からDCCS課題を実施することで検討した。 その結果,知的障害のある発達障害児では,必ず
し も定型発達幼児と同様の発達的変化を示すわけではな く,MAの高さに関わらず,特定の…
https://core.ac.uk/download/pdf/15924997.pdf
 知的障害および発達障害に対する大学生のイメージおよび意識の変化 村上理絵, 若松昭彦, 氏間和仁, 林田真志, 谷本忠明- 2018 – core.ac.uk アンケートは,①性別,所属,障害や障害者に関す る経験を問うフェイスシート,②視覚障害,聴覚
障害, 知的障害,肢体不自由,発達障害に対する理解度を問 う項目,③障害者に対するイメージを
問う項目,④障 害や障害者に対する意識について問う項目から構成さ れた。評価は,②については,「…
https://core.ac.uk/download/pdf/197311128.pdf
< 重度知的障害者> の承認をめぐって: Vulnerability による承認は可能か 田中耕一郎 – 社会福祉学, 2010 – jstage.jst.go.jp 〈重度知 的障害者〉をい か に承認 しうるか とい う問い は,連 帯規範の 人間概念 に く重度知 的
障害者 〉を どの ように 包摂 し うるの か ,とい う問い か の 倫理 的思考を検討 し なが ら,〈重度知
的障害者〉の 承認問題 に おけるそ れ らの可 能性 を考察す る,次 にt 〈重 度 知的障害者〉 も含め ,…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/51/2/51_KJ00006580158/_article/-char/ja/
 知的障害児の余暇と地域生活: 余暇の実態調査より 中山孝之 – 2000 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp (キーワード:余暇活動 知的障害 地域生活 OOL) はじめに 近年、障害の有無に関わらず余暇
活動は、生 活の質の向上という観点から、関心が高まって きている。障害者団体の調査によれば、障害
児 は放課後をほとんど家庭で過ごし、テレビやビ デオを見るだけの「さびしい」生活を余儀なく されて…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/9368/1/KJ00000098943.pdf
 知的障害児教育におけるリトミックに関する研究-中学部における音楽の授業を対象とした調査と教材の検討 長谷川徹 – 2008 – juen.ac.jp 知的障害を対象とした特別支援学校中学部にお ける「音楽の授業について」「身体表現について」
「リトミックについて」を調査するために,調査 項目を決定し,2007 年 6 月に本調査を実施した。 対象は
,全国の知的障害そして, N県の知的障害教育を対象とした特別支援学校 中学部の音楽の授業の…
https://www.juen.ac.jp/handi/linkfiles/syuronyoushi/h19/h19_28.pdf
軽度知的障害児に対する代表例教授法を用いた栄養教育の開発 (第 2 報): 授業モデル開発と実践および学習過程の分析 伊藤圭子 – 日本家庭科教育学会誌, 2005 – jstage.jst.go.jp 1.授業計画 1 ) 対象者の 特性 軽度知的障害児の 特性 ・ 生徒 は, 広島市 お よび東広 島市 内
の 小 ・ 中学校 9 校の 障害児学級に在籍す る小 選 出に あた っ て は,授 業が 可能な軽度知的
障害の 学習者を担当教師に 選 出し て も らっ た。 な お,分析の た め に 対象 を特定す る 必要が あ り…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjahee/47/4/47_KJ00002419807/_article/-char/ja/
知的障害者のメタ認知に及ぼす自己教示の効果 高良秀昭, 今塩屋隼男 – 特殊教育学研究, 2003 – jstage.jst.go.jp 自己教示が知的障害者のメタ認知に対してどのように影響するかを検討する目的で, 実験研究を
行った. その結果, メタ認知の実行機能知的障害者のメタ認知の実行機能を活性化するが, メタ認知
的知識には大きな影響を及ぼさないことが示唆された. さらに, 自己教示により活性化された知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/41/1/41_KJ00004953083/_article/-char/ja/
 県内の知的障害特別支援学校研修課長が抱く校内研修に関する意識調査 山元薫 – 静岡大学教育学部研究報告 (人文・社会・自然科学編), 2016 – shizuoka.repo.nii.ac.jp 特に知的障害 及び肢体不自由併置特別支援学校 (以下,知肢併置校)では障害種ごとに研修課を
設定するこ とから,20人以上と人数が多くなっている.中規模校においても同様の傾向があり,知肢併置
校の方が知的障害単独校より構成人数は多くなっている.分校 分教室については2人から4人 となっ…
https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8443&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1
知的障害者施設の施設長における脱施設化施策に関する意識の現状 樽井康彦, 岡田進一, 白澤政和 – 社会福祉学, 2008 – jstage.jst.go.jp 要旨 :2002年12月に改定された障害者基本計画 に よっ 本研究の 目的は ,知的障害者施設の
施設長 における これ らの 施策に関する意識 につ い て 明 らかにす る こ とで ある.調査 方法は 自記
式質問紙 を用 い た横断的調査で あ り,近畿 2 府 4 県に所在す る知的障害者施設の 施設長126…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/48/4/48_KJ00006853089/_article/-char/ja/
 三木安正における知的障害児の親をめぐる論稿の検討 夏堀摂 – 2008 – tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp 知的障害児の教育に一貫して関わり、障 害児の親についても同時期から一即ち日本で最も早い
時 期から一多くの論稿を残している三木安正に対象を限定 して、そこで知的障害三木が特殊学級
における障害児 の教育を推進したのに対し、篠原はこれを差別として糾 弾する立場にあるので、三木…
https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=569&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
地域で生活する知的障害者の身体状況と食生活 作田はるみ, 清水梨恵, 坂本薫, 小泉弥栄… – 大阪教育大学紀要 2 …, 2007 – ci.nii.ac.jp 地域で生活する知的障害者の身体状況および食生活状況について調査した. 彼らが平日に利用して
いる通所施設で実施された身体測定結果より, body mass index (BMI) を性別に検討した. 肥満者
の場合は, 男女とも高率に認められた. 施設で実施された健康診断の結果を検討したところ, 男性の…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001059705/
東京都における知的障害を有する者の就労支援施策に関する研究 鈴木良子, 菊池恵美子, 渡邊修 – 日本保健科学学会誌, 2005 – jstage.jst.go.jp 特に ,知的障害に よ る障害特性 に応 じた支援 と就労支援の 新 しい 展開 や有効な施策の あ り
方を考察する こ とで ある。 平成 15年度職 能判定室利用者 (以下利用者)23 名 (知的障害) の
概 況, 東 京都障害者就労 シス テ ム検討会資料, 平成 16年度区市町村障害者就労支援事業意見 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhsaiih/7/4/7_KJ00003978388/_article/-char/ja/
 知的障害児の個別指導の在り方に関する検討: 課題準備行動が逸脱行動の生起に及ぼす効果から 村中智彦, 藤原義博 – 上越教育大学研究紀要, 2010 – core.ac.uk 本研究では, 知的障害児の個別指導において, 対象児の課題準備の遂行がセット間の逸脱行動に
及ぼす効果と, 試行時間の逸脱行動と課題遂行行動に及ぼす効果の検討を通じて, セット間における
対象児の遂行すべき行動の在り方について知見を得ることを目的とした. 8 歳と 10 歳の知的障害児 2 …
https://core.ac.uk/download/pdf/147816803.pdf
知的障害者とその家族をメンバーとするダンスグループの活動に関する質的研究 伊藤美智子 – 日本女子体育連盟学術研究, 2014 – jstage.jst.go.jp を苦手 とする知的障害者には,健常者以上に有益な経験 であると考えられる。知的障害者を対象
とした身 体表現活動に関する報告において(西,1999・麻 生,2000),その有用性が明らかになって
いる。 筆者は,2000年 4 月より知的障害者(ダウン症 6 名・自閉症 1 名・知的障害を伴う肢体不自由…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/japew/30/0/30_29/_article/-char/ja/
知的障害児教育におけるコンピュータ利用をめぐって 爲川雄二, 橋本創一 – 発達障害研究, 2000 – ci.nii.ac.jp 日本発達障害学会 平成6年度厚生省心身障害研究「心身障害児(者)の地域福祉に関する
総合的研究」報告書, 313-319, 1995 日本発達障害学会第34回研究大会抄録集 63, 1999 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10009552690/
 知的障害教育におけるダンスプログラムの実践事例 茅野理子 – 宇都宮大学教育学部教育実践総合センター紀要, 2012 – uuair.repo.nii.ac.jp 文科省のホームべ ージによると、「『特別支援教育』とは、障害のあ る幼児児童生徒の自立や社会
参加に向けた主体的な 取組を支援するという視点に知的障害教育においてダンス (身体表現) は
、児 童生徒の興味関心もあり、古くから多用されてきた ように思う。長谷川 (2008) が2007年に行った…
https://uuair.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4968&item_no=1&attribute_id=27&file_no=1
知的障害者の就労支援に関する研究: S 社の 「チャレンジド雇用」 今野義孝, 霜田浩信 – 人間科学研究, 2006 – bunkyo.repo.nii.ac.jp 具体的な施 策として、厚生労働省は「障害者トライアル 雇用制度」を設け、障害者トライアル雇用事
業や職場適応訓練、知的障害者職親委託、精 神障害者社会適応訓練事業などを展開してい る。
知的障害は理解力や判断力、記憶 力、思考力などの知的機能の障害であること から、雇用側には「…
https://bunkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=189&item_no=1&page_id=29&block_id=40
 知的障害児・者における構成行為の特徴 大塚菜央, 奥住秀之, 國分充 – … ・特別支援科学講座 知的障害児の認知 …, 2015 – u-gakugei.ac.jp 一 つ 目 に, 知 的 障害 者 は 課題 として 与え られる 構 成 対象 の 構造 の 分析 や, 分析 結果 に
基づく 全体 的 な 再 編成・再 計画 を 十分 行わ ず, 知 的 障害 者 は 課題 の 遂行 が 困難 な 状況
に 陥る と, 課題 として 与え られ た 目標 から の 行為 の 逸脱 み られる. 三 つ 目 に, 知 的 障害 者 …
http://www.u-gakugei.ac.jp/~graduate/rengou/kyouin/news/data_kouiki_h26/06.pdf#page=6
 速さと正確性から見た知的障害者の運動行為遂行の特徴 平田正吾, 奥住秀之, 北島善夫, 細渕富夫, 国分充 – 2010 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 知的障害者 の運動行為遂行の特徴を明らかにするための研究の一環 である。平田ら(2009)は、知
的障害者の手指運動にお ける速さと正確性に注目し、健常児と比較しながら、知 的障害平田ら
(2009) が運動の速さと正確性に注目したのは、近年、知的障害 者の運動研究の領域においては、彼ら…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=27142&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 知的障害者の 「新たな職域」 開拓の背景と動向 清水潤, 内海淳, 鈴木顕 – 2005 – core.ac.uk 「新たな職域」開拓は知的障害養護学校の進路指導や知的障害者雇用 ・就労において今 日的課題
になってきた.よって,本研究は知的障害者の 「新たなお,知的障害養護学校高等部と知的障害者授産
施設等では若干事情が異なる.授産施設等では,早 くから指摘されている一般就労と福祉的就労の 「…
https://core.ac.uk/download/pdf/144185958.pdf
ストレングスの視点を基盤にしたケースマネジメントの有効性に関する一考察: 軽度知的障害者の地域生活支援実践を通して 奥村賢一 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp くこ とを軽度知的障害者の 地 域 生活支援実践 を通 して 明示 して い くこ とにある, そ こ で 本
研 究で は,Rapp ら (2006)の ス トレ ン グス ース マ ネジメ ン ト,軽度知的障害者,地域生活
支援 取得 して い る が, 法律上 に おい て 知的障害と精神 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/50/1/50_KJ00006628599/_article/-char/ja/
知的障害児のダンス学習におけるコミュニケーション 佐分利育代 – 日本体育学会大会号 第 47 回 (1996), 1996 – jstage.jst.go.jp 知的障害児のダンス学習におけるコミュニケーション キーワード: 知的障害児, ダンス,
コミュニケーション …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspeconf/47/0/47_592/_article/-char/ja/
知的障害養護学校における夏季休業中の余暇支援に関する検討: 保護者へのニーズ調査と余暇支援活動の事後評価から 由谷るみ子, 渡部匡隆 – 特殊教育学研究, 2007 – jstage.jst.go.jp 研究 1 は、知的障害養護学校 5 校 に在籍 す る 児童生徒の 保 護者 880入 を対 象 に 、夏季 休業
中 に 希望 す る そ の 結果、福祉関係 の 施設や 養護学校で 障害の あ る こ と で 知 ら れ る
政令指定都市で あ る、 研究 2 で は、知的障害養護 学校が 関与 した 余暇支援 活動 に 参加 した 保護…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/45/4/45_KJ00005615364/_article/-char/ja/
知的障害を有する 1 脳性麻ひ児の発信行動の習得過程について 知念洋美, 佐竹恒夫 – 音声言語医学, 1996 – jlc.jst.go.jp をあわせ もつ重複障害児が多い といわれ る1).こ のような重複障害児 における言語障害では,発
声発語器官の運動機能障害を有する点 に十分配慮 しな がら,知 的障害 に伴 う言語発達の遅れに
対 して包括的 な枠組 みを基本 に評価 ・訓練 を行 う観点が重要 と考 え られる2).こ の観点に基づ く…
http://jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jjlp1960/37.196?from=Google
知的障害特別支援学校における自閉症生徒の就労支援の取り組み 樋口陽子, 納富恵子 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp の 知 的障害養護学校 高等部卒業者の 就 職率は 25.3% (文部科学省, 2007)で 、15年前の
39。7% (文部科学省,1992)に 比べ 減 少 して い る。 また、 障害 者の 高等部が ある知 的障害
特別支援学校 で 、知的障害の 程 度は 多様 で あるが 、教育課程 の 類 型 化 は行われて い なか っ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/2/48_KJ00007226261/_article/-char/ja/
 知的障害者の自己決定支援 木口恵美子 – 東洋大学社会福祉研究, 2012 – toyo.repo.nii.ac.jp その背景には, 国内では障害当事者たちによる障害者自立支援法を違憲とする集団訴訟や, 世界的
には国連で障害者の権利条約が採択されたこと障害者自立支援法違憲訴訟を契機として内閣府に
設置された 「障害者制度改革推進会議」 には, 障害当事者が多数参加して今後の障害者施策の方向…
https://toyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5267&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
障害者の労働はどのように 「デザイン」 されているか?―知的障害者の一般就労を可能にした方法の記述― 海老田大五朗, 藤瀬竜子, 佐藤貴洋 – 保健医療社会学論集, 2015 – jstage.jst.go.jp 該障害者の知的障害者を雇用したチョーク製造会社の 日本理化学工業株式会社では、知的障害
者が 理解できない「100 g」という数字を用いず、 「おもりの種類」や「おもりの色分け」によっ て、チョーク
作りにおける「材料分量の計量」 や「材料の配合」を可能にした(大山 2009: 77–82)。こうした障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshms/25/2/25_52/_article/-char/ja/
 知的障害児の身体活動量 関理恵 – 平成 21 年度茨城大学教育学部卒業研究, 2010 – sport.edu.ibaraki.ac.jp 1.緒言 近年、知的障害者の平均寿命がのびており、そ れに伴い、健康管理、QOL の向上、自立
支援など についての関心が高まっている。成人に限ら身体活動は、知的障害者の健康関連体力の
向上 と肥満予防につながる重要な要因である。知的障 害者(成人)の身体活動量は、健常者の不活動…
http://sport.edu.ibaraki.ac.jp/semi/2009/16.pdf
保育者からみた特別な支援が必要な子どもの行動特徴–明らかな知的障害のない子どもについて 古市真智子 – 現代教育学部紀要, 2009 – ci.nii.ac.jp 行動特徴についての質問項目のうち,「他児のことばを気にしすぎる」「ちょっとしたことでも意地悪を
されたと思ってしまう」 などの項目は,「知的障害無群」 の方が 「知的障害有群」 よりも該当する子ども
の数が有意に多かった. また,「知的障害無群」 の行動特徴は,「ルール違反. 対人トラブル」「感情統制…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007176757/
 知的障害児 (者) の教育心理学的研究 鳥海順子 – 教育実践学研究 (山梨大学教育学部附属教育実践 …, 2018 – yamanashi.repo.nii.ac.jp 件のうち55件が知的障害の教育心理学的研究であり,2007年は全発表 件数702件のうち143件
が知的障害児(者)の障害種では知的障害単独ではなく,自閉的傾向を伴う知的障害 児(者),対象
数では事例研究もしくは少人数を対象とした研究の増加である。この点については対 象人数や障害…
https://yamanashi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=397&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害児・者の運動研究小史:「Oseretsky test」 と 「速さと正確性のトレードオフ」 を中心に 平田正吾, 奥住秀之, 北島善夫, 細渕富夫, 国分充 – 2013 – core.ac.uk 知的障害は,知的機能の発達遅滞を本態とする発達 障害であるが,知的障害のある人々(以下
,知的障害 児・者)においては,認識や思考,知的障害者37名 の10年間における検査成績の変動
を見ると,加齢に 伴ってOseretsky testの成績が下降傾向を示す者もいた が,上昇傾向や下降傾向の…
https://core.ac.uk/download/pdf/15925649.pdf
知的障害者の建物清掃への雇用の現況に関する調査研究 高草木明 – 日本建築学会計画系論文集, 2008 – jlc.jst.go.jp 障害者雇用促進のために・障害者雇用納付金(常用雇用労働音 数300人超の事業主@、障害者雇
金の支 給、障害者雇用納付金の減額、在宅就業障害音特例報奨金の支給、 障害者雇用納付金制度
た知的障害児@昔@基礎調査 結果川によると、有効回答が得られた在宅知的障害児(者)2,075 …
http://jlc.jst.go.jp/JST.JSTAGE/aija/73.1061?from=Google
知的障害を持つ児童の支払い行動の形成と地域との関わり (< 特集> ノーマライゼーションと行動分析) 赤根昭英 – 行動分析学研究, 1995 – jstage.jst.go.jp 知的障害を持つ 2 名の生徒に, 1000 円未満の買い物ができるように教授した. それまで, 生徒らは,
10 円を超える金額の支払や, 2 桁の金額の読み書きができなかった. 教師 (筆者) の自作による 「計数
板」 という教具を使用し, 硬貨の計数を訓練した. さらに 「計数板」 を補助具として用いて, 実際に…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/8/1/8_KJ00001021495/_article/-char/ja/
重度知的障害児におけるカードによる援助要求行動の形成・般化・維持 佐藤和彦, 島宗理, 橋本俊顕 – 行動分析学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp (1) 研究の目的: 重度知的障害児にカードによる援助要求行動を形成し, 類似した場面と類似してい
ない場面への般化と維持を検討した.(2) 研究計画: 場面間の多層ベースライン法を用いた.(3) 場面:
地域の知的障害養護学校において, 登校時・下校時の着替え, 給食, 遊び, 課題学習の時間に指導を…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/18/2/18_KJ00002447400/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校における道徳に関する検討 細川かおり, 眞城知己, 磯山多可子 – 千葉大学教育学部研究紀要, 2017 – sanagi.jp.net の例を紹介しながら,今後の知 的障害特別支援学校における道徳の位置づけのあり方について
考察した。知的障害のある児童生徒の学習活動では生 活経験そこで本稿で は特別支援学校,知的
障害特別支援学級を対象としてい る研究も扱うこととした。合計で10編の論文を概観する (Table 1)。 …
http://www.sanagi.jp.net/files/paper/2017dotokukiyo.pdf
 知的障害養護学校中学部における教育支援に関する基礎研究: 行動上の問題を示す生徒の実態調査による検討 霜田浩信, 清水直輝, 橋本創一, 菅野敦 – 2006 – core.ac.uk 橋 本・菅野・為川(2002)の知的障害養護学校高等部生 徒への実態調査によると,思春期・青年期
になって精 神・行動的変化や「退行現象」を示す応として,行動上の問題を含めて障害特性に応じた
指 導を検討していく方向性が示された。今後は行動上の 問題を示す知的障害児・者(特に自閉症児・…
https://core.ac.uk/download/pdf/15925176.pdf
 知的障害特別支援学校における防災教育のあり方に関する一考察 和田充紀, 池田弘紀, 池崎理恵子, 栗林睦美 – 2016 – core.ac.uk 加えて,特別支 援学校の小学部の学習指導要領の知的障害児の生活 また,知的障害のある
児 童生徒の実態に合う防災教育の教材が少ないと言及 している。 本研究では,知的障害特別支援
学校への聞き 取り調査をとおして,知的障害のある児童生徒に対 する防災教育の現状と課題を明らか…
https://core.ac.uk/download/pdf/70330498.pdf
知的障害者における片足立ちと平均台歩きに関わる要因の検討 奥住秀之, 國分充, 平田正吾, 田中敦士… – Equilibrium …, 2009 – jstage.jst.go.jp This study was conducted to investigate the factors of one foot balancing and beam-walking
in persons with intellectual disabilities (ID). There were 181 subjects with ID (male, 126;
female, 55; 14 persons with autism; 22 with Down’s Syndrome (DS)). One foot balancing was …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser/68/2/68_2_62/_article/-char/ja/
「家族での暮らし」 と 「家族からの自立」 の支援-知的障害児 者家族福祉の視点 鶴野隆治 – 介護福祉学, 2000 – ci.nii.ac.jp そこで,この知的障害児・者福祉の分野に,社会福祉と家族の関係を基礎づける原論としての家族
福祉の枠組みを導入した.その結果,知的障害児の親の負担という問題と,知的障害者の家族からの自立
の困難さという問題がクローズアップされ,知的障害児の親の就労が阻害されないこと,知的障害者の…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009564577/
 知的障害者の実行機能と支援実践の課題 葉石光一, 池田吉史, 八島猛… – 上越教育大学特別支援 …, 2015 – juen.repo.nii.ac.jp & Rosselli(2007)、Ardila(2008))、近年、知的障害者の実行機能 研究がいくつか見られるよう
になってきた。詳しい内容は後述 するが、知的障害者には基本的に実行機能の問題がみられるこ と
が指摘されている。本研究の目的の一つは、知的障害と実行 機能の関連を整理することである。 加え…
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7074&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害児・者における実行機能の特徴と支援 大塚菜央, 奥住秀之, 國分充 – 知的障害児のプランニングと抑制機能の …, 2013 – u-gakugei.ac.jp の 発 達 障害 児 に まで 試み られ, その 成果 を 反映 した 適切 な 支援 法 の 構築 が 期待 され
て いる (加戸 ら, 2004)。 知 的 障害 において も, は 認知 的 負荷 が 高い ため, 知 的 障害 児
・者 を 対象 と した 研究 は 少なく (浮穴 ら, 2008), 知 的 障害 者 の 実行 機能 の 特徴 について は, …
http://www.u-gakugei.ac.jp/~graduate/rengou/kyouin/news/data_kouiki_h25/05.pdf#page=21
知的障害児の屈折異常に対する早期対応の現状 佐島毅 – 障害科学研究, 2008 – ci.nii.ac.jp 本研究は,早期療育機関および保健所における知的障害児を対象とした屈折スクリーニングの一環
として実施した。対象は知的障害児139名,年齢範囲(4)屈折異常のある知的障害児の中には4~5Dの
強い遠視や近視,乱視の者がいたが,それらの対象児はスクリーニングの実施以前には屈折矯正が…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007100026/
発達障害のある生徒の余暇活動の自発的開始の指導: 知的障害養護学校における休み時間の変容を通して 岡部一郎, 渡部匡隆 – 特殊教育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 知的障害養護学校中学部に在籍する 3 名の生徒を対象に, 自発的な余暇活動の開始
行動を形成する指導を行った. 指導では, 事前調査および行動観察に続いて自発的に余暇活動を開始
する指導 (自己開始指導) を学習室と生徒の教室において実施した. また, レジャーナビという活動の…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/44/4/44_KJ00004953558/_article/-char/ja/
知的障害等のある児童生徒の肥満と行動特徴の関連についての検討-ある特別支援学校での調査を通して 石倉健二, 坂口愛 – 2009 – 52.197.196.111 Other Titles: チテキ ショウガイ トウ ノアル ジドウ セイト ノ ヒマン ト コウドウ トクチョウ ノ カンレン
ニツイテ ノ ケントウ アル トクベツ シエン ガッコウ デノ チョウサ オ トオシテ
http://52.197.196.111/dspace/bitstream/10132/2682/1/AA119847890350006.pdf
軽度知的障害者に対する相談支援における支援困難事例の特性分析 森本久美子 – 社会福祉学, 2011 – jstage.jst.go.jp 軽度知的障害者の地域生活支援における相談支援の重要性が高まる一方,「支援困難事例」 という
言葉が多用されそれらへのアプローチ方法の解明結果, 具体的アプローチの課題として,(1) 自閉症
スペクトラム障害の障害特性への理解不足による問題の複雑化,(2) 家族間の暴力的行為の把握の…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/52/2/52_KJ00007493942/_article/-char/ja/
 ソーシャルワークにおける終末期ケアの意義: 介護老人福祉施設及び知的障害者施設職員の終末期ケアに関する意識の比較検討 佐藤繭美 – 2009 – hosei.repo.nii.ac.jp そこで、本研究では、当事者の死とそのケアに関する蓄積が最も多いと思われる介護老人福祉施
設(=特別養護老人ホーム)と、障害者自立支援法施行以前の体系である知的障害者入所更生施設
で勤務する相談援助職を対象にアンケート調査を行う。その結果から、専門職は当事者の終末期の …
https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5691&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害者の高齢期の支援プログラム開発に関する研究 植田章 – 社会福祉学部論集= Journal of the Faculty of Social …, 2018 – archives.bukkyo-u.ac.jp 環境要因にも大きく規定されながら,障害のない人た ちのそれとは異なると考えられるのである。つまり
,知的障害者の加齢変化の特徴と障害特性 を考慮すれば,障害のない人の老化とは区別し入所
施設 の高齢障害者(重度知的障害と身体障害を重複した 9 名)を対象に実施し,支援プログラムの …
https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FO/0014/FO00140L037.pdf
 知的障害者の成人期における生涯学習支援について: 生涯学習に関する研究の動向と実態の調査から 今枝史雄, 菅野敦 – 2010 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 総合研究所) の障害のある人の生涯学習に関する研究会が2002年に 実施した知的障害のある人
の生涯学習に関する調査で は,障害者青年学級は学校の卒業生のニーズに対応 できる継続教育
・障害のある人々の自己理解(主体性 の確立)と社会参加の支援を目的として,東京学芸大 学で知的…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30100&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
自閉症生徒を対象とした知的障害養護学校と福祉施設が連携した就労支援: 現場実習から卒業後実習への移行支援のあり方 高畑庄蔵, 牧野正人 – 特殊教育学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp 行動 障害 の あ る 自閉 症の 対 象生徒 に とっ 対象生徒 は行動障害を示す 自閉症の 男子
生徒で あ っ 実習先に つ い て は ,対象生 徒,両 親 と協議 し,知 的 障害者 を多数 雇用 し理 解
が あ る こ と,対象生徒が 通勤可能な地域 に あ る こ と,定型的な …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/42/2/42_KJ00004953253/_article/-char/ja/
知的障害者のスポーツ活動における大学生ボランティアに対する保護者の意識 大山祐太, 増田貴人, 安藤房治 – 2011 – hirosaki.repo.nii.ac.jp 実際、我が国の知的障害者の余暇の傾 向としては、多くは室内でテレビ観賞や音楽鑑賞など をして
知的障害者がスポーツ 活動に参加する際、保護者の引率や経済的援助が必要 となる場合が多く、
た知的 障害児の保護者のニーズ調査によると、体育・スポー ツ活動の指導者が障害についての専門…
https://hirosaki.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2439&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害者のダイレクト・ペイメント 渡辺勧持, 薬師寺明子… – … 大学・美作大学短期大学部 …, 2012 – mimasaka.repo.nii.ac.jp 事例 1 自立生活センター小平 (以下センターと略記) の報告事例である. A 市では, 2010 年, 重度
判定の知的障害と軽度の身体障害のある K さん (4 1 歳) に, 重度訪問介護単価に換算して 24 時間
相当の居宅介護の時間数を支給決定した. A 市では始めてのことである. K さんは, 表出言語はなく 「…
https://mimasaka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=332&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者が働く作業現場におけるデジタルカメラ活用の効果 永澤精一, 熊井正之, 渡部信一 – 日本教育工学会論文誌, 2008 – jstage.jst.go.jp 筆者は, 5 名の 中度お よび軽度 の 成人男性 知的障害 者 (うち 2 名 は 自閉症)に対 して ,公 共
施設の 屋 外清 掃作業指導を通 しヒ記の よ うに,デ ジ タル カ メ ラは 手軽 に操作 で きるた め,知
的 障害者 自身で 撮影 し比 較的 ス た. 本研 究 の 口的は ,知的障害者の 作業を支援す る 1 つ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjet/31/4/31_KJ00004964320/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学級への 「居場所見出し」 の過程―通常学級出身の生徒たちの事例から― 堤英俊 – 2015 – trail.tsuru.ac.jp 本稿では,小・中学校段階の生徒たちが,通常学級からの転出後,本人たちに「異質」 として認識される
知的障害特別支援学級に転入し,そこに「居場所」を見出していく一連 の過程を,彼(女)ら自身の「置
かれた状況の中で状況をのりこえようとして働かされる 様々な創意工夫や知恵」すなわち彼(女)らなり…
http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/handle/trair/698
利用者と保護者双方へのケアの論理――知的障害者通所施設職員の語りから―― 岡田祥子 – 保健医療社会学論集, 2016 – jstage.jst.go.jp 知的障害当事者の立場から積極的に発言し ている、知的障害者の自立生活支援を行う当 事者
団体・ピープルファーストも、「親の会 が入所施設をつくるようそのた め、職員は何かしらの形で、保護
者、すなわ ち知的障害当事者以外にも配慮して利用者対 応をすることになるばかりか、保護者を優先 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshms/26/2/26_54/_article/-char/ja/
知的障害特殊学級における音楽を活用した取り組み: 自閉的傾向を伴う知的障害児の事例を通して 五十嵐由紀, 緒方茂樹 – 琉球大学教育学部障害児教育実践 …, 2001 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp 特に知的障害特殊学級に在籍する自閉的傾向を伴う知的障害知的障害特殊学級に小学校1年生
か ら2年間在籍した自閉的傾向を伴う知的障害児の 事例について、学校生活全般にわたる各場面で
音 楽を活用した取り組みを行った経過とそれに伴う 子どもの発達についてまとめ、事例を通して障害 …
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/5076
知的障害児における原初的記憶方略 上岡勇二, 松村多美恵 – 特殊教育学研究, 2000 – jstage.jst.go.jp 1)知的障害児 は精神年齢 3 歳代 か ら点検 方 略を使用し は じ め るが 、命名方略の 使用 は 5 歳
代で も重 度 の 知 的 障害 児 39名 と 保 育所 に 在籍 す る幼児 49 名 を対 象 と した 知的障害
児は 精神年齢で 、幼児は生活年齢 で それ ぞれ 2 歳群 、 3 歳群、 4 歳群、 5 歳群の 4 群 に わ け …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/38/3/38_KJ00004952649/_article/-char/ja/
知的障害を持つ人に本当の要求の場はあったのか?: 入所施設における 「集会」 の機能 (< 特集> ノーマライゼーションと行動分析) 松原平 – 行動分析学研究, 1995 – jstage.jst.go.jp 施設 に 居住 して い る 32名の知的 障害 を持つ 人々 の要求言語行動 の表 出に 関 して 、彼 らの
要求知 的障害者の 入所更 生施設で は、ノ ー マ ラ イぜ 一シ ョ ン や QOL の 福祉 理 念に 基づ
い て、 対象者 対象者は、知的障害者 入 所更生施 設の 女性居住 棟の 全入 所 者 32名で あ る。 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/8/1/8_KJ00001021492/_article/-char/ja/
知的障害児の母親を対象とする心理的マルトリートメント測定尺度の開発 李仙恵, 朴志先, 中嶋和夫, 黒木保博 – 日本保健科学学会誌, 2011 – jstage.jst.go.jp 知的障害児通園施設 12 ヵ所を利用する母親を対象に質問紙調査 を実施 した。知 広 島,山
Ll,奈良)の 知的障害児通 園施設 12カ 所 を利用 して い る世帯 の うち,あらか じめ 前記 施設 の
責任者 か らの 連絡 を受 けて 調査 に承諾 した母 親 を対 象に実 施 した。 前記 の 連絡 に あた っ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhsaiih/14/3/14_KJ00007729663/_article/-char/ja/
知的障害はいかに理解され概念化されてきたか–AAMR/AAIDD での議論を踏まえて (特集 知的障害と発達研究) 清水貞夫 – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp アメリカ精神遅滞学会 (AAMR) による知的障害定義・診断 (1961 年から 2002 年まで) を取り上げ
, 知的障害概念の変遷を考察する. 過去 41 年間, 知的障害の概念構成 3 要件 (低知能, 低適応行動
, 発達期での発現) は変化しないものの, 適応行動/適応スキル概念の曖昧さとその測定における…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007138079/
重複障害を持つ知的障害者の親の思いについて―在宅児通院治療を長期間続けた親の面接から― 望月まり, 秋山泰子 – 川崎医療福祉学会誌, 1999 – kawasaki-m.ac.jp ,知的障害でてんかん,自閉症などを持つ重複障害児を医療機関に通院治療しなが ら育てた親が
,現在どのような生活・心理状態にあるのかを知り,生涯支援のあり方を検討する目 的で行った.対象
の家族は21例,「子」の平均年齢は34.1歳,親の平均年齢は父親65.3歳,母親 63歳,通院期間は …
http://www.kawasaki-m.ac.jp/soc/mw/journal/jp/1999-j09-2/09_2_1244.pdf
知的障害特別支援学校における教育課程に位置付けたプログラミング教育 山崎智仁, 水内豊和 – 人間発達科学研究実践総合センター紀要, 2019 – toyama.repo.nii.ac.jp 爲 川(2018)は 2017 年 10 月現在での知的障害特別支援学 校中学部・高等部における場で知
的障害児を対象に し、かつ小学部段階でのプログラミング教育を実践した ものとしては、山崎・水内
(2018A; 2018b)がわずかに 見られるのみである。したがって、特別支援学校、とり わけ知的障害特別…
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=17493&item_no=1&page_id=32&block_id=36
 知的障害児のリズム反応における歌唱教材の活用 齋藤一雄 – Bull. Joetsu Univ. Educ, 2004 – core.ac.uk 1 対象児 小学校知的障害特殊学級に在籍する1〜5年生の3人を対象とした (表1)。 この学級の
児童は、学校や学級の生活には慣れてきたが、まだまだ、自分で表現する活動に おいて自信をもっ
た表現は少なく、表現方法も3歳台〜6歳台の発達段階にあり、幅広い実態 がみられる。しかし、音楽…
https://core.ac.uk/download/pdf/147816281.pdf
知的障害者入所更生施設において多飲行動を示す自閉症者に対する PECS を用いた支援の効果 村本浄司, 園山繁樹 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp そ こ で 本研究で は 、知 的障害者人所更生施設に お い て 多飲行 動等を示 す 自閉症者 1名
に対 して、施設に お 対象者は、自閉症の 診断を受 けた最重度の 知的障害 を有す る 28 歳 (研究
開始時)の 男性 A さ んで あっ A さん は、知的障害者更生施設 B 園の強度行動障害処 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/2/48_KJ00007226262/_article/-char/ja/
知的障害児 (者) のスポーツ・レクリエーション活動と生活の質 (QOL) に関する研究: 性別による活動群と非活動群からの比較検討 金子勝司, 南條正人 – 2007 – kyoei.repo.nii.ac.jp 療育手帳 B の軽度知的障害児(者)153 名を調 査対象とし、「日本版 QOL 質問紙簡易版」を用い
て知的障害児(者)本人へインタビュー 調査を実施した。性別によるスポーツ・レクリエーション活動の
活動群と非活動群を比較 し、知的障害児(者)の生活の質(QOL)を分析した。また、知的障害児(者)…
https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=202&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 < 重度知的障害者> とケアの分配について:「何の平等か」 に関する一考察 田中耕一郎 – 北星学園大学社会福祉学部北星論集, 2012 – hokusei.repo.nii.ac.jp すると仮定される合理的理性という属性を連帯規範の主体である人間の基本的属性に据えたが
故に,< 重度知的障害者> をその理論的射程から排除する結果を招いた (田中 2009).< 重度知的障害
者> に対する社会的支援の根拠を 「自由の実現」 や (近年の福祉政策的タームを使えば)「自立支援」 …
https://hokusei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=915&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
知的障害児の示す問題行動の機能アセスメントに関する研究: 先行事象の操作場面におけるアセスメントの事例的検討 小笠原恵, 櫻井千夏 – 特殊教育学研究, 2003 – jstage.jst.go.jp  東 京学芸 大学 障害児 教育 学科 ” 東京都港区立港南小学校 1.対象 児 本児は 、12 歳 3
か 月の 知的障害 を有す る女児で あっ た (199x 年 5 月現在)。 児の ほ か に 、3 名の 知的
障害 を伴 う子 ど も と 4 名 の 大 人が 参加 した 。 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/41/4/41_KJ00004953125/_article/-char/ja/
教育実習での知的障害のある児童・生徒との関わりによる授業・教師・子どもイメージの変容 立石力斗 – 日本教育工学会論文誌, 2018 – jstage.jst.go.jp では様々な障害種の子どもが在籍している.本研究で は,特別支援学校に最も在籍が多い知的
障害のある児 童・生徒を対象に教育実習を行った教育している.知的障害のある児童・生徒が主体
的に学習 に参加することができるような授業づくりの経験が, 「楽しさ」イメージの上昇に関係しているの…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjet/42/Suppl./42_S42100/_article/-char/ja/
 知的障害児・者における抑制機能の特徴と支援 池田吉史, 奥住秀之, 國分充 – 知的障害児のプランニングと抑制機能の …, 2014 – u-gakugei.ac.jp 知 的 障害 児・者 に お いて は, しばしば 注意 や 行動 の コントロール の 困難 が 指摘 され て
いる。 これら の 困難 の 背景 として, 抑制 機能 (inhibition, inhibitory control) の 障害 が 注目 され
て いる。 本稿 では, 知 的 障害 児・者 の 抑制 機能 の 特徴 と その 支援 に関する 研究 について …
http://www.u-gakugei.ac.jp/~graduate/rengou/kyouin/news/data_kouiki_h25/05.pdf#page=15
 知的障害者の地域生活の実態に関する調査研究 水内豊和, 武藏博文 – 2008 – toyama.repo.nii.ac.jp それから、 10年以上が経過し、富山県においても、 知的障害養護学校は増え、高等部在卒業した
知的障 なお、平成17年度版知的障害児(者)基礎調査では、 知的障害者のうち在宅は419,000人
(77%)、施設 入所は 128,000人 (23%)と推定されている。しか し同基礎調査では障害の程度ごとに…
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1039&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
 思春期知的障害者の思春期における教育支援と行動上の問題に関する調査研究: 養護学校中学部実態調査による検討 清水直輝, 橋本創一, 霜田浩信, 菅野敦 – 2006 – core.ac.uk 知的障害養護学校中学部に在籍する生徒は,ライフ ステージの観点からみると,思春期にある知
的障害者 である。思春期における知的障害者本人を取り巻く環 境は,対人関係の拡大,家庭での
役割の変化,社会的 な場への関与の機会の増加,生活範囲の拡大により, 周囲の環境に大きな変化 …
https://core.ac.uk/download/pdf/15924933.pdf
知的障害者グループホーム・生活ホームにおける支援に関する研究 小松聖司 – 社会福祉学, 2002 – jstage.jst.go.jp 本稿は,(1) 知的障害者生活ホームにおける参与観察記録の提示,(2) 参与観察記録から生成された
カテゴリーがニーズ実現のプロセスに及ぼす影響の考察,(3) 生活への満足感を高めるための支援
の方針の考察, を目的とした. 参与観察記録を分析した結果,「ニーズの実現を遮る要因」(サブ…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/42/2/42_KJ00006852762/_article/-char/ja/
 知的障害児・者における衝動型-熟慮型の認知スタイル 平田正吾, 奥住秀之, 北島善夫, 細渕富夫, 国分充 – 2012 – core.ac.uk 認知スタイルと類似し、知的障害児・者 の運動と認知の背景に領域横断的な遂行特性が存在する
可能性を指摘した。しかし、知的障害児・者の運動遂行 本稿は、こ うした研究の背景を踏まえ、知的
障害児・者の運動遂行 と認知スタイルの関連を探る試みの第 1 段階として、知 的障害児・者における…
https://core.ac.uk/download/pdf/15925679.pdf
ダウン症児の発話の調節能力の特徴―非ダウン症知的障害児との比較― 高木潤野, 伊藤友彦 – 特殊教育学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 児および非ダウン症知的障害児各 16 名を対象とした. 発話の調節課題の結果, ダウン症児群は非
ダウン症知的障害児群と比較して, 声の大きさの調節については差がみられなかったものの, 発話速度
の調節課題の成績は有意に低かった. このことから, ダウン症児は, 非ダウン症知的障害児と比較し…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/3/49_229/_article/-char/ja/
知的障害児におけるパソコン描画ソフトを利用した絵画イメージの変化 天岩静子 – 2014 – kyoei.repo.nii.ac.jp 一般的に、知的障害児の絵は発達的に遅れた絵となることが特徴的で、その遅れは精神 的な遅滞
の程度と関係している(ワロン,2005)。本研究の対象児は、発達的には図式期 にあたると思われ
、描画ソフトの助けを借りて彼が描いた作品は、上記の図式期の絵の特 徴を備えていた。つまり、様々…
https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=132&item_no=1&page_id=13&block_id=21
学校生活への参加が苦手な知的障害を伴う自閉症児の意思を尊重した支援 岡本邦広 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 本研究 で は、学校生活全般 に参 加す る こ とが困難な知 的障害を伴 う 自閉的傾向 の ある生徒
A 児 に 対 して、A 児 の 意 思 を尊重 し、 A 児 と例 えば、その 具体例 として 、坂 本 (2002 ) は
、学校生活 へ の 参加が苦手 な重度知的障害を伴 う発達障害児に 対 して、本人 が作業学習に強い …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/2/47_KJ00006395808/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校中学部における地域と協働する職業教育の研究 名古屋恒彦, 田村英子, 中館崇裕, 熊谷佳展, 岩渕昌文- 2012 – iwate-u.repo.nii.ac.jp 佐賀県は知的障害・肢体不自 由特別支援学校、石川県は小学校特別支援学級(知 的障害、肢体
不自由、自閉症・情緒障害)、他の 4校はいずれも知的障害特別支援学校である。 本研究で初めて
参観を行った石川県特別支援学 級では、エコキャップ回収を展開していた。特別 支援学級が中心と…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=10925&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者グループハウジングの居住水準向上に関する研究‐ 鈴木義弘, 本間敏行 – 住宅総合研究財団研究年報, 2004 – jstage.jst.go.jp 北欧 4 ヶ国の知的障害者グループハウジングを対象に, 平面計画上の特徴と面積水準の規定要因
を明らかにし, 加えて, 国別の違いが大きく認められる居住者の住生活の状況について, 空間的条件
とスタッフによるケアとの関わりを含めて分析・考察をおこなった. 個の領域確保とノーマルな生活の…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jusokennen/30/0/30_0213/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校中学部における地域と連携した持続可能な職業教育の研究 名古屋恒彦, 田村英子, 中館崇裕, 藤谷憲司, 石川則子- 2013 – core.ac.uk の発展に伴うライフステージ全般での職業教育の在り方を考える上では, 中学部段階での職業教育
の検討は重要であり, 一連の附属先行研究の今日的意義は大きい. そのような中で, 作業学習は戦後
初期より中学校特殊学級を中心に発展してきた指導形態であり, 知的障害教育における職業教育の…
https://core.ac.uk/download/pdf/144250428.pdf
 知的障害者に対する成年後見制度の運用について 岩田香織 – 静岡県立大学短期大学部研究紀要第 18-W …, 2004 – oshika.u-shizuoka-ken.ac.jp 社会的支援の基礎となる「知的障害」の理解のされ方は時代とともに変遷する。 近年の知的障害
理解には、知的障害に関して 1876 年の創立以来、知的障害の理解、 定義、分類において斯界を牽引
するアメリカ精神遅滞学会(AAMR;American Association on Mental Retardation)の第 9 版定義…
https://oshika.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/18w3.pdf
入所施設から地域へ: 知的障害者の入所施設設立が 20 世紀前半と後半の国との比較 渡辺勧持 – 社会福祉学, 1997 – jstage.jst.go.jp The function of residential institutions for persons with intellectual disabilities in order to
facilitate community living is discussed through a comparison between two different groups of
countries. The first group consists of countries that established residential institutions in early …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/38/2/38_KJ00006852556/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校中学部における地域の産業・専門家と連携した職業教育の研究 名古屋恒彦, 名須川美智子, 中館崇裕, 熊谷佳展- 2011 – iwate-u.repo.nii.ac.jp しかし、知的障害養護学校に高等部が設置され たのは 9 年であり、知的障害教育で職業教育が
活発化した 9 0年代の実践は中学段階における実 践この ことは教育活動の生活化を指向する知的
障害教育 の視点から ESD が自然かつ実際的に展開された と見ることもできよう。 ところで、附属先行…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=10959&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害者の 「親なき後」 問題への成年後見制度の活用 北谷優輔 – 立命館法政論集, 2013 – ritsumei.ac.jp すなわち,知的障害とは物事の理解や判断に困難を有する障害であり, 発達段階に発症する
障害であるからである。 精神障害や認知症(高齢性認知障害),発達障害支援法に規定された自 閉
症等の「発達障害」,高次脳機能障害と同様に,運動や視聴覚に困難が あるのではなく,認知や …
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/hosei-11/kitatani.pdf
 知的障害者における選択機会の効果に関わる文献的考察 村中智彦 – 上越教育大学研究紀要, 2002 – core.ac.uk 障害種では、文献に記載された診断名で分類する と、知的障害者 (精神遅滞を含む) であった文献
は12編、自閉症・情緒・行動障害者は7編, 重複障害者(知的障害と運動障害)は3編、知的障害者と
自閉症者の両者を含んだものは2編。 学習障害者が1編、注意欠陥多動障害者及び知的障害者の…
https://core.ac.uk/download/pdf/147816231.pdf
 知的障害者家族にみる日常生活を維持する力――M-GTA によるプロセス研究 得津愼子 – 関西福祉科学大学紀要, 2010 – fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp 2.データの収集方法と範囲 X 福祉会(知的障害児者通園施設、生活介 護事業所、障害者地域
生活支援センター、保育 園等)での知的障害者の親の聞き取り調査。X 福祉会は、保育所開所当初
から「家族支援」に 拘わりを持つ法人で、筆者は職員や親の会の研 修講師・コンサルテーション等で非…
https://fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=215&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
 知的障害特別支援学校児童生徒の日常生活を支える食育 村上富美子, 梅原清子 – 高等部卒業後の食生活に関する自立をめざして …, 2009 – core.ac.uk 卒業後の自立した社会生活を視野に入れている高等部を中心に, 附属特別支援学校における食育
の取り組みについて報告する. 学校給食を食育の生きた教材として機能させるいっぽう, 栄養教諭と
担任教諭等との連携のもと, 生徒の現実に即した食の多様な授業実践を展開した. そこでは, 個々の…
https://core.ac.uk/download/pdf/198554560.pdf
臨床型別に見た知的障害児のおぼん運び課題 平田正吾, 奥住秀之, 北島善夫, 細渕富夫, 国分充 – 2010 – core.ac.uk その他の知的障害児26名(暦年 齢14.8±1.4歳,IQ47.7±11.6)を対象としておぼん運び課題と
通常歩行課題を行った結果,ダウン症児のおぼん運び 課題の所要時間は他の自閉症児の成績
は,そ の他の知的障害児と大差なかった。通常歩行と比較しながら,知的障害児各群の運動遂行 …
https://core.ac.uk/download/pdf/15924929.pdf
生活施設における知的障害のある人の自己決定の構造: 担当支援職員による質問紙に対する回答を基に 與那嶺司, 岡田進一, 白澤政和 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp て は, 知的障害の ある人の 自己決定の構造お よび特徴につ い て検 討するこ とを 目的と した
. そ こ で大阪知的障害者福祉協会に加盟 してい る施設等で生活する知的障害の ある人 を対象 と
した郵送調査 を実施 し,質問紙 には本人の 担当支援者 に回答 を依 頼 した.そ の ため,調査 方 法…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/49/4/49_KJ00006853195/_article/-char/ja/
 近藤益雄の知的障害教育の教育課程に関する考察 張穎槙 – 人文学報, 2004 – tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp 近藤は知的障害児に は教育の可能性があり,知的障害児と普通児の教育は同じであるという教育
ところが1963年まで知的障害者を教育する養護学校(以下知的障害養護学 校と称する)の学習指導
そ の後,知的障害養護学校においても同様な規定がなされ,知的障害教育は柔軟 な教育課程を…
https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=956&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
知的障害者が従事する作業の実態調査–予備的作業分析 高橋誠, 井戸啓介, 飯田祐康, 細田聡 – 労働科学, 1997 – ci.nii.ac.jp A field study was conducted to analyze the job content of mentally retarded workers. The work
being done by 73 mentally retarded workers was monitored in 50 undertakings, together
with interviews of their managers and monitoring of work done by other workers. Video …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120005647714/
 知的障害特別支援学校におけるキャリア教育の実際 (2) 上川達也, 小山聖佳, 名古屋恒彦, 高橋縁, 安久都靖- 2019 – core.ac.uk 知的障害教育では,子ども主体の学校生活を 実現し , その過程で子どもたちが自立的生活力を
高め , 豊かな育ちを実現していく , 実践の良き伝 統があること3)から両者の親和性は高い。 このよう
な知的障害知的障害を対象とする岩手大学教育学部附属特 別支援学校(以下,本校と記す)では,…
https://core.ac.uk/download/pdf/196214550.pdf
知的障害者の外出環境整備に関する研究 外出行動特性の分析による阻害要因の把握と整備課題について 鈴木義弘, 片岡正喜 – 都市計画論文集, 1997 – jstage.jst.go.jp 区分としても用いられてきたため、近年その混乱による修正と して障害区分を f知的障害」とし、’症候
を「発達遅滞」あるいは「精神 遅滞することが一般障害を総称して、本稿では「知的障害」と呼称し
、行政上の用語、 引用文献などに限って「精神薄弱」を用いる。 I (3) 1968年のWHO試案であり、障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalcpij/32/0/32_577/_article/-char/ja/
 知的障害者施設において虐待が発生する背景 重岡修 – 山口県立大学社会福祉学部紀要, 2008 – l.yamaguchi-pu.ac.jp はじめに 平成17年4月26日に山口県に情報提供があり、 知的障害者更生施設U園で、平成10年
から平成17 年3月まで、累計5人の職員が6人のまた、平成17年9月16日に、知的障害者更生施
設及び知的障害児施設R園では、法人から県に週 刊誌に虐待に関する記事が掲載されているとの連 …
https://www.l.yamaguchi-pu.ac.jp/archives/2008/socialwelfare/02_shigeoka.pdf
知的障害者の図書館利用を進めるための LL (やさしく読める) 図書館利用案内 (現場からの提言) 藤澤和子, 河西聖子 – 図書館界, 2012 – jstage.jst.go.jp 日本の 障害者サ ービ ス は,1971年の 全国図書館大 会で 視覚障害者読書権保障協議会が
配布 した 「視覚 障害者の 読書環境整備 を :図 書館協 会に訴える」 と い うア ピール 文を契機に,視覚
障害者を中心 に進め られて きた と考 えられ る。 には,「精神障害や 知的障告:,学習障 害 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/toshokankai/64/4/64_KJ00008328857/_article/-char/ja/
知的障害を有する自閉症児におけるネット式レストレーナーを活用した行動調整法の有効性の検討 立川義博, 石井光治, 山座治義, 野中和明 – 小児歯科学雑誌, 2009 – jstage.jst.go.jp 知的障害児の協力状態の習得はこのような閾値に達 してくるようである。ところが知的障害の
ある自閉症児群(以下 AUT 群と略 す;63 名)と自閉傾向のない知的障害児群(以下 MR 群と略す;27
名)とした。知的障害の程度別割合は, 両群ともに約 90%が重度,残り 10%が中等度であり, ほぼ…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd/47/5/47_732/_article/-char/ja/
 知的障害養護学校における視機能評価についての調査研究 板谷安希子, 尾崎久記 – 茨城大学教育実践研究, 1999 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp キーワード:視機能,視力,視覚認知,知的障害養護学校,アンケート調査 知的障害養護学校に在籍
する児童生徒の学習条件を整備していく上で,視(3)知的障害児の視力評価における工夫と問題
点 本調査から,養護学校における視力検査には絵視標がよく用いられていることが明らかになった が…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17217&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 知的障害のある人の自己決定とその関連要因に関する文献的研究 與那嶺司 – 生活科学研究誌, 2009 – dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp 改革、そして2003年にスター トした「障害者の自己決定を尊重し、利用障害者自立支援法におい
ても、知的障害のある人への生活支援において自己決定 という考え方が重要な役割を果たすといえる
。障害者自 立支援法の制定に寄与し、社会保障審議会の障害者部会 長を長年務めた京極”も、障害…
http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/DBl0080013.pdf
成年後見制度における支援内容の検討–知的障害者支援に基づく一考察 岩田香織 – 紀要: 東海大学健康科学部紀要, 2005 – ci.nii.ac.jp 成年後見制度における後見活動について, 研究対象を,「知的障害者に対する後見類型の第三者
後見人による後見活動」 として, その内容と質の検討を行った. 特に, 法改正によって成年後見制度に
強調された身上監護を, 生活支援の観点から検証し, その評価基準と実践課題の整理を行った. また…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006454901/
知的障害養護学校小・中学部に在籍する児童・生徒の視機能評価の実態に関する研究 石川富美, 鳥山由子, 石川富美, 鳥山由子 – 心身障害学研究, 2002 – ci.nii.ac.jp しかし,知的障害児の場合,視力検査の実施が困難な子どもが多いことが推測される.そこで,本研究
では,2000年9月に,全国の知的障害養護学校518これは,知的障害養護学校の視力検査に関する
初めての全国調査である.回答を寄せた学校381校のうち90%の学校では視力検査のための事前指導…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120000843660/
知的障害者のスティグマ研究の国際的な動向と課題: 文献レビュー 米倉裕希子, 山口創生 – 社会福祉学, 2016 – jstage.jst.go.jp 要旨 :本研 究 は,知的障害者 の ス テ ィ グマ した.対象研究には ,尺度研究 横断研究,介入
研 究が含 まれてお り, 横 断研究の 対象は知的障害者本人,家族 精神障害者 と比 較し,知的障害
者の ス テ ィ グ マ に焦点 を当て た研 究は少 な く,国内 にお い て は ほ と ん ど な い .PubMed で …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/56/4/56_KJ00010251164/_article/-char/ja/
知的障害教育におけるキャリア教育と職業教育 (特集 改訂学習指導要領の論点) 尾高進 – 障害者問題研究, 2010 – ci.nii.ac.jp 知的障害教育におけるキャリア教育と職業教育 (特集 改訂学習指導要領の論点) Career and
近年,知的障害教育においても,キャリア教育を導入する動きが出てきている.キャリア教育の目的は,雇用
特に,知的障害児における技能の獲得がもつ意味がとらえられていない点での問題が大きい.総じて,…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007571636/
知的障害者の高齢化に対する親の意識–知的障害者の親達に対するアンケート調査を通して 三原博光, 松本耕二, 豊山大和 – 障害者問題研究, 2006 – ci.nii.ac.jp ただ、親達は、現在、将来の知的障害者の老後に不安を抱えながらも、知的障害者が年老いてき
たとは感じていなかった。また、知的障害者自身の親達が期待する高齢の知的障害者の生活場所
や人生の終焉の場所は、主に「自宅」、「グループホーム」「現在生活をしている場所」であった。親達は…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004858720/
 健常発達過程から見た知的障害者の手指運動 平田正吾, 奥住秀之, 北島善夫… – 東京学芸大学紀要 …, 2009 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 2.1 被験者 (1)知的障害者 弱視や難聴,麻痺等の感覚障害,及び運動障害のない 知的障害者
32名(男性18名,女性14名. 右利き23名, 左利き 被験者32名は全て一つの知的障害者更生施
設の利用者であり,CA や IQ,臨床型などの個人情報は 施設の個人記録表を参照した。知能検査…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30305&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
 ある知的障害児における文字・書きことばの習得過程の発達的研究: 知的障害 S 児の小学校 6 年間の縦断的研究から 渡辺実 – 花園大学社会福祉学部研究紀要, 2019 – hu.repo.nii.ac.jp 支援学級には、知的障害児や自閉 症児など様々な障害を持つ児童が、知的障害児にとっ て
受け入れやすく効果的な文字・書きことばの指 導とは言えず、書字学習の指導方法の在り方とし ては
今後の研究課題である。 知的障害児における文字習得の発達的研究とし ては、飯高(1993)が知的障害…
https://hu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=724&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害をもつ重複障害児の眼鏡装用開始時期 吉里聡, 志鶴紀子, 高橋広 – 日本視能訓練士協会誌, 2008 – jlc.jst.go.jp そこで、知 的障害 を持つ重複障害児の眼鏡装用 開始時期 を検討 した。対象は知的障害をもつ
18歳 未満の重複障 対象は、2000年4月 ∼2007年3月 の7年 間に、 当科を初診 した18歳未満(平
均6.1歳)の 知的障 害をもつ重複障害児の男児59名 、女児41名 の計 100名であり、5歳 以下が半数…
http://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00321479219?from=Google
長期間持続していた服濡らし・放尿の行動障害への包括的アプローチ: 知的障害者施設における実践を通して 黒木康代, 納富恵子 – 特殊教育学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 放尿の 行動障害を 8 年間に わ た り示 して い た 、知 的障害者入 所 更生施 設 の利用者に対 し
行 っ 野 冂 ・ 小林 (2000) は、 知 的障害者通所施設 に在籍す る 自閉症青年に対 し、こ だ わ り
を利 用 した 作業や て 排泄行 動の 問 題 を示 し て い た 強度行動障害者に 対 し、排泄行動形成 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/1/43_KJ00004953394/_article/-char/ja/
重度知的障害のある ASD 児に対する要求場面および反応型共同注意場面における視線移動の指導法の検討 青木康彦, 野呂文行 – 特殊教育学研究, 2020 – jstage.jst.go.jp 本研究では, 重度知的障害のある ASD 児を対象に, 要求場面, 反応型共同注意場面のそれぞれの
場面ごとに適切な強化子を使用した視線移動を指導し, その効果を検討した. 要求場面の視線移動
の指導では, プロンプト, プロンプト・フェイディング, 分化強化を使用し, 反応型共同注意場面の視線…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/58/2/58_97/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校高等部における軽度知的障害及び発達障害生徒への性教育に関する文献検討 井澤信三, 大江孝則, 谷川毅, 村松宏記, 原康行- 2020 – 52.197.196.111 軽 度知的障害・発達障害のある生徒の増加と社会の変化に 対応するために、性教育の必要性は
高まる一方、知的障 害特別支援学校高等部での性教育次に、知的障害特別支援学校高等部に焦点
をあ て、知的障害特別支援学校高等部における性教育のカリ キュラムの実際、及び性教育の授業の…
http://52.197.196.111/dspace/bitstream/10132/18598/1/AA1198478905600009.pdf
生活施設における支援環境と知的障害のある人の自己決定との関連: 担当支援職員による質問紙に対する回答をもとに 與那嶺司, 岡田進一, 白澤政和 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp い て検討す る こ とを 目的 とした.そ こで,大 阪知 的障害 者福 祉 協 会 に加 盟 して い る施設 等
で 生活 する 知 的障害 の あ る人 を対象 と した加えて ,知 的障害の あ る人 の 自己決定に関連
す る要因 を,支援環境お よび 知的障害の あ る人 の 個 人的要因 か ら検討する ため ,因子分析…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/50/3/50_KJ00006628680/_article/-char/ja/
 知的障害者の加齢変化の特徴と支援課題についての検討 植田章 – 福祉教育開発センター紀要, 2016 – archives.bukkyo-u.ac.jp 知的障害者の高齢期の生活を地域で支える取り組みには、高齢社会における障害者問題の固 有の
、知的障害者の高齢期の支援プログラムを開発することを目的に収集した 事例を通して、知的障害
者他「障害者支援施設における 65 歳以上の知的障害者の実態に関する研究」国立重度知的障害 …
https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/FC/0013/FC00130L041.pdf
知的障害特別支援学校高等部の軽度知的障害教育課程を履修する生徒の情緒および行動上の課題に関する研究 小畑伸五, 武田鉄郎 – 特殊教育学研究, 2017 – jstage.jst.go.jp また、知的障害特別支援学校在籍者 のうち、知的障害の程度が軽度(以下、軽度知的障害) と判定
高等部では知的障害の程度が中度、軽度の在籍 者の割合が 6 割を占めており、障害程度別の
そういった中で、軽度知的障害のある生 徒が在籍する知的障害特別支援学校高等部では、生徒 指導…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/55/2/55_85/_article/-char/ja/
通常学級における学級全体への支援と個別支援の組合せ――発達障害・知的障害児童を含む学級全児童の学習準備行動への効果―― 岩本佳世, 野呂文行 – 行動分析学研究, 2018 – jstage.jst.go.jp A 校には自閉症・情緒障害 特別支援学級(以下、自閉情緒学級)2 学級と知 的障害特別支援学級
(以下、知的学級)1 学級が 設置されていた。自閉情緒学級と知的学級に在籍 する児童が通常学級
に交流及び共同学習(以下、 交流)を行う時間の一つに、朝学習の時間があっ た。朝学習は毎日行…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/32/2/32_138/_article/-char/ja/
知的障害児の美術表現と施設職員の鑑賞教育 伊勢正明, 首藤晃 – 帯広大谷短期大学紀要, 2015 – jstage.jst.go.jp 本稿は、訓練を中心とした従来の知的障害児の療育に対して、最近、進んできている社会や 制度
における障害の捉え方の変化、診断基準の変更、障害からアー ル・ブリュットについて言及し、知的
障害児が制作した作品に対して、その内面から生じる 衝動を見出し得る障害児施設職員の知識・技能・…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/oojc/52/0/52_KJ00009741619/_article/-char/ja/
 知的障害のある人たちがスポーツ活動に参加する理由 田引俊和, 松本耕二, 渡邊浩美 – 北陸学院大学・北陸 …, 2013 – hokurikugakuin.repo.nii.ac.jp 具体的には,知的障害者のス ポーツ活動を支援しているスペシャルオリンピッ クス日本(以下,SO日本
)組織を対象に,知的 障害がある選手(アスリート注2))のスポーツ活 動への参加理由に関して分析
を行なう。 なお,本来なら知的障害がある当事者を対象 に,直接その参加理由や真のニーズ,…
https://hokurikugakuin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=199&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害児・者と高等学校バスケットボール部における交流及び共同学習に関する実践的研究 細谷一博 – 北海道特別支援教育研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 《要 旨 本研究は, 高等学校バスケットボール部の生徒を対象に,知的障害 の交流活動が,知的 児
・者と 障害児・者へのイメージや態度に及ぼす影響について明らかにし,高等学校段階における交流
及び 共同学習の効果的な実施方法について検討した.その結果,交流実施前と実施後では,知的障害児…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsneh/5/0/5_35/_article/-char/ja/
生活をまわす/生活を拡げる 知的障害当事者の自立生活への支援から 三井さよ – 福祉社会学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 本稿は,多摩地域における知的障害当事者の自立生活への支援活動を通 して,当事者の意思を
中心にしようとするとき,支援者がどのような諜題 に直面し,いかにして自らを支援者として問い直す
かを明らかにしようと するものである. 知的障害の当事者による自立生活を支援しようとするとき生活を…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jws/7/0/7_118/_article/-char/ja/
日本と中国の知的障害養護学校における選択行動形成支援に関する比較検討: 日本の関東圏 3 都県と中国の都市部 6 地域を対象に 裴虹, 園山繁樹 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 知的障害 の 児童 生徒を対象 とし、養護学校の 食事場面 と遊び場 面 にお ける、自己選択行動に
関す る調査 を実施 して い る。また、長澤 (2003)で は、重度知的障害 や重度身 体障害い て、
障害児教 育 を専 門 とす る大学教員 2 名 (目本 1 名、中国 1 名)、 お よび知的障害養護学校教員 4 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/1/47_KJ00006395764/_article/-char/ja/
 特別支援学校における知的障害をもつ生徒の問題行動に対する行動コンサルテーションの効果 鈴木ひみこ, 米山直樹 – 臨床教育心理学研究, 2011 – kwansei.repo.nii.ac.jp 参加者 (1) クライエント (以下よりA子とする) A子は本研究開始時、特別支援学校の中学部に
在籍 していた知的障害のある12歳11ケ月の女子1名であっ た。生後4 ケ月時に、染色体異常18トリソミー
の診断 を受けていた。10歳時に実施した新版 K式発達検査の 結果は、姿勢運動 DQ18・DA2歳4…
https://kwansei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14569&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者の通所授産施設における面積と用途構成の分析: 知的障害者施設整備の適正化に関する研究 その 2 鈴木義弘, 片岡正喜, 吉田美登子 – 日本建築学会計画系論文集, 1998 – jstage.jst.go.jp scate , Parti‘iPation in society 障害者,知的 障害,授産 施設,用途構成,適正 規模.社会参加
現 時点で 考えられ る知的障害者の 通所施 設の 存在意義 ・活 動形態 を集約する と、次の 各項
い な い こ と も挙 げられ る e 施設に お ける利用者の 障害程度や 社会経 済状 勢 ・受容環境の 変化…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/63/510/63_KJ00004222699/_article/-char/ja/
重度知的障害者が求める地域生活支援の視点とは: パーソン・センタード・プランニングにおけるアセスメントの質的分析から 古井克憲 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp 本稿の目的は, 重度知的障害者の地域生活における 「希望」 と 「困難」 を明らかにすることによって
, 重度知的障害者が求める支援の視点を提示する以上の分析結果から, 重度知的障害者の地域
生活における 「希望」 と 「困難」 は, 密接な関係にある. したがって重度知的障害者が求める地域生活…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/49/4/49_KJ00006853198/_article/-char/ja/
知的障害児・者施設支援員の精神的健康維持策について: 職業性ストレスモデルの枠組みにおける仕事のコントロール度の緩和効果の視点から 森本寛訓 – 社会福祉学, 2007 – jstage.jst.go.jp , 知的障害児・者支援員の精神的健康維持策について, 職業性ストレスモデルの枠組みによる仕事
のコントロール度の視点から検証することであった. 175 人の知的障害その結果, 知的障害児・者
支援員の職場ストレッサーは職務量の多さ・職務の質的困難さという職場ストレッサーを中心にして存在…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/47/4/47_KJ00004557911/_article/-char/ja/
知的障害児および健常児における自己意識の発達: 自己の変容に対するイメージと理想の自己イメージの関係 徳永英明, 田中道治 – 特殊教育学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp 知 的障害児お よ び健常児の 自己意識に つ い て 、自己 の 変容に対す るイ メ ー また 、幼 児
、児 童 お よび知的 障害児 の 自己意識 に 関 す る研究 は、 自己形 成が 重 要 な課題 とな るII.方
法 1.対 象 児 (1 )知 的 障害 児 群 : K 県の 知 的 障害 養護 学校 中学部 お よび高等部 に在 籍 す …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/42/1/42_KJ00004953235/_article/-char/ja/
 知的障害者の離職から再就職についての一研究 中嶋学, 渡邉健治, 田中謙 – 2013 – core.ac.uk 機関 まず対象者100ケースから得られた支援機関を,知 的障害者就労支援研究報告書『福祉,教育
,労働の連 携による知的障害者の就業・生活支援』における支援 機関のカテゴリー分類を参考に「就労
支援機関」「生 活支援機関」「医療支援機関」「特別支援学校」の 4 つ に類型化した(東京都社会福祉 …
https://core.ac.uk/download/pdf/15925638.pdf
知的障害者への自立生活行動の形成 津田耕一 – 行動療法研究, 1996 – jstage.jst.go.jp 知的 障害者が地域社会で 自立 生活 を営むた め に は自 立生 活行動 ス キ ル の修 得が不可決
で , ク ラ イエ ン ト : 障害者通所作業施設 に通所 して い た当時 47歳の 男性で , 脳性小児マ ヒ
後 の 関節 機能の 著 し い 障害 (身体障害者手帳第 2 種 6 級) を伴 う, 中程 度 域 知 的 障 害者 (…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjbt/22/2/22_KJ00008937764/_article/-char/ja/
イギリスのソーシャル・インクルージョンと知的障害者 (特集 脱施設化とインクルージョン社会) 木戸利秋 – 障害者問題研究, 2004 – ci.nii.ac.jp その中で知的障害者の地域生活の可能性が確認されるとともに, その問題点に関わる諸課題もまた
明らかになったことを紹介している. 第二に, ソーシャル・インクルージョンの登場の背景について, 当時
の社会問題, エクスクルージョン概念, ブレア労働党の政治理念の角度から明らかにしている. その…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110001056719/
知的障害児の体育科 「立ち幅跳び」 指導における ICT 活用の有効性 水内豊和, 青山真紀, 山西潤一 – 教育情報研究, 2018 – jstage.jst.go.jp 知的障害を伴う自閉症のような個々の生徒の特性が大きく異なる障害児の集団に対して授業において
どのように ICT 活用をはかるかについて検討することは重要な課題である. 本研究では, 知的障害
これらの結果を踏まえて, 自閉症を含む知的障害児を対象とした体育科における ICT 活用の有効性…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsei/33/3/33_15/_article/-char/ja/
滋賀県における 「強度行動障害」 への支援の現状と課題 (特集 自閉症・知的障害等の 「強度行動障害」) 石井裕紀子 – 障害者問題研究, 2005 – ci.nii.ac.jp 滋賀県における強度行動障害を示す児・者の実態調査および重症児施設の精神科外来診療から,
その実態と支援の現状および課題を検討した. 行動障害の要因には発達障害が深く関わっており,
形成過程の理解においても発達的視点を要するという認識のもと, 各ライフステージごとに実態を分析…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110001181317/
 知的障害児に対するドラマ活動の実践: コミュニケーシ 鳩山裕子, 猪狩大樹, 廣木聡, 正保春彦 – 2017 – core.ac.uk 本稿では,知的障害のある中学部生徒が,衣装や着ぐるみを着 てドラマ活動をすることで,コミュニケーション
能力や社会性が向上したことを報告するしかし,日本の学校教育において,知的障害のある
子どもたちに対するドラマ活動の体系的な取 り組みはほとんどない。本稿で,知的障害のある中学…
https://core.ac.uk/download/pdf/132268898.pdf
 知的障害教育における教科内容 浦﨑源次 – 群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 2010 – gair.media.gunma-u.ac.jp 『特別支援学校小学部・中学部学習指導要領』(以下 『学習指導要領』 と略記する) において, 視覚
障害教育, 聴覚障害教育, 肢体不自由教育, 病弱教育の 4 領域における各教科については配慮事項
が記述されているのみであり, 各教科の目標や内容は小学校・中学校の学習指導要領に従うことに…
https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/5099/1/10_Urasaki.pdf
軽度知的障害児に対する代表例教授法を用いた栄養教育の開発 (第 3 報): 学習の促進要因の検討 伊藤圭子 – 日本家庭科教育学会誌, 2005 – jstage.jst.go.jp 伊藤 :軽度知的障害児に 対する 代表例教授法を用い た栄養教育の 開発 (第 3 報〉 軽度知的
障害児に対す る栄養教育の到達 目標を, 軽度知的障害児の 実態に 基づ い て ,「栄養的に バ ラ
ンス の よい 一食分 の 食事を 自分で 選択で き る」 とし,代表例教授法を適用 した授業モ デル を開発 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjahee/48/1/48_KJ00003462080/_article/-char/ja/
知的障害者の通所授産施設における利用者行動特性と平面構成の分析: 知的障害者施設整備の適正化に関する研究 その 3 鈴木義弘, 片岡正喜 – 日本建築学会計画系論文集, 1999 – jstage.jst.go.jp This paper is aimed for to get the principle of planning on the industrial training facilities of the
intellectual disabled person, by research on the working activities and rest-hours behavior.
The working activities is analyzed at the points of view from the characteristics of behavior …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/64/520/64_KJ00004225456/_article/-char/ja/
 知的障害教育における 「教育課程 2 重構造論」 の課題 名古屋恒彦 – 2002 – iwate-u.repo.nii.ac.jp 通常の教育において学習指導要領の最大の改訂点である,「総合的な学習の時間」 も障害教育の
これらの改訂点の記述の他に, 新解説書には, 知的障害教育の教育課程の特徴として, 従来の解説書
で指導方法のあり方を大きくとらえ, 教育課程に位置づける教育課程 2 重構造論は, 知的障害教育…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_action_common_download&page_id=13&block_id=21&item_id=10797&item_no=1&attribute_id=36&file_no=1
成人期知的障害者の居住形態の違いによる肥満の現状と課題 川名はつ子, 吉宇田和泉 – 日本保健福祉学会誌, 2014 – jstage.jst.go.jp 本研 究で は、成人 知的障害者の 肥 満の 現状 を把握 し、課題 を検討す る こ とを目的 とした。
方法 首都圏の 知 的 障害者入所 5 施設の 利 用者 成人 知的障害者に も同様 の こ とが考 え られる
が 、 高度肥 満の 知 的障害者に お い て 、減量に成功 し、 そ の 後 体 重 維 持 が で きた と い う…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hwelfare/20/2/20_KJ00009328345/_article/-char/ja/
 知的障害を持つ人のセルフ・アドボカシー促進プログラム 三谷嘉明, 古屋健 – 名古屋女子大学紀要 人文・社会編, 2004 – nagoya-wu.repo.nii.ac.jp ごく最近の 知的障害を持つ人への社会的態度や処遇の発達は彼・彼女の障害をもつ人たちが
毎日直面する差別の諸分類に対処するため、合衆国憲法第14修正を発動す ること、および通商を規制
することを含め、連邦議会の一連の権限を発動すること」と訳出し、 かつ解説を加えている。 知的障害…
https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1632&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害児のサマースクールに関する一考察 (その 2) 池本喜代正, 中村尚子, 池本真佐子 – 宇都宮大学教育学部教育実践総合 …, 2002 – core.ac.uk (6)多動領向のある広汎性発達障害児のケース 1)対象児の実態と行動上の特徴 本児は情緒障害
学級に通う小学2年生の男児 (以下,M児)である.障害種は,多動を伴った広 汎性発達障害で,中度の
知的障害を併せ有して いる.M児は,口数も多く話し言葉も多いわりに, 他者の言葉を理解することは…
https://core.ac.uk/download/pdf/80551563.pdf
知的障害特別支援学校に在籍する発達障害児の現状と課題–知的発達に遅れのない発達障害児の事例的検討 熊地需, 清水潤, 武田篤 – 秋田大学教育文化学部研究紀要 教育科学, 2011 – ci.nii.ac.jp This research study examined into the current conditions of children with developmental
disorders who are not mental retardation and enrolled in special support schools. The
objectives of this research are the following two: 1) Identification of the causes and reasons that …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110008434611/
コロニー Z の施設・地域生活における知的障害者の自己管理の機会についての一考察 鈴木良 – 社会福祉学, 2008 – jstage.jst.go.jp 地域生 活する知的障害者66人の 自己管理の 機会に関 して , 北欧や北米で は 1960年代後半
か ら,知的障害者 (以下,本人 と略記)の の 移住 を目指す 「地域移行」の 取 り組みが 展開 され た
.さ らに 2000年 の社 会福祉基 礎構造 改革以降, 「自己決定」や 「自己管理 」 は 知的障害福祉 政 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/48/4/48_KJ00006853084/_article/-char/ja/
知的障害児の自立に向けた学校における取り組みに関する一考察 髙橋裕, 松野毅彦 – 札幌大学総合論叢, 2015 – sapporo-u.repo.nii.ac.jp 生徒の増加,②産業構造の変化,③高度技術化等による 知的障害者に合う職種や職務の減少など
を挙げている。 知的障害養護学校高等部卒業生(2)北海道の知的障害養護学校高等部卒業生の
進路状況 北海道の養護学校高等部(知的障害が7割ほどを占める)を卒業した生徒の進路は,表 2…
https://sapporo-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=7234&item_no=1&page_id=13&block_id=17
 重度知的障害のある子どもを対象とした自己選択行動アセスメントマニュアルの作成 長澤正樹 – 新潟大学教育人間科学部紀要 人文・社会科学編, 2003 – niigata-u.repo.nii.ac.jp 要 約重度知的障害のある子どもの自己選択行動を教師が支援するために, 自己選択行動アセスメント
マニュアルと記録用紙を開発した. 対応マニュアルは以下の原則に従って作成された. 子どもの日常
生活全般にわたり最後に, 重度知的障害のある人の社会的自立と自己決定にっいて考察した. …
https://niigata-u.repo.nii.ac.jp/record/26935/file_preview/KG_5%282%29_49-55.pdf
重度知的障害児におけるコミュニケーションの機能とモードの獲得・般化・維持の比較: 写真と身振りを用いて 小田浩伸, 藤田継道, 井上雅彦 – 特殊教育学研究, 1998 – jstage.jst.go.jp 本研究では, 音声表出言語が全くなく, かつ, 音声理解言語が殆どない重度知的障害青年 4 名を
対象に, 2 つのコミュニケーション機能 (マンド vs タクト) と 2 つのこれらの結果から, 音声理解言語
も表出言語も乏しい重度知的障害児にとっては, 実物と類縁性の高い写真や写像性の高い身振りを…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/36/2/36_KJ00004952345/_article/-char/ja/
痴呆性老人と知的障害者の屋内歩行空間における BARRIER に対する注視特性 足立啓, 赤木徹也 – 日本建築学会計画系論文集, 1999 – jstage.jst.go.jp や知的障害者は 遅く,痴呆性老人は 障害 A を越え た 区間 で ,知的陣害者は 障害 B 近 くで 注
視を開始する 。障害 C の 注 視 人 数 で は 知的障害平均注視開 姶区間で は健常者や知的障害
者は比較的早い 段階で 注視する の に 対 して ,痴 呆性 老人は遅 く,障害A を越えた区間で 注視を …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/64/522/64_KJ00004225514/_article/-char/ja/
当院における知的障害者に対する全身麻酔前スクリーニング検査の実施状況と今後について 吉田啓太, 向井明里, 向井友宏, 小田綾… – 日本障害者歯科学会 …, 2016 – jstage.jst.go.jp 結果が 必ずしも正しいとは判断できず,有益な手段として利用できていなかった.一方,知的障害者
が高頻度に全身的合併 症を有していること,抗てんかん薬,抗精神病薬などの内服が多いこと,全身
的合併症のない知的障害者でも潜在す る合併症の可能性があることなどを考えると,血液生化学…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsdh/37/4/37_445/_article/-char/ja/
特別支援学校高等部における体育の授業づくり: 重度知的障害児に対する球技教材の教育的価値の検討 星幸敏, 玉村公二彦 – 奈良教育大学紀要 人文・社会科学, 2012 – nara-edu.repo.nii.ac.jp 今日では、学校体育においても、障害のある児童・生 徒に焦点を当てた知的障害の ある生徒
に対する体育の実践では、いくつかの研究団体 などで障害、発達、生活、年齢を考慮した取り組みの交
流がされてきている。 知的障害の特別支援学校へのアンケート方式による高 等部の重度知的障害の…
https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=11797&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害教育の変遷過程にみられる特殊学級の存在意義: 教育行政施策と実践との比較検討をとおして 八幡ゆかり – 鳴門教育大学研究紀要, 2008 – naruto.repo.nii.ac.jp そこで,戦前 の知的障害特殊学級の動向と,就学の場が特殊学級中心であった1940年代後半から
70年代前半に焦点を当てて, 知的障害特殊学級その背景には障害観が関与しており,教育行政
は知的障害児の発達を限定的にとらえ,技能科重視,教 科の取捨選択を行っていた。それに対して…
https://naruto.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=27702&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1
 知的障害児の視覚的認知課題遂行に伴う問題とその指導の原則 葉石光一, 田中敦士, 細渕富夫 – 長野大学紀要, 1996 – nagano.repo.nii.ac.jp 知的障害児が視覚的認知課題の遂行に多様な困 難を示すことがこれまでに指摘されてきた。感
覚・知覚の訓練が知的障害児の教育の初期から注 目され現在でも、精神薄弱児養 護学校での
養護・訓練における感覚訓練は知的障 害児の指導上、重要なものとされている(菅田、 1993)27)。しかし…
https://nagano.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=491&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害児の性教育に関する研究の動向 児嶋芳郎 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 本稿は, 障害の種別の中でも, 実践を行う際により困難が多いと考えられる知的障害児の性教育,
それも性教育の中心的な場に位置づくと考えられる学校での性教育に限定して, その研究動向を探る
とともに, その課題, 今後の方向性を提起することを目的とした. 理論研究の動向については, 学会発表…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/3/50_313/_article/-char/ja/
簡便で汎用性のある知的障害者の作業支援法: 認知的要件のカテゴリー化と課題困難度の観点から 岡耕平, 三浦利章 – 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 2005 – ci.nii.ac.jp 現在の知的障害者に対する職業訓練は, 遂行困難な課題を分析し, 構成課題ごとに練習する方法が
主流である.この方法は有効であるが, 実施に高度知的障害者の作業指導員21名を対象にインタビュー
を行い, 多くの知的障害者に共通する課題遂行時の問題を明らかにし, その背後にある知的障害…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110003224478/
 中・軽度知的障害児の性教育に対する特別支援学校教師の意識 菅沼徳夫, 生川善雄 – 千葉大学教育学部研究紀要, 2012 – opac.ll.chiba-u.jp また, 最近では「浅草事件」や「寝屋川事件」など知的障害や 自閉症,広汎性発達障害をもった
過去に知的障害者が入所している 施設において,レイプや性的いたずらの被害を受ける確 率は80%
知的障害児本人や保護者の意識調査,あるいは卒業生 の意識調査を行い,知的障害児の性に関わる…
https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116174/13482084_60_159.pdf
知的障害者の地域生活における消費トラブルに関する研究 名川勝, 堀江まゆみ, 於保真理, 名川勝, 堀江まゆみ… – 心身障害学研究, 2003 – ci.nii.ac.jp 知的障害者の地域生活において遭遇する消費生活トラブルについて, 質問紙調査及び事例によって
検討した. 一地域の親の会を対象とした調査では, 他の種類と比べて消費生活に関するトラブル報告
数はかなり少なかった. そのため, トラブルの種類や被害対象者の特徴などについて示唆を得ること…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120000842433/
知的障害児・者の 「主体」 援助の陥穽を問う–ナラティブ・アプローチの批判的考察をもとに 西村愛 – 現代文明学研究, 2005 – auhw.repo.nii.ac.jp の低 い重度知的障害者、自閉症者や痴呆性老人は直接、介入対象とはならない。これは、過去
、伝統的 なソーシャルワークが重度知的障害者に対しこのような援助者の一方的な解釈は、「知的
障害者のため」という善意から の援助を装いつつも、知的障害者の意思表明や自己決定等を封じこめる…
https://auhw.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1500&item_no=1&page_id=13&block_id=42
 知的障害者施設における肥満症の現況-脂肪分布とくに内臓脂肪量評価の重要性 奥宮曉子 – 2004 – ir.library.osaka-u.ac.jp 一方, 知的障害者の健康問題の中で重要課題のーっとして肥満があり, 食事療法や運動療法などの
報告がされているが, 実際に疾病予防策として現在の成人知的障害者における肥満の実態を, 脂肪
分布を含めて検討する必要があると考え, 本研究では, 特定一施設を利用する成人期の知的障害者を…
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/46000/19051_%E8%A6%81%E6%97%A8.pdf
知的障害教育における 「主体的・対話的で深い学び」 を踏 まえた授業づくりの視点 葛西一馬, 西永堅 – 共生科学, 2020 – jstage.jst.go.jp に、フェイスシートから得られた変量データである教員 の現在の年齢、担当学年、教職経験年数
、知的障害教育の経験年数をそれぞれ独立変数と した。また、性別、所属学部、特別支援教育免許状
の有無、他の障害種での勤務経験の有 無、他の学校種での勤務経験の有無についてもダミー変数に…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyosei/11/11/11_110/_article/-char/ja/
自閉症と知的障害のある児童への携帯電話を利用した買い物指導 坂井聡, 宮崎英一, 二宮綾子, 門目紀子 – 日本教育工学会論文誌, 2012 – jstage.jst.go.jp 本実践で は,自閉症 と知的障害の ある児童 ン の 特性が 関係 して い る こ とが示 唆され ,携帯
電 話が 自閉症や 知 的障害の あ る人へ 人には携帯電話が使用 で きない とい う先入観が働 い
て しま うか らか も しれない .しか し,坂井,宜崎 (2009 ) が言 うよ うに,携帯電話 は知的障害の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjet/36/Suppl./36_KJ00008609765/_article/-char/ja/
知的障害児教育におけるコンピューター利用の現状と今後の課題 佐原恒一郎 – 特殊教育学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp を 利用 した 教育 を行 うお もな対象児は 、一定の知的レ ベ ル に達 した児童 生徒 で ある、 知的
障害養護学校以外 の 特殊教育諸利 用 の 充 実 を意 図 し、今 後 の 課 題 と し て 、中重度 の 知
的障害児を含め た 知 的障害児 を対 象と した学 習 ソ フ トウ ェ 他 の 障害種 と知 的 障害 の 違 い …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/3/39_KJ00004952802/_article/-char/ja/
 知的障害児・者の視空間性ワーキングメモリに関する文献検討 大井雄平, 奥住秀之, 國分充 – 東京学芸大学紀要. 総合教育 …, 2015 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp は,知的機能と 適応行動に著しい制約を呈する知的障害の理解と支援 のために実りある知見を
もたらすことが期待される。 実際に近年,知的障害児・の心的機能である実行機能と合わせ て,知的
障害研究における中核的な概念となる可能性 が示唆されている(Henry, Cornoldi & Mähler, 2010)。 …
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=32446&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害者のメタボリックシンドローム予防に関する探索的研究 荒井弘和, 小嶋宏子, 山崎由美 – 日本健康教育学会誌, 2011 – jstage.jst.go.jp 方法:知的障害者の親または作業所職員59名に対する自由記述式質問紙調査を行った.内容
分析は, 川喜田二郎によって開発されたKJ法(「紙切れづくり」および「グループ編成」)を用いて実 施
された.3名の作業者(保健師2名と心理学者1名)が,知的障害者が身体活動または好ま しい食行動 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kenkokyoiku/19/1/19_15/_article/-char/ja/
 知的障害者施設におけるターミナルケアについての評価: 第 35 回関東地区知的障害関係施設職員研究大会 「長野大会」 のアンケート調査からの報告 上平忠一, 竹内美鈴, 宮崎まさ江 – 長野大学紀要, 2003 – nagano.repo.nii.ac.jp 今回、私たちは知的障害者施設に勤務する職員 が、利用者の死および自分自身のターミナルケア
についてどのような意識を持っているかを調査し た3歳頃に、脳膜炎 に罹患し、知的障害が出現した
。その後、自宅に て生活していたが、42歳時に、知的障害者更生施 設に入所した。49歳の時に、私…
https://nagano.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=436&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害児の母親の育児負担感が心理的マルトリートメントに与える影響 李仙恵, 朴志先, 中嶋和夫, 黒木保博 – 社会福祉学, 2013 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 知的障害児の母親の育児負担感が心理的マルトリートメントに与える影響を検討すること
を目的とした. 対象者は, 知的障害児通園施設 12 以上の結果から, 知的障害児の母親の育児負
視感の軽減が児に対する心理的マルトリートメントの予防にとって有効な方策になることを示唆された. …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/53/4/53_KJ00008538189/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校における 「授業評価シート」 を用いた授業改善の試み―教師の援助行動と児童生徒の自発行動の変容に対する検討― 本母世跳, 大久保賢一 – 特殊教育学研究, 2018 – jstage.jst.go.jp また、知的障害教育においては、実際の生活的な 技能や習慣、職業生活の基礎を培うことにより
、「しかし、知的障害教育における児童生徒の主体性や 自発性の重要性は、従来から指摘されてき
た第 1 著者が研究主任として勤務した知的障害特別支 援学校(以下、「対象校」とする)では、教員…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/55/5/55_259/_article/-char/ja/
「知的障害養護学校における担任教諭と養護教諭の健康管理意識の相違に関する研究」(第 1 報) 石崎トモイ – 新潟青陵大学紀要, 2004 – n-seiryo.repo.nii.ac.jp 知的障害養護学校の健康管理の意識について2つの調査をした。1つは、県内及び近隣学校の教諭
及び養護 教諭3 5 0人を対象に健康状態の把握、厚生労働省の「知的障害(者)基礎調査」 において
「知的障害とは、知的機能の障害が 発達期(おおむね1 8歳)までにあらわれ、日 常生活に支障が…
https://n-seiryo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1121&item_no=1&page_id=27&block_id=90
 知的障害の理解についての新しい方向性 (1): 知的障害概念に影響を及ぼした福祉制度を中心に 田巻義孝, 堀田千絵, 宮地弘一郎, 加藤美朗 – 信州大学教育学部研究論集, 2018 – core.ac.uk アメリカ知的発達障害学会・第 11 版定義で,精神遅滞の用語は知的発達障害 intellectual and
developmental disabilities に変更された。この変更事由に,全米精神遅滞児親の会 や全米精神
遅滞市民協会の団体名に“遅滞 retarded”という否定的な評価を含む用語が使 用されていることに,1974 …
https://core.ac.uk/download/pdf/154966454.pdf
知的障害特別支援学校の教師が行動問題支援過程において直面する困難の検討 加藤慎吾, 小笠原恵 – 特殊教育学研究, 2016 – jstage.jst.go.jp 小笠原恵・守屋光輝 (2005)知的障害児の問題行動に 関する研究―知的障害養護学校教師へ
の質問紙調査 を通して―. 発達障害研究, 27, 137―146. 大久保賢一・井口貴道・石塚誠之 (2015)機能
的アセ スメントの実施を標的とした研修プログラムの効果 ―参加者が行う「情報収集」と「支援…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/54/5/54_283/_article/-char/ja/
知的障害者のグループホームに関する研究 その 3: 東京都内 4 地区のグループホームのケーススタディ 川岸梅和, 伊藤咲希子, 川上浩史… – … 建築学会計画系論文集, 2002 – jstage.jst.go.jp 法人 が 加わ り、知的 障 害 者 の 多 様 な 暮 ら し方を 支援で き る よ う に な っ 2 .研究の
目的 本稿は 、「知的障害者の グルーブホームに関する研究」 の 第 3 稿 で あり、前稿 Dm 前稿で は
、東京都が管理委託し 、東京都知的障害者育成会の 生活. 支 援 を 受 け て い る東京都 城南地 区 、…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/67/553/67_KJ00004230536/_article/-char/ja/
 知的障害児・者の余暇支援における保護者のニーズ―北海道 H 市を中心としたアンケートを通して― 鈴木洸平, 細谷一博 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2016 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 知的障害者の家庭生活について調査し,知的障害 者の家族との過ごし方,一人での過ごし方
ともに 「テレビ」が8割を超える現状を明らかにしてい る。さらに,細谷(2007)は,知的障害丸山(2004)は
,重度知的障害者の余暇保障に ついて課題を整理し,重度知的障害者に付き添う 介護者は多くの…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/7880/1/66-2-kyoiku-07.pdf
在宅知的障害者に配慮された住宅改善や暮らし方の工夫に関するケーススタディ: 排泄介助の負担軽減等に着目した場合 西尾幸一郎, 大庭史, 井尻智子, 水野弘之… – … 建築学会計画系論文集, 2006 – jstage.jst.go.jp 在宅 知 的障害者、住宅改善や暮らし方の T .夫、生括困 難の軽減、在宅 生 活 支援、排泄、トイレ
1,は じ め に 1 − 1.研 究の 背景と 目的 知 的 知 的障害 者 の 排 泄 に 関 わ る 生 活困難に
対処 する た め に 、家庭 で は 、 ど の よ うな住宅改善や暮 らし 方の 工 夫が実施 され て い る か を …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/71/606/71_KJ00004363866/_article/-char/ja/
小集団活動が知的障害者の行動改善に及ぼす影響: 状況的認知論からの実践 永澤精一, 渡部信一 – 特殊教育学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 筆者 は、5 名の 中度お よび軽度の 成人男性知的障害者 に対 して 就労支援や 自立支援 を
目的 として 、公共施 設の 清 掃作業指導 を行 っ 軽度の 成人 男性知的障害者 を対 象 と し た
。 軽度の 成人 男 性知 的障害者 を対象 とした (Table 1 参照)。 2 .方針転換前の 様子 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/2/43_KJ00004953408/_article/-char/ja/
知的障害成人の日帰り歯科治療におけるプロポフォール麻酔の検討 小川幸志, 水本一弘, 畑埜義雄, 岩上好伸 – 日本臨床麻酔学会誌, 2004 – jstage.jst.go.jp 不十分で協力が得られない知的障害者の口腔内処置 に際しては鎮静または全身麻酔が必要と
[要旨]重度知的障害成人 10 例の外来歯科治療に,プロポフォールによる日帰り全 身麻酔を計 26
は全例帰宅基準を満たしていた.重度知的障害者の外来歯科治 療に対するプロポフォール麻酔は安全…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/24/5/24_5_188/_article/-char/ja/
 知的障害児の視覚パターン認識に関する研究 佐久間宏 – 作大論集, 2017 – core.ac.uk 一方、視力に障害のない健常幼児や知的障害児の場合は、全体的・同時的知覚の条件に あるにも
かかわらず、知能が未発達で情報処理容量が→高)や知的障害児の知能の発達(遅→進)によっ
て、その情報処理容量は大きく左右されるのである。 従って、健常幼児および知的障害児の生活年齢…
https://core.ac.uk/download/pdf/234769822.pdf
 年長知的障害者への発達診断の試み 小林勝年 – 稚内北星学園大学紀要= Wakhok, 2001 – core.ac.uk 幼児期・・・4歳8ケ月で知的障害児通所施設M学園に入所した。 児童期…6歳時、家族は普通学校
への進学を希望するが、担当医より「重度知的障害青年期…19歳になるまで知的障害児通所施設
A学園に通っていた。A学園退所前に、てん かん発作が頻繁に起こることや一度大発作が起こると30〜…
https://core.ac.uk/download/pdf/229359092.pdf
知的障害児・者の自傷行動の動機づけ研究 (分類研究) に関する研究動向 肥後祥治 – 特殊教育学研究, 1995 – jstage.jst.go.jp 知的障害児 ・ 者の 自傷行動の 動機 づ け研究 (分類研究)に関する研究動向 知 的障害児 ・ 者
の 自傷行動 の 動機づ け研 究 (分類 研究) に 関す る研究動 向 て い る もの で あ る 同じ論文の
中で Carr は 、正 の 強化仮説 、負の 強化仮 説、自己刺激仮説の 根拠を認め、器質障害仮説 の場合 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/33/3/33_KJ00004952003/_article/-char/ja/
知的障害者と家族の老いと暮らし: その社会的地位と社会保障の課題 (特集 知的障害のある人の高齢期における発達保障) 高林秀明 – 障害者問題研究, 2013 – ci.nii.ac.jp 本稿は,統計と事例を用いて,知的障害者とその家族の老いの過程と暮らしの実態を,その社会的地位
および社会保障との関連において考察した.知的障害者は,青年期から不安定雇用および失業を繰り返し
,あるいは無知的障害者と家族の老いの過程は半失業・貧困・健康破壊の構造的問題である.…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009592540/
知的障害者のグループホームに関する研究 その 2: 東京都内 2 地区のグループホームのケーススタディ 川岸梅和, 新川宏人 – 日本建築学会計画系論文集, 2001 – jstage.jst.go.jp This paper relates to a series of studies followed by” STUDY ON GROUP HOME FOR
MENTALLY RETARDED PERSONS” which has been reported. This paper is basically intended
to analyze and consider how a residential form, a plane formation, and a layout consisting of a …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/66/539/66_KJ00004226000/_article/-char/ja/
療育支援活動における地域作業療法のあり方に関する研究: 知的障害児を育てる母親の役割形成と変遷のプロセスについて 有吉正則, 山田孝 – 日本保健科学学会誌, 2005 – jstage.jst.go.jp きょ うだい 91・ の 心理 状態の 把握 ,母親の 子 育て 体験の 共感 101 など, 障害児を取 りまく人
的環境 に焦点を対象者 は ,近畿地 方 の 小 学校普通学級に在籍す る知的障害児の 母親 10名
で あっ た。 子 どもの 学 障害児をもつ 母親の 会の 活動 に参加 して い る 点で あ る。イ ン タビ ュ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhsaiih/7/4/7_KJ00003978385/_article/-char/ja/
知的障害者の権利意識の醸成過程――「本人の会」 参加者のインタビュー調査から―― 神部雅子 – 社会福祉学, 2019 – jstage.jst.go.jp 運動をしている知的障害者のインタビュー調査 をもとに,本人の会の経験が知的障害者の権利意識
の醸成に与える影響について考察する. 知的障害者は,【本人の会に参加するきっかけとなる活動】や
【本人の会への参加】によっ て,それまでに経験した違和感や理不尽な経験は障害者差別であり,…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/59/4/59_1/_article/-char/ja/
知的障害のある人のディスアビリティ経験と自己評価: 6 人の知的障害のある女性の人生の語りから 杉田穏子 – 社会福祉学, 2011 – jstage.jst.go.jp 身体障害や精 神障害の あ る人た ちで あ り,知的障害の あ る 人 を対象とした もの はみ られ
ない .障害の 種類が 異なれ ば,社会 の 側の 態度や対応や障害の あ る人の 自己評価が 同 じで あ
る保障は な く,こ れ らの 先行研 究 をその ま ま取 り入 れ る こ と には 無理 が あ る. しか し能智 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/52/2/52_KJ00007493940/_article/-char/ja/
 知的障害を主とする特別支援学校における養護教諭の職務 松村淳子, 友定保博 – 山口大学教育学部研究論叢 第 3 部 …, 2014 – petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp なお、整形外科検診では、運動器の障害の程度を測定するめの打筋器、関節の角度計等を 準備し
ている。事例によっては学校医が使用することもある。 ⑦精神科検診 発達障害の児童生徒の増加に
伴い、本校においても、知的障害に併せて学習障害や注意欠 陥多動性障害、高機能自閉症の診断…
http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/24924/20150421141949/C010064000315.pdf
当院小児歯科における知的障害児 (者) の歯科診療に関する実態調査 秋友達哉, 光畑智恵子, 太刀掛銘子, 新里法子… – 小児歯科学 …, 2019 – jstage.jst.go.jp 平成 30 年版障害者白書によると,国内の知的障害児 (者)は 108.2 万人となっており,平成 23
年度と比較し 約 34 万人知的障害が社会的に広く認知され てきたことも,知的障害児(者)と診断され
る人数の増 加に影響していると考えられる。そのため,今後歯科診 療所・大学病院問わず知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd/57/3/57_374/_article/-char/ja/
東京都内の知的障害者更正施設における里山利用の実態 中村友香, 古谷勝則, 赤坂信 – 2005 – agriknowledge.affrc.go.jp 知的障害者の原因は、以下の5つの項目があげられる。 ○遺伝子異常、@配偶子の異常、@胎生
期の異常、@周 生期の異常、(5)乳幼児期の異常、知的障害者は様々な原 因があり、その障害の
程度にも差があるので共通の特徴 知的障害者更生施設とは、知的障害者福祉法第21条の …
https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010723806
「本人主体を志向した支援」 における促進要因と阻害要因: 知的障害者グループホーム世話人を対象として 薬師寺明子, 渡辺勧持 – 社会福祉学, 2007 – jstage.jst.go.jp 要 旨 :本研 究は,知的障害者グ ル ー プホーム 世話人 の 支援の 質にお ける基礎的資料 を得
るた め に ,世話人の 入居者に対する 社 団法人 A 県知 的障害者福祉 協会 が主催 した 「第
11回 A 県 グル ー プホ 入居者は知的障害者で あ り, …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/48/2/48_KJ00004839232/_article/-char/ja/
 知的障害者の家族のニーズ研究 米倉裕希子, 水谷正美, 和田知美 – 近畿医療福祉大学紀要, 2009 – kinwu.repo.nii.ac.jp さらに2005年に障害者自立支援法が成立 し、2006年から施行されている。 障害者自立支援法
は、支援費制度における 課題を解決し、一層の充実をはかるため、① 身体、知的、精神といった
障害種別ごとのサー ビスを一元化した、②地域格差をなくすため、 市町村が窓口となって一元的に …
https://kinwu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=211&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
障害者就業・生活支援センターによる知的障害者への支援内容と特別支援学校との連携の実態 田中敦士, 細川徹, 稲垣真澄 – 琉球大学教育学部障害児教育実践 …, 2009 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp て就業支援を、ま た福祉行政は知的障害者生活支援事業を活用して それぞれ担当することになっ
た。 障害者雇用施策の対象は、従来の身体障害者中 心から知的障害者や精神障害者へと拡大してき
た。 それに加え、障害者の社会的自立志向の高まりや、 障害者雇用の重要’性や責任についての…
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/10756
インクルーシブ教育評価指標を用いた知的障害教育の教育課程の分析と考察 小原愛子, 矢野夏樹, 韓昌完 – 琉球大学教育学部紀要, 2014 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp また、厚生労働 省の「平成23年度障害者の就業実態把握のための 調査」によると、知的障害者の
就業状況は、「就業 者」が51.9%、「不就障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱
者 (身体虚弱者を含む。)で、その障害が、「第22条の 3の表に規定する程度のもの(以下「視覚障害…
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/31975
 知的障害のある青年の 「学びの場」 としての自立訓練事業の役割 丸山啓史 – 2015 – kyokyo-u.ac.jp 国際的にみれば、知的障害のある青年に中等教育後の教育機会が広く開かれていることは珍しく
ない。たと えば、スウェーデンにおいては、知的障害成人学校(särvux)が存在するほか、障害のある
人が国民高等学校 (folkhögskola)において学ぶこともある(是永,2006、など)。また、英国において …
https://www.kyokyo-u.ac.jp/Cece/15-18.pdf
当科における知的障害児 (者) の歯科診療に関する実態調査 三浦梢, 中江寿美, 鈴木淳司, 中岡美由紀… – 小児歯科学 …, 2006 – jstage.jst.go.jp また,保 護者をはじめ と する障害児(者)周 囲の口腔保健に対する意識 も向上 し てお り姻,知 的
障害児(者)の これ らの背景に伴 い,拠 点病院としての大学病院における障害児の歯科診 療の
実態にも変化が生 じていることが考えられる。そこ で今回著者 らは,障 害児(者)に 2000年 に …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd1963/44/3/44_396/_article/-char/ja/
知的障害教育の先達: 近藤益雄の学力保障に関する研究 小川英彦 – 研究紀要, 2003 – okazaki.repo.nii.ac.jp と知的障害教 育の実践史を整理している点に特徴をもつ。清水の 代表的な近藤研究について、研究
の目的・アプロー チの方法は次のようである。「生活綴方と障害1950年、校長をやめて、長崎県口
石小学校に知的 障害児のための特殊学級「みどり組」を始め、かた わら知的障害児者のための教育…
https://okazaki.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=39&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害者の情報機器の活用実態調査 水内豊和, 武蔵博文 – 富山大学人間発達科学部紀要, 2010 – core.ac.uk 一方,知的障害者のパソコンや携帯電話の利用実 態については,亀井・大城(2006)が行った
調査が ある。これは全国の知的障害養護学校を対象とした 情報教育についての実態調査であり,インターネッ
トに接続している児童生徒のいる知的障害児養護学 校は,調査対象153校中144校(94.1%)…
https://core.ac.uk/download/pdf/70318691.pdf
知的障害者入所施設における応用行動分析の広範な使用: 組織行動マネジメントについての臨床的研究 内田一成 – 行動分析学研究, 2005 – jstage.jst.go.jp 知的障害者入所施設にお ける応用行動分析の 広範な使用 : 組織行動マ ネジメ ン トに つ い て の
本論文の 目的は、1 知的障害者人 所施設 に導入 した 、職員の ニ ー ズ 関連行動 の 増加 とニ ー
門的援助機能を有意 に高め、知的障害や発達障害 を有す る入所者の 適応行動と不適応行動に劇…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/19/2/19_KJ00002615190/_article/-char/ja/
 知的障害養護学校におけるボール運動の授業実践 渡邉貴裕, 丸井曜子, 原田純二… – 東京学芸大学紀要 …, 2007 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp では実際に障害がある人は日頃どんなスポーツ活動 に取り組んでいるのだろうか。知的障害作業所
の利用 者の余暇活動をみたところ,スポーツにの学部からなる知的障害児を対象とした大学附属の
学 校である。体育の授業,とりわけ球技について指導の 段階性(図1)を設定しそれをもとに指導内容…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=29977&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害児の言語指導: 育成を目指す資質・能力を踏まえた知的障害児の国語教育 古賀政文 – 福祉社会学部論集, 2018 – iuk-repo.repo.nii.ac.jp 和文抄録:知的障害特別支援学校の各教科は、従来、小学校等の各教科等とは異なり、知的障害
の特 徴や学習上の特性等に応じた目標や内容が示され、その障害に応じ、生活を重視した指導・支援
が行 われてきている。 知的障害教育の各教科では、知的障害の特徴及び学習上の特性等を踏まえ …
https://iuk-repo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=951&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害教育に関する生活と教科の関係論: 教育方法論の視点から 張穎槙 – 日本教育学会大會研究発表要項, 2000 – jstage.jst.go.jp 1 問題 と 目・方 法戦後 の 知 的障害教育 に お い て は, 障 害の 重 い 子 に は教科指導は む りで,
不必 要だとす る 「教 科否 定」 論と, どん な子 これに対 して,「教科肯定」 論の 立場で はい くら
重い障害児で も, 教科が可能かつ 必要で ある とい う理念を掲げ, 生活 の重要性を認めつ つ, 教科を…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/taikaip/59/0/59_KJ00001923186/_article/-char/ja/
 知的障害児の問題行動 宮崎知子, 松村多美恵 – 求城大学教育学部紀要 (教育科学), 2007 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp そこで, 本研究では知的障害児養護学校の児童生徒の問題行動について検討する. 養護学校の児童
生徒における問題行動の実態については, 川崎・① 知的障害児養護学校の児童生徒における問題
行動の種類 ② 学部別 (小学部・中学部・高等部), 性別, 自閉傾向の有無, および会話能力の高低の…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9194&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 東北地域における知的障害養護学校での農園芸作業学習の事例的検討 名古屋恒彦, 吉岡佐和子, 最上一郎 – 2004 – iwate-u.repo.nii.ac.jp 知的障害教育において, 作業学習は,「領域. 教科を合わせた指導」 の 1 形撃として, 主に中学部.
中学校・高等部における有効な教育方法とされている. 作業学習では,「作業活動を学習活動の中心に
すえ, 生徒の働く力ないしは生活する力を高め, 学・校卒業後の社会生活につなげる」 ことが意図され…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_action_common_download&page_id=13&block_id=21&item_id=10768&item_no=1&attribute_id=36&file_no=1
知的障害のある人の青年期における親子関係の変容についての一考察: 親による語りのエピソード記述をとおして 森口弘美 – 評論・社会科学, 2010 – doshisha.repo.nii.ac.jp 青年期は一般的に親子の関係性が大きく変化する時期であるが, 子に知的障害がある場合にはその
機会が失われがちである. 本稿は, 重度の心身障害のある子をもつ親の 「子離れ」 の葛藤をエピソード
記述によって分析することで, 障害のある子をもつ親の 「子離れのし難さ」 が何に起因するのかを…
https://doshisha.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21335&item_no=1&page_id=13&block_id=100
地域高齢者の知的障害に関連する要因と生命予後に関する研究 中西範幸, 西岡千里, 山田敦弘, 木本絹子… – 日本公衆衛生 …, 1997 – ci.nii.ac.jp 地域高齢者の知的障害に関連する要因と生命予後に関する研究 CORRELATES AND
PROGNOSIS IN RELATION TO INTELLECTUAL DYSFUNCTION IN A COMMUNITY-
RESIDING ELDERLY POPULATION
https://ci.nii.ac.jp/naid/10008625293/
 交流及び共同学習における教師の付き添いが及ぼす知的障害児の発信内容の変化に関する実践的研究 細谷一博, 白府士孝 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2013 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 15) 大谷博俊 (2001) 交流教育における知的障害児に対 する健常児の態度形成 態度と事前指導
における情報 提供,交流経験,評価対象となる知的障害児の特定と 関連性の検討一.特殊教育学術
究, 39(1), 17-24. 16) 佐藤正一 (2011) 交流及び共同学宵の工夫と課題 特別支援学校からの…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6933/8/64-1-kyoiku-07.pdf
関係情報と項目特定情報の符号化が軽度知的障害児の記憶に及ぼす効果 島田恭仁 – 教育心理学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp ,軽 度知的障害児が文意記憶の課題において関係情報と項目特定情報を有効に利用 できるか否か
について検証した。実験は3(被 験者群:知的障害児テーマ再生率の結果は軽度知的障害児の関係
処理の困難性を示し ていたが,項 目特定情報の強調が関係処理の困難性を補ったため,セ ットサイズ…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/49/1/49_50/_article/-char/ja/
 障害者の地域生活支援に関する一考察: 知的障害者の就労をめぐる諸課題 柴崎建, 東海女子大学 – 東海女子大学紀要, 2005 – tokaigakuin-u.repo.nii.ac.jp 本稿は、いくつかある障害者の地域生活支援 のうち、知的障害者の広義の就労をめぐる諸課 題
についてその問題点を整理したい。筆者は、 就労を内容 は、知的障害者更生施設、知的障害者授産
施 設、知的障害者小規模通所授産施設、知的障害 者通勤寮、知的障害者福祉ホーム、知的障害者 …
https://tokaigakuin-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2550&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害児・者の親によるケアから社会的ケアへの移行―親へのアンケート調査から― 植戸貴子 – 神戸女子大学健康福祉学部紀要, 2016 – suica.repo.nii.ac.jp 要 約 知的障害者福祉分野における地域生活移行が進められる一方で、家庭で知的障害者のケア
を担っ てきた親(とりわけ母親)の高齢化・病気等により、知的障害本人のQOL低下や「地域生活から
入所施設へ」といったケースも数多く報告され、知的障害者の地域生活継続支援が緊急の課題と …
https://suica.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=647&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害と肢体不自由を併せ持つ学齢障害児の QOL 評価に関する研究 新開義則, 郷間英世, シンカイ,ヨシノリ… – 教育実践総合センター …, 2006 – nara-edu.repo.nii.ac.jp すなわち、軽度の肢体不自由(歩行障害はあっ ても歩ける)と軽、中度の知的障害(35<IQ<80)を
併せ持つA群32人、重度の肢体不自由(ねた知的障害を併せ持つB群6人、 軽度の肢体不自由と
重度・最重度の知的障害(IQ< 35)を併せ持つC群7人、重度の肢体不自由と重度・ 最重度の知的障害…
https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=7682&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 知的障害者の注意機能研究の動向 岡耕平, 三浦利章 – 大阪大学大学院人間科学研究科紀要, 2006 – ir.library.osaka-u.ac.jp 知的障害に関す る心理学的研究は「早期発見・早期教育」という目標を掲げておこなわれてきた、早期
発見を目標とした研究の主流は、障害の有無を見分ける検査の開発であり、知的障害の 程度および
障害であり、学習理論の枠組みの中での知的障害 者と健常者の学習パターンを比較する研究や…
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/12603/hs32-14.pdf
お金の支払い学習における中度知的障害生徒の学習過程と教師のフィードバック: 社会文化的アプローチから 楠見友輔 – 発達心理学研究, 2019 – jstage.jst.go.jp 度知的障害生徒の学習過程と,学習を促す教師 のフィードバックの特徴を明らかにすることである
。1 名の中度知的障害生徒を対象とし,知的障害特 これらの結果 は,知的障害生徒の主体性に
基づく学習においては,生徒の学習を長期的な視点から支援し,正答率に ではなく正答可能性の向上に…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/30/2/30_101/_article/-char/ja/
最重度知的障害児 (者) の適応行動評価 横地健治 – 脳と発達, 2005 – jstage.jst.go.jp 0~ 2 点の 3 段階評価とし, 重症心身障害児 (者) 施設に入所している 13~ 69 (平均 40) 歳の 48 例
(男 23, 女 25) を対象とした. 各項目の平均得点は, 0.02~ 1.81 に分布し, その平均は 0.88 であった
. 異なる職員本試案による最重度知的障害児 (者) の適応行動評価には有用性があると思われた. …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn1969/37/1/37_1_4/_article/-char/ja/
096K20004 重度知的障害者に対するシェルボーン・ムーブメントの実践報告 (09. 体育方法, 一般研究発表) 小原英輔, 伊藤美智子 – 日本体育学会大会号 第 55 回 (2004), 2004 – jstage.jst.go.jp が評価 した. 対象者の 様子 を的確 に捉えるため に, 20 段階評定で「すごく楽 しく出来る」(+ 10) か
ら 「全く拒否 してで きない」(− 10) を極として, 楽 しさと出来映えが共に評価で きるよ うにした. HI.
結果および考察 1) 全体の結果表 1 の 「D. トンネル ー 8: 数人の介助者による ト
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspeconf/55/0/55_521/_article/-char/ja/
視覚シンボルを使用した知的障害児のための電子メールの開発と活用実践 藤澤和子, 清田公保, 中山典子 – 日本教育工学会論文誌, 2006 – jstage.jst.go.jp 文字の使用が困難な知的障害児に対して, 文字の代わりに視覚シンボルを用いる実用的な電子
メールシステムの開発を目指す. 知的障害児が電子学習過程の事例結果から, シンボルを媒体と
した電子メールの送受信が, 知的障害児に情報交換の楽しさを与え, 遠隔地間のコミュニケーション支援…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjet/29/4/29_KJ00004268323/_article/-char/ja/
知的障害者の職業リハビリテーション関連事業者の連携関連要因 李美貞, 八重田淳, 奥野英子 – 職業リハビリテーション, 2008 – jstage.jst.go.jp 教育 ・ 福祉 ・労働分野における232機 関の内訳は、分 野順 に、知的特別支援学校30カ 所、知的
障害 者更生施設 ・授産施設167カ 所、そ して、地域 障害者職業センター、障害者雇用支援セ ンター
、 障害者就業 ・生活支援センター、障害者職業訓 練校、公共職業安定所 をあわせた35カ 所であ る…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsvr1987/21/2/21_2_2/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校における性教育実践の現状と課題: 全国実態調査の結果より 児島芳郎, 細渕富夫 – 埼玉大学教育学部附属教育実践総合 …, 2011 – sucra.repo.nii.ac.jp いわゆる 「七生養護学校事件」 も起こり, 障害児に対する性教育は厳しい状況にあることが示唆
されている (児嶋, 2010). 本稿では, そういった状況のもと, 障害児に対する性育の実像を明らかにする
ことを目的に, 筆者らが 2010 年に行った全国の知的障害特別支援学校に対する性教育実践の実施…
https://sucra.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16266&item_no=1&attribute_id=24&file_no=1
 知的障害者の特性による加齢と作業能力への影響に関する研究 春名由一郎 – 第 3 回職業リハビリテーション研究発表会論文集, 1995 – nivr.jeed.go.jp しかし、知的障害者では経験の蓄積や技能の発達が健常者に比べて遅いた め、身体機能の低下が
職業能力の低下に結びつく可能性が相対的に、知的障害者 の身体機能特性自体について、ダウン症
等の器質的な障害のあるもの以外は健常者と同様である と考えられてきた 3)。しかし、知的障害…
https://www.nivr.jeed.go.jp/research/report/houkoku/p8ocur0000000ttz-att/houkoku44_03.pdf
 知的障害児の手指運動における 「速さ」 と 「正確性」 平田正吾, 北島善夫, 細渕富夫, 國分充… – 東京学芸大学紀要 総合 …, 2008 – core.ac.uk このよ うな手指運動能力(fine motor ability)は,知的障害児・ 者の日常生活や学校での学習,社会
生活での就労を考え る際にも,極めて重要な役割を果たすものである。しか しながら,Bruininks(1974)による
と,1970年代2005):知的障害者の運動行為の問題,発達 障害研究,27(1),13-19. …
https://core.ac.uk/download/pdf/15925088.pdf
知的障害者を対象とした食生活・運動習慣の形成と長期的維持: 生活技能支援ツールによる日常場面での支援のあり方 高畑庄蔵, 武蔵博文 – 行動分析学研究, 1999 – jstage.jst.go.jp 結果 として 、肥満が知的障害児 の 身体発育障害 に おい て 最大の 問題で ある と結論 づ けてい
る。 肥満の 予防 ・ 改善は、知的障害児 ・ 者の 地域得 る こ とが予 想 され る知的障害者の 保護
者、知 的障害養護学校 の 教師 に対 して 。本 プ ロ グ ラ ム に 関する社会的妥 当性 を1則定する 。 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/13/1/13_KJ00002145413/_article/-char/ja/
知的障害者教育における社会生活機能の授業評価に影響を与える要因 矢野夏樹, 太田麻美子, 船越裕輝… – Journal of Inclusive …, 2017 – jstage.jst.go.jp )が発行する精神障害の診断と統計マニュアル (Diagnostic and Statistical Manual of Mental
Disorders: DSM)の第 5 版である DSM-5 では、知的障害(知的発達症)は、発達期に発症し、概念
的、社会的、および実用的な領域 における知的機能と適応機能両面の欠陥を含む障害であると定義…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/incleedu/3/0/3_18/_article/-char/ja/
知的障害者入所施設における知的障害者のグループホームへの移行率, 就職率および離職に伴う施設入所率の実態―全国実態調査の結果から― 田中敦士, 細川徹, 稲垣真澄 – 琉球大学教育学部紀要, 2009 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp 入所施設から地域生活への移行実態を知る上で 重要な調査が、平成12年度厚生科学研究・障害
保 健福祉研究「知的障害者の入所障害者や作業能力が高いと思わ れる障害者を、入所施設で頻繁
に目にしてきたか らである。日本知的障害者福祉協会(2002)によ る「平成14年度全国知的障害児・…
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/11217
知的障害のある者の親がアダプテッド・スポーツプログラムに参加することによる感情の変化 荒井弘和, 中村友浩 – 体育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp The purpose of this study was to examine the influences on the affect of parents of individuals
with intellectual disabilities through participation in an intensive sport program. Six parents
of individuals with intellectual disabilities who participated in a table tennis program as a …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpehss/51/6/51_6_793/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校におけるキャリア教育に関する意識調査: 千葉県内の知的障害特別支援学校全学部主事への質問紙調査を通して 磯野浩二, 佐藤愼二 – 植草学園短期大学紀要, 2012 – jstage.jst.go.jp 千葉県内全ての知的障害特別支援学校の小学部・中学部・高等部主事を対象とした質問紙調査を
実施した. その結果, ① キャリア教育に関する詳細情報はまだ周知段階にある, ② 高等部はキャリア
教育を意識した実践をしているとの回答が多かったが, 小学部・中学部は実践への反映に不安を抱い…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/uekusat/13/0/13_KJ00008212840/_article/-char/ja/
 東日本大震災と知的障害児の行動変化 滝明日香, 東條吉邦 – 茨城大学教育学部紀要. 教育科学, 2013 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 障害児」では,対象となる知的 障害児の性別,年齢,居住地,障害の種類について記入を求めた
。障害の種類は,広汎性発達障害 (自閉症,自閉傾向など),ダウン症,その他に分類した。次いで
,大震災後の行動や心理の変化に 関する項目群,福島第一原子力発電所の事故による行動や心理の…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18574&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
知的障害者の入所施設とグループホーム/ケアホームにおける客観的生活の質の量的比較 鈴木良 – 社会福祉学, 2015 – jstage.jst.go.jp )で生 活す る 知的障害者 を対象に,1)入所施設よ りもGH/CH の 生活の 質が 向上するか
どうか ,2)GH/ CH で は 障害程度に応 じて生活の知的障害者の 場合は ,GH が余暇活動お
よび 心理面,外部援助の 導入 で 配慮が な され る一方, 入所施設に 比較す る と物理 的環境や 入浴 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/56/2/56_KJ00010076246/_article/-char/ja/
 知的障害児施設に入所する子どもへの動的家族描画法 (KFD) の試み 小西一博, 稲垣応顕 – 富山大学人間発達科学研究実践総合 …, 2006 – toyama.repo.nii.ac.jp 知的障害児施設に入所する子どもの KFD には家族状況や家族での体験や家族成員間の対人関係
がどのように KFD 反映されてくるか, それはどのような特徴を示すのかについて調べた. そして, KFD
による解釈と知的障害また, KFD の解釈と対象児の実態を熟知する知的障害児施設の担当職員や…
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1161&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
知的障害児の文字・書きことばの指導における担当教員の意識と指導方法 渡辺実 – 2012 – hu.repo.nii.ac.jp また、指導計画の作成について、教員への支援 については「特にない」が、国立特殊教育総合研
究所知的障害教育研究部(2000)の全国平均では 46.4% であるが、岐阜県の小学校の知的障害児
学級 は 65.0%、情緒障害児学級は 22.2% であったとさ れる。岐阜県における小学校の知的障害児…
https://hu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=192&item_no=1&page_id=25&block_id=79
知的障害児・者の親によるケアの現状と課題―親の会の会員に対するアンケート調査から― 植戸貴子 – 神戸女子大学健康福祉学部紀要, 2015 – suica.repo.nii.ac.jp 要 約 知的障害者の地域生活移行が進む一方で、知的障害者のケアを担う母親の高齢化・病気等
により そこで、本稿では、知的障害児・者の親の会の会員に対するアンケート調査結果のうち、本人
・家 族のキーワード 知的障害児・者、母親によるケア、社会的ケアへの移行、アンケート調査、親の会 …
https://suica.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=661&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 縦断的にみた知的障害児の運動技能発達: 体育授業で取 松坂晃 – 茨城大学教育学部紀要. 教育科学, 2018 – core.ac.uk 知的障害のある児童生徒は障害特性や様々な社会環境要因によ り運動学習の機会が限られ,運動量
が少なく(Foley et al., 2008),運動技能も劣る知的障害児においてもこのような発育 期をとお
した運動技能の向上がみられるのかどうかについては明らかでない。特別支援学校(知的 障害)の…
https://core.ac.uk/download/pdf/154264042.pdf
ビル清掃事業者における知的障害者雇用と経営的視座からの企業特性との関連 高草木明 – 日本建築学会計画系論文集, 2010 – jstage.jst.go.jp 者の就労対象と いえる 著者は、建築分野における ノ マライゼ ション」推進 の視座から、建築物
清掃における知的障害者雇用知的障害者雇用に関わる雇用側の方針と態勢、知的障害者 の清掃
作業の勤務状況とその評価についての雇用者側の意識、知的 障害者の清掃作業の管理、知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/75/647/75_647_183/_article/-char/ja/
イングランドの知的障害アスリートに対するスポーツ政策の影響: メインストリームを実践するサッカー協会と卓球協会の事例研究から 田中暢子 – 社会福祉学, 2007 – jstage.jst.go.jp 知的障害者の 競技ス ポ ーツの 歴 史 は浅 く, 参加型の ス ペ シ ャ ル オ リ ン ピ ッ 競 技型
の 国際障害者ス ポ ーツ 連盟の 発足 は1986年と 20年も遅れ て い る.国際知的障害者ス ポ (こ
の研究で は障害 者担当理事)の 考え方 に着 目し, 知的障害者の 競 技ス ポ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/47/4/47_KJ00004557912/_article/-char/ja/
知的障害者への態度に関する研究動向と今後の課題: 文献レビュー 米倉裕希子 – 関西福祉大学発達教育学部研究紀要, 2015 – kusw.repo.nii.ac.jp 本論文の対象研究は,1)国内の研究である,2)対 象が知的障害および発達障害である,3)学術
雑誌に掲 載された研究,4)尺度開発生川(1995)の受容的態度項目4因 子に知識項目と交流経験
項目を追加 精神障害,知的障害,身体障害で比較. 知的障害者への態度 28 項目および自 由記述 …
https://kusw.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=475&item_no=1&page_id=24&block_id=42
 教員養成系大学と知的障害養護学校が連携して行なう LD, ADHD, 高機能自閉症等の児童生徒の休日活動支援の試み 奥住秀之, 国分充, 龍田希, 飯田正朋… – 東京学芸大学紀要 …, 2006 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 特殊教育から特別支援教育への転換により, 盲・聾 (ろう)・養護学校は, 在籍幼児児童生徒の教育
に加えて, 地域におけるセンター的役割を新たにもつことになることはよく知られている. 2003 年 3 月
に出された特別支援教育の在り方に関する調査研究協力者会議による 「今後の特別支援教育の…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30285&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
高等部単置型知的障害特別支援学校の現状と意義 伊藤修毅, 越野, 和之, イトウ,ナオキ, コシノ,カズユキ – 2009 – nara-edu.repo.nii.ac.jp 本章では,知的障害特別支援学校高等部の経過を,学 習指導要領の改訂ごとに,教科「職業」の
変遷を中心に 整理していく。あわせて,障害児の教育権保障の歩みや その意味で, 教科「職業」の
変遷を見ていくことは,知的障害特別支 援学校高等部の職業教育を考える上で重要と考えられる。 …
https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=12494&item_no=1&page_id=13&block_id=21
一般就労を果たしている知的障害者のやりとり参加に関する実態分析: 職場環境との関連性に焦点をあてて 大野呂浩志, 大竹喜久, 柳原正文, 藤井聰尚 – 特殊教育学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp 中度知 的障害就労者 と彼 らの職場 の 同僚 との 間で 展開 され て い るや りと りの頻 度や機能
,,知的障害就労 者のや りとり参加 行動 を引き出 す 同僚 の や り と り開始行 動,お よ び知 的障害
る知 的障害養護学校高等部 を卒業 し,営利 目的の 事業所 に 就職 して い る軽 ・ 中度 1 )知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/42/2/42_KJ00004953251/_article/-char/ja/
知的障害生徒における選択行動アセスメントマニュアルの作成と社会的妥当性の検討 裴虹, 園山繁樹 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp における知的障害 児童生徒の選択行動形成の指導・支援の現状、および 両国の相違点や共通した
課題等を明らかにするため、 両国の知的障害養護長澤(2003)は、 重度知的障害もしくは重度身体
障害のある児童生徒を 対象とし、教師が児童生徒の自己選択を保障するため の指導マニュアル(「…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/5/49_505/_article/-char/ja/
 重度知的障害児の適応行動に着目したトレーナーの支援 松山郁夫 – 佐賀大学教育学部研究論文集/佐賀大学教育学部, 2019 – saga-u.repo.nii.ac.jp なお、対象とする発達障害については広義に捉え、発 達障害者支援法第2条に規定してある自閉
症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、 注意欠陥多動性障害等、加えて知
的障害としている。 知的障害児や発達障害児における運動を中心とする自由遊びの場では、学生…
https://saga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22314&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 知的障害特別支援学校における家庭科教育の意義・役割に関する検討 竹田亜古, 田部絢子, 髙橋智 – 東京学芸大学紀要 総合教育 …, 2009 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 知的障害特別支援学校 の学習指導要領でも消費・余暇活動の利用,保育・家庭 看護について
明示されている。しかし知的障害特別支援 学校の実際, 知的障害者が家庭生活や社会生活を営ん
でいく上で食物 や被服同様,保育・家族・消費・環境などについて学ぶ 意義は大きいと思われるが,…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30245&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
 PIC シンボルによる知的障害者のコミュニケーション支援システム 高橋亘, 柳内英二 – 関西福祉科学大学紀要, 2008 – fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp 要旨: 知的障害児や自閉症児の中には言語への興味をほとんど示さない子供がしばしば見かけられる
. このような児童の場合, 文字よりは PIC シンボル (ピクトグラムやイディオグラム) などの表象記号
の方が意思表示が容易なことがある. この論文では PIC シンボルを用いたコミュニケーション支援…
https://fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=172&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
 障害者相談支援事業の 『生活実態把握 (アセスメント)』 に関する考察-知的障害のある人の望むくらしの把握のために 中野敏子 – 研究所年報, 2010 – meigaku.repo.nii.ac.jp に関する 社会福祉法(身体障害者福祉法、知的障害者福 祉法、精神保健および精神障害者の福祉
に関す る法律)であった。しかし、障害者自立支援① 調査の目的 「相談支援事業」は、いわゆる
、身体障害、 知的障害、精神障害の三障害を対象になされる が、とくに、知的障害のある人の相談支援…
https://meigaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=493&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
社会参加のための情報保障と 「わかりやすい日本語」: 外国人, ろう者・難聴者, 知的障害者への情報保障の個別課題と共通性 (< 特集> ウエルフェア・リングイスティクスに … 松尾慎, 菊池哲佳, 松崎丈, 打浪(古賀)文子… – 社会言語科学, 2013 – jstage.jst.go.jp ろ う者 ・ 難聴者, 知的障害者な ど,誰 もが社会参加がで きるた め に必要不可欠な 条件で ある
・ 難聴 者,知的障害者の 情報保障の 問題に つ い て,個別の 課題 とともに,共通性として の
参加 ・ 協働の 場 とな りま した、外国人住民,ろ う者,知的障害者 と い う,日頃接点の 少ない 三者の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jajls/16/1/16_KJ00008953103/_article/-char/ja/
特別支援学校 (知的障害) 小学部教師の体育授業における困難さの検討: 小学部教師を対象に行った調査から 須田桂子, 菅野和恵 – 障害科学研究, 2015 – ci.nii.ac.jp 特別支援学校 (知的障害) 小学部教師が, 体育の指導においてどのような困難をかかえているのか,
実態を明らかにすることを目的に調査を行った. 特別支援学校 (知的障害) 小学部教師 12 校, 250
名を対象に調査用紙を配布し, 回収した 188 名分を有効回答とした (回収率 75.2%). 体育指導…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009942872/
 知的障害あるいは発達障害のある子どもの余暇活動についての検討 中澤幸子 – 山梨障害児教育学研究紀要, 2019 – yamanashi.repo.nii.ac.jp 障害のある子どもの放課後保障についての国レベルでの初の法制化に関しては, 2005 (平成 17)
年施行の発達障害者支援法第 9 条において, 障害児の放課後児童健全育成事業の利用を促進する
ことが条文に含まれた. さらに, 2006 (平成 18) 年制定の障害者自立支援法により, 児童デイサービス…
https://yamanashi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=908&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者の余暇生活環境整備に関する基礎的研究–知的障害者の余暇生活行動の実態把握とその規定要因の分析 石黒久美子, 中村攻, 木下勇 – 千葉大学園芸学部学術報告, 1999 – ci.nii.ac.jp CiNii 論文 – 知的障害者の余暇生活環境整備に関する基礎的研究–知的障害者の余暇生活行動の
実態把握とその規定要因の分析 本研究では, 知的障害者の余暇活動実態把握と実態を規定し
得る要因との関連性を探った.特に知的障害者の場合, 生活改善のためになされるべき事は, ソフト面 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004701675/
 知的障害者施設の役割と職員の専門性を巡って 保積功一 – 吉備国際大学社会福祉学部研究紀要, 2008 – kiui.repo.nii.ac.jp 1997年12「今後の障害保健福祉施策のあり方につ いて」の中間報告知的障害者福祉法において
、特に、 知的障害者援護施設については、①有期限・有目的 とし、②重度・重複、加齢によるADLの
低下した 知的障害者などに対する日常生活上の生活支援およ び生きがい活動支援を目的とする生活…
https://kiui.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1081&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
 統合保育における知的障害児の適応に関する調査研究 (1) 藤原義博, 平澤紀子 – 上越教育大学研究紀要, 1999 – core.ac.uk 今回の調査では,普通保育園に措置された知的障害児の適応状況とその変化過程を調べるこ とが
目的であった。そのために,どのような場面や活動調査結果から,保育形態として,知的障害児に
母親が付き添って保育する母子群,知的障害 児に専従のパート保母がついて保育する専従群,専従…
https://core.ac.uk/download/pdf/147818524.pdf
 特別支援教育や障害者福祉における知的障害及び発達障害のある人のニーズに基づいた合理的配慮 古井克憲 – 和歌山大学教職大学院紀要: 学校教育 …, 2016 – repository.center.wakayama-u.ac.jp よっ て、本研究では、知的障害や発達障害のある人の合理 的配慮の提供に関して、特別支援
教育や障害者福祉に おける実践的課題及び対応方法を検討していく準備と して、ニーズの理解と、そこ
から考えられる必要とな る合理的配慮について原点に立ち戻って検討する。さ らに、特別支援教育や…
http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/2832/20180820140557749719/AA12779311.1.55.pdf
重度知的障害児に対するトーキングシンボルを用いた要求行動の形成: 1 メッセージ再生装置の機能的操作との関係から 小笠原恵, 白坂佐知子, 朝倉知香, 矢島卓郎 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 1 ,問 題 重度の 知的障害児にお い 当 然、伝 え たい 内容 は限定 され る もの の 、逆 に 反応
機会を明確 に呈示 で きるよう要求文脈 を 統制 しや す く、よ り重度の知的障害児の初期の 要求手
段 として適切で あろ う。 本研究 は、重度の 知的 障害 児に 対 して 、1 メ ッ セ ー ジ再生装 置の …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/4/48_KJ00007226304/_article/-char/ja/
 実行機能の問題に対する支援の成果と課題: 知的障害児・者を対象とした支援方法に関する展望 五十嵐晴菜, 北村博幸 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2019 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp ,知的障害児・者に対する支援実践の成果と課題を 整理すること,知的障害児・者以外に対する支援
実践の成果と課題を整理することを通して, 今後の知的障害や適応機能といった発 達障害や知的
障害の中核的問題と関連があると考 えられており,近年,発達障害児・者や知的障害 児・者を対象と…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/10549/1/70-1-kyoiku-10.pdf
 知的障害を伴う自閉症生徒に対する動作模倣に着目した運動指導の方略: 授業実践と評価の分析から 加藤琢也, 安井友康 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2013 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 概 要動作模倣に関するトレーニング期間の設定と知的障害を伴う自閉症生徒の模倣力の変化
について, 4 カ年分の授業記録をもとに分析した. 模倣に着目した指導が動作模倣に関する意図的な
トレーニング期間の設定により, 知的障害を伴う自閉症生徒の模倣力が向上する可能性が示唆された. …
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6945/8/64-1-kyoiku-06.pdf
知的障害児はどのように見ているか: 視覚探索活動からわかること 勝二博亮 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp そ こ で、本稿で はまず知的障害児 にお ける眼球運動 の 制御お、知的障害を伴 う子 ど もの
視覚認知状況 は多様で あ り、視機能 自体が 強 く制約 され てい る子 ど もも含 まれ るが 、本稿で は
視線 定位 自体は あ る程度可 能で 、課 題 に取 り組め る子 どもに焦点 を当 て るこ とに す る。 II.知…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/4/39_KJ00004952818/_article/-char/ja/
 知的障害児の基礎的ボール操作技能 松坂晃, 鏑木治 – 茨城大学教育学部紀要. 教育科学, 2017 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 対象は小学校 3 年生から小学校 6 年生の男女児童 364 名と特別支援学校(知的障害)の小学
部 2 年生から高等部 3 年生の男女児童生徒 122 名である。性別,学年別の対象数を表 1 に示し
た。学 校長の了解の下,保護者から承諾の得られた者を対象とした。 特別支援学校児童生徒の IQ,障害…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17721&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 知的障害がある児童生徒に対する防災教育の取り組み: 岐阜県立可茂特別支援学校の事例研究 藤井基貴, 松本光央 – 静岡大学教育実践総合センター紀要 …, 2014 – shizuoka.repo.nii.ac.jp 災管理等に関する有識者会議」最終報告(以下、『最 終報告』)は、「特別支援学校等における障害の
ある 児童生徒等については、障害の状態、発達知的障害の児童生徒が通う特別支援学校にお いて
は、防災教育の推進よりも防災管理体制の構築に 比重が置かれがちである。というのも、知的障害…
https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6087&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1
老障介護家庭における知的障害者の自立をめぐり母親が経験するプロセス――複線径路・等至性モデルによる分析を通して―― 福田真清 – 社会福祉学, 2017 – jstage.jst.go.jp の支援を通じ,障害の有無に かかわらず安心して生活できる地域社会の実現が 目指されている
.なかでも知的障害者の自立に は,知的障害に起因する植戸貴子(2012)「知的障害者と母親の『親
離れ・子離れ』 問題―知的障害者の地域生活継続支援における課題 として」『神戸女子大学健康福祉…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/58/2/58_42/_article/-char/ja/
自閉症を伴う在宅重度知的障害者に対する母親の肥満容認プロセス 野中光代, 古田加代子, 柴邦代 – 日本看護研究学会雑誌, 2019 – jstage.jst.go.jp わが国の障害者政策は近年, 施設から地域への移行が進められており(内閣府,2015, p.知的
障害者の62万2千人約8割以上が在宅で暮ら し,そのうち重度の者は24万2千人である(厚生
労働省社 会・援護局障害保健福祉部,2013)。在宅知的障害者の65 歳以上の割合をみると,調査 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsnr/42/4/42_20190218050/_article/-char/ja/
知的障害のある児童生徒の教育課程と指導法について―新学習指導要領の改訂に視点を当てて― 岡野由美子 – 人間教育, 2018 – naragakuen.repo.nii.ac.jp 本稿では, 各時代の社会的政治的及び経緯材的なニーズに合わせて変遷してきた, 特別支援教育の
学習指導要領の在り方や内容について, 今日的な視点でとらえなおして論じることとする. まず, 教育
課程の編成は法的に学習指導要領に規定されるので, 特別支援教育を巡る学習指導要領の動向を, …
https://naragakuen.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=3093&item_no=1&page_id=13&block_id=21
1950 年代における知的障害児の母親モデルの形成 夏堀摂 – 家族社会学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 本稿では, 1950 年代に知的障害児の親たちを対象として親の会が行った啓蒙活動に注目し, 知的
障害児の母親の役割モデルが提示される過程で, 特定の母親の手記が果たした役割について検討した
. 大衆雑誌媒体に掲載されたある手記を通して, 読者である親たちは苦悩を共有できる同輩を見出し…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjoffamilysociology/23/1/23_77/_article/-char/ja/
重度知的障害児の ICT 利用教育におけるタブレット端末を使用した事例的検討 (日本教育情報学会第 28 回年会) 佐原恒一郎 – 年会論文集, 2012 – ci.nii.ac.jp 重度知的障害児を対象に,タブレット端末によるICT利用教育場面を,対象児の学校に勤務していない
特別支援教育に携わる教員と対象児の担任を受けもったことのある教員が視聴し,各々評価を行った
。比較検討の結果,重度知的障害児にタブレット端末を利用することは有効であること知的障害教育 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009571158/
高齢知的障害者に対する介護支援の検討 三原博光 – 介護福祉学, 2008 – ci.nii.ac.jp 本研究は,高齢知的障害者の親への質問紙調査と事例分析を通して,高齢知的障害者に対する介護
支援を検討することを目的とした.調査対象は368人の親と,知的障害者施設入所者2人の当事者の
事例である.調査項目は先行研究を参考に子どもの加齢感,介護の期待,老後の生活等を独自に作成…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009564719/
知的障害のある成人の生涯学習活動におけるボランティアの学び:「オープンカレッジ in あおもり」 における実践から 廣森直子, 山内修 – 青森県立保健大学雑誌, 2009 – auhw.repo.nii.ac.jp 第一に 「知的障害がある人の人権(教 育)の 保障」,第二に 「知 的障害がある人の発達(変 化)の
保障」,第三に 「地域 社会に対する大学の役割知的障害のある成 人は,社会から孤立 しがちな存在で
あるといわれる.国 の障害者福祉政策は 「脱施設化」の方向へ と舵が きられ たようであるが,知的障害…
https://auhw.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1994&item_no=1&page_id=13&block_id=42
 知的障害教育における進路指導の変遷 八幡ゆかり – 鳴門教育大学研究紀要, 2009 – naruto.repo.nii.ac.jp 公共職業安定所で求職登録制度を実施し,窓口に来た知的障害者を登録して必要に応じて職場適
応指導を行う,”知的障害者に職業適応のための訓練を実施し,終了後はその事業所に採用してもらう
ための職 場適応訓練制度を身体障害者と同様に設ける,#知的障害者の雇用主に,1年間にわたり …
https://naruto.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=27727&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1
知的障害者の脱施設化/地域移行政策の成果に関わる評価研究: 海外と日本の論文を比較して 鈴木良 – 社会福祉学, 2013 – jstage.jst.go.jp 本研究は, 海外および日本の知的障害者の脱施設化/地域移行政策の成果に関わる評価研究の動向
を分析することを通して, これら評価研究がどのような視座によって遂行されてきたのかを検討した.
その結果, 第 1 に, 海外および日本の研究は行動領域と生活環境への視座が共に重視されており, …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/53/4/53_KJ00008538192/_article/-char/ja/
政策立案への知的障害当事者参加・参画に関する研究―障害者計画/障害福祉計画に関する全国調査に基づいて― 遠藤美貴 – 立教女学院短期大学紀要, 2010 – jstage.jst.go.jp は、「障害者計画」の策定を審議し た委員会に加わった当事者の障害種別は肢体不自由約71%、視覚
障害約50%、聴覚・平衡機能 障害約43%であり、知的障害また、市町村を対 象に行った調査では
、肢体不自由約60%、視覚障害約18%、聴覚・平衡機能障害約15%であり、 知的障害当事者が…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/stmlib/42/0/42_KJ00006973919/_article/-char/ja/
可能性線形回帰分析を用いた知的障害者の 1500m 走の記録向上の可能性の推定 (< 特集> コミュニケーション) 杉本光公, 浅見高明 – バイオメカニズム学会誌, 1996 – jstage.jst.go.jp 通常の推定方法は 知的な発達障害者に 対 して有効で はない .こ れは知的な発達障害者
の 測 定値の分布が正規分布と仮定で きない こ とや,測定方 法に対する知的な発達障害者の
理解の 程度が ,測定時 ご とに異なるためで ある と考え られる.可能性線形回 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/20/4/20_KJ00000972180/_article/-char/ja/
知的障害者施設入所者の歯科保健医療の課題は何か 千綿かおる, 武田文 – 九州齒科學會雜誌: Ky◆ U016B◆ sh◆ U016B◆ …, 2010 – ci.nii.ac.jp 心身障害者 (児) に対する歯科医療の現状 (その 1) 歴史的考察と現状の分析, 心身障害者 (児)
に対する福祉行政と歯科医療
https://ci.nii.ac.jp/naid/10026666784/
知的障害児のドット-数字の見本合わせにおける書字カウンティングの指導効果 高橋甲介, 野呂文行 – 障害科学研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 音声によるカウンティングが困難な知的障害児 2 名 (A 児および B 児) を対象に, ドットの 1 つ 1 つに
数字を順番に書き込んでいく書字によるカウンティングを指導し, ドットと数字の見本合わせ課題における
効果を検証した. その結果 A 児においては, 見本合わせ課題を行う際に, 書き込んだ数字のうち…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009624506/
知的障害者の歯科診療に対する適応性の長期的変化 福島伸一, 野口真紀子, 田口洋, 野田忠 – 小児歯科学雑誌, 2009 – jstage.jst.go.jp 要旨:知的障害者の歯科診療への適応状態を,長期間に渡って良好に維持することは,障害者の
口腔内の長 期的知的障害者の歯科診療への適応状態について,その長期的な 変化を調べる目的
で,新潟県知的障害者総合援護施設「コロニーにいがた白岩の里」に入所している,最重 度の知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd/47/3/47_453/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校における 「自立活動の個別の指導計画の作成と内容の取扱い」 の実践要領の開発 (1) 中軽米璃輝, 田淵健, 佐々木尚子, 大森響生… – 教育実践研究 …, 2020 – iwate-u.repo.nii.ac.jp の様 相は,視覚障害,聴覚障害,病弱虚弱,肢体不自由 の特別支援学校と,知的障害特別支援
学校によって 大きく異なる。前者4障害を対象とする特別支援学 校は,自立活動の指導時間を時間割
上に位置づけて 時間の指導として実施する。その一方で,知的障害 特別支援学校における自立活動…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=15009&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者入所施設における自閉性障害者の作業従事に対する支援–機能的アセスメントに基づいた外部支援者と施設職員の協働的行動支援の効果 倉光晃子, 園山繁樹 – 福祉心理学研究, 2008 – ci.nii.ac.jp 知的障害者入所施設における自閉性障害者の作業従事に対する支援–機能的アセスメントに基づい
た外部支援者と施設職員の協働的行動支援の効果 Increasing task engagement in an adult
with autism in a residential facility: effectiveness of intervention based on functional behavior …
https://ci.nii.ac.jp/naid/40016481708/
 知的障害のある生徒に対する写真撮影を利用した報告言語行動の増大 林炫廷, 中鹿直樹, 望月昭 – 立命館人間科学研究, 2011 – ritsumeihuman.com 小田・藤田・井上(1998)も,音声理解・表 出言語ともに乏しい重度知的障害児を対象に, 写像性の
高い身振りと同時に,実物と類縁性の さらに,文部科学省・総務省(2001)は,知 的障害を持つ
中学部の生徒8名を対象に,生活 範囲を広げるためにデジタルカメラやビデオを 利用して情報を集め,…
http://www.ritsumeihuman.com/uploads/publication/ningen_22/p087-096.pdf
知的障害児・者の自己概念の測定方法 小島道生 – 特殊教育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp む し ろ、 知 的発達水準 を考慮 して 知 的障害 児で も理解 しや すい 質 問項 目を設 定 し、自由
な 回答方 法 を求 め る半構造 化 る研究方法 は、知 的障害者の 立場 にた っ 加 えて 、知的
障害者の 自己概念の 影響要因に 関し て は 、知的能力 、失敗 経験 、健 常児 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/43/5/43_KJ00004953458/_article/-char/ja/
知的障害児の肥満とその関連要因: 横断研究 尾ノ井美由紀, 白石龍生 – 大阪教育大学紀要. 人文社会科学・自然科学 …, 2018 – ci.nii.ac.jp 横断的手法を用いて年齢 5-12 歳の知的障害を持つ子ども達のご両親を対象に, 質問紙法による
調査を実施した. 377 名の子ども達に関するデータを得ることが出来た. 知的障害児は, 全体として肥満
傾向にあることが明らかにされた. また知的障害のレベルによって肥満に関わる要因が異なることが, …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006416687/
小学校の通常の学級における 知的障害児の指導・支援と教育課程編成の実践 田中亮, 奥住秀之, 大井雄平 – 教育研究実践報告誌, 2020 – tokoha-u.repo.nii.ac.jp 岩本・野呂(2018) は,通常学級全体への⽀援と個別⽀援との組合せによって,発達障害・知的
障害児童を含 む学級全児童の漢字の習得を中⼼とにおいて実践した知的障害児の指 導・⽀援や
教育課程編成の実際とその成果を整理する。それにより,⼩学校の通常の学級 における知的障害児の…
https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1915&item_no=1&page_id=13&block_id=39
 知的障害特殊学級におけるより豊かな交流教育の実践を求めて N KUMAZAKI, Y SAKAMOTO – 岐阜大学教育学部研究報告 教育実践 …, 2005 – ed.gifu-u.ac.jp に,坂本 裕(2002) は障害のある児童・生徒の日常の教育活動に交流教育を 組み込むようにすべき
であると,知的障害養護学校にお ける教育実践障害のある児童 の主体的な学校生活を実現しよう
としている小学校知的 障害特殊学級の取り組みの概要を紹介する。そして,そ の教育実践から障害…
http://www.ed.gifu-u.ac.jp/info/jissen/pdf/0723.pdf
 知的障害を対象とした地域生活支援教室 「クッキング」 教室の試行 武蔵博文, 土井しのぶ, 西本知代, 高畑庄蔵, 安達勇作 – 1999 – core.ac.uk 本研究 で は知的障害 を持 っ 個人の 地域生活を 豊 か に する 標的行動の ス ト , 生活 パ タ
ー ン , 母親の 指 示の 機能等を 上げて い る 。 本研究 は 居宅 で 生活する 中重度 の 知的障害者
6 名を 対象 と し て , 知的障害者を対象と し た地域生活支援教室 「 ク ッ …
https://core.ac.uk/download/pdf/70318455.pdf
自閉症スペクトラム障害のある児童とそのきょうだい関係―行動問題と知的障害の有無の影響― 武田瑞穂, 熊谷恵子 – 特殊教育学研究, 2015 – jstage.jst.go.jp ABC は 治療効果の測定や、知的障害のある人の行動上の問題 を評価するために開発され、研究
なお、本国でも知的障害者(児)を対象に ABC を使用した研究の報告がされている(Ono, 1996)。
その他、対象児の属性を知るために、障害児本人の 年齢、性別、医学診断名、知的障害の有無(遅滞…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/53/2/53_77/_article/-char/ja/
知的障害児における発達性協調運動障害の研究─ 運動発達チェックリストを用いたアセスメント─ 松原豊 – こども教育宝仙大学紀要, 2012 – hosen.repo.nii.ac.jp Caused by cerebral damage, developmental coordination disorder (DCD) presents with
extreme clumsiness when performing gross and fine motor actions. Difficulties in diagnostic
consistency have been reported due to ambiguity in the definition of DCD. In the present study, …
https://hosen.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=115&item_no=1&page_id=4&block_id=44
 知的障害者の生涯学習支援における学習活動に関する研究: 成人期支援機関への調査の分析から 今枝, 史雄, 菅野 – 2011 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 図より,多くの支援機関で利用している学習者の主 な知的障害程度が「軽度知的障害から重度知
的障害ま で幅広い」という割合が一番高かった。就労・生活支 援機関のみ,利用している学習者の主
な知的障害程度 が軽度知的障害である割合が一番高かった。 3.3.4 学習者の主なライフステージ…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30115&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
本学小児歯科の知的障害児・者に対する行動調整の経年的推移 福田理, 河合利方, 山田啓子, 柳瀬博, 土屋友幸 – 障害者歯科, 2003 – ci.nii.ac.jp 精神発達遅滞者の歯科治療時における行動管理の研究-歯科治療への適応性に対するレディネス
について (赤池情報量基準に基づく解析)-
https://ci.nii.ac.jp/naid/10011211350/
特別支援教育の動向を踏まえた知的障害教育における指導法の基本原理 効果的な学習環境をデザインする視点から 堀田千絵, 玉井良忠, 多鹿秀継 – 人間環境学研究, 2015 – jstage.jst.go.jp 本論が知的障害者の教育的指導に焦点をあてる理由の 1 つには、知的障害の教育的指導の多様
化が挙げられる。 知的障害の程度の重い児童生徒がことができるが(文部省,1978)、近年の知的
障害の状態の多様化については、知的能力の程度のみで は測ることのできない、自閉症スペクトラム…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shes/13/2/13_169/_article/-char/ja/
知的障害のある子どもへの情報機器を用いた指導に関する研究 (ICT と特別支援教育 (2)) 川村弘之 – 年会論文集, 2010 – ci.nii.ac.jp 、知的障害特別支援学校において、情報機器の活用を促すための方策を探り、その有効な活用
方法について検討することを目的とした。そのために、研究1では、知的障害を対象とした特別支援学校
、もしくは肢体不自由等知的障害また、研究2では、知的障害を伴う広汎性発達障害の生徒を対象…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007976316/
障害学の視点から 「知的障害」 児教育を考察する 西村愛 – 社會問題研究, 2003 – opera.repo.nii.ac.jp 大阪府立大学学術情報リポジトリは, 大阪府立大学で生産された教育研究成果等を電子的に蓄積・
保存し, インターネットを通じて学内外へ発信するためのものです.
https://opera.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3241&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
知的障害者の 「居場所」 づくりに関する一考察–インクルージョンの視点から 西村愛 – 人権問題研究, 2011 – ci.nii.ac.jp 本稿では, 地域におけるインクルージョン実現のためには, 知的障害のある子どもをもつ親たちが
健在であるうちから, 親離れ・子離れの機会をつくる必要があるという認識のもとに, 知的障害のある人
たちがほっとできる場として注目されている 「居場所」 づくりについて考察した. 現在の 「居場所」 は, …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009614758/
 知的障害児・者のコミュニケーションの拡大を目指した教育的係わり 小竹利夫, 小関真奈美, 中村保和, 小関真奈美… – 群馬大学教育実践 …, 2017 – core.ac.uk 1)梅津八三「各種障害事例における自成信号系活動の促進と 構成信号系活動の』障害児教育
学研究.第3 巻 第2号.モノグラフ1、日本障害児教育実践学会、1996 年、pp.20-21.の原稿を一部
改変 3)小竹利夫『子供達の思いを探して』障害児教育学研究.第3 巻 第2号.モノグラフ1、日本障害…
https://core.ac.uk/download/pdf/141879859.pdf
知的障害特別支援学校の学校文化に関する試論―< グレーゾーン> の生徒の適応過程から見えてくるもの― 堤英俊 – 2016 – trail.tsuru.ac.jp 本稿の主要な目的は,ある知的障害特別支援学校に転入学した<グレーゾーン>の生徒 の適応過程の
分析をもとに,知的障害特別支援学校の学校第一に,知的障害特別支援学校 の教師が,能力差を
前提にした「共同体化」と就労を意識した「障害者化(軽度障害者化 /中重度障害者化)」を両立させる…
http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/handle/trair/741
 福祉の支援を必要とする矯正施設等を退所した知的障害者等の地域生活移行を支援する職員のための研修プログラム開発に関する調査研究 (その 1) 小野隆一, 木下大生, 水藤昌彦 – 研究紀要第 4 号 (平成 22 年度) …, 2011 – nozomi.go.jp [要旨] 本研究は, 障害者支援施設が, 矯正施設等を退所した知的障害者の受入れについての意向や
その実態, 及び矯正施設等を退所した知的障害者また, 特に必要と考えられている知識・技術は,
知的障害者の犯罪特性, 福祉施設が支援をする意義やチームケアとキーパーソンの役割であることが…
https://www.nozomi.go.jp/investigation/pdf/report/02/ky04.pdf#page=5
 軽度知的障害者へのグループホームにおける余暇支援の在り方 今井優香 – 滋賀大学大学院教育学研究科論文集, 2011 – shiga-u.repo.nii.ac.jp しかし,わが国で は障害者の労働参加が困難なため,「知的障害 者への自己実現の支援には主体
的な余暇支援が 必要である」としている。 しかし,そもそも労働と余暇は必ずしも明確 に分けること
ができるのかということも考えて いかなければならない。また知的障害者が労働 と余暇を関係性の…
https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2053&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
 知的障害特別支援学校の接客サービスにおける丁寧さや気配りなどの他者への配慮に関する行動分析に基づく指導効果 谷亜由美, 是永かな子, 山崎敏秀… – 高知大学学校教育 …, 2020 – kochi.repo.nii.ac.jp 知的障害児童生徒の学習上の特性として、抽象的な内容の指導よりも実際的な知的障害児童
生徒に抽象的な内容の指導効果が得られるという仮説のもとに、実践研究に取り組んだ。 研究の方法
は、「丁寧さ」や「気配り」などの抽象的なスキルが求められる高等部接客サービスに着目し、 知的障害…
https://kochi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7810&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1
知的障害者の地域生活移行: コロニー 「西駒郷」 入所者の地域生活移行の経過と課題 野村健一郎, 草間秀成 – 飯田女子短期大学紀要, 2005 – iidawjc.repo.nii.ac.jp 施設はもうつくらない新障害者プラン」を 執筆している.また,福岡寿氏は,長野県北 信圏域障害者
生活支援センター所長で,障害 者の地域生活支援として, 長野県知的障害者育成会長竹内一夫
氏,長野 県知的障害福祉協会長中山幹夫氏,西駒郷保 護者会長樋口太三氏の計7名の構成であっ …
https://iidawjc.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4&item_no=1&page_id=13&block_id=17
米国スタンダード・ベース改革における知的障害のある児童生徒への通常カリキュラムの適用 野口晃菜, 米田宏樹 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp の法的枠組みを明らかにし, 知的障害のある児童生徒へのスタンダード・ベース・カリキュラムの適用
に関する議論を整理した. その結果,(1) 教育改革の一環として, 障害のある児童生徒が試験へ参加
することにより学校の指導・支援状況が評価されること,(2) 知的障害のある児童生徒については, 教育…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/5/49_445/_article/-char/ja/
作業学習における知的障害生徒への支援的対応に関する事例的検討: 木工作業における 「できる状況作り」 を中心に (実践研究特集号) 名古屋恒彦 – 特殊教育学研究, 1997 – jstage.jst.go.jp 生活中心教育の, 知的障害生徒に対する作業学習では, 生徒一人ひとりに作業がよりよく 「できる
状況」 を作ることが重視される. このために, 道具・補助具の活用, 教師の声かけ・手助けなどの支援
的対応が行われる. 本研究では, 事例対象生徒に対して, 作業学習で講じられたこれらの支援的対応…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/34/5/34_KJ00004952162/_article/-char/ja/
知的障害者の生活の場の移行と親子の自立: 生活の場の移行を経験した知的障害者の親たちの語りに見る親役割の変容 (脱施設化政策における知的障害者のグループホームの … 田中智子 – 佛教大学総合研究所紀要, 2013 – ci.nii.ac.jp CiNii 論文 – 知的障害者の生活の場の移行と親子の自立 : 生活の場の移行を経験した知的障害者
の親たちの語りに見る親役割の変容 (脱施設化政策における知的障害者のグループホームの機能
とその専門的支援の研究) …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009658867/
知的障害と絵記号 (ピクトグラム): 障害学の視点から 杉野昭博 – 関西大学 『社会学部紀要』, 2006 – kansai-u.repo.nii.ac.jp 障害の有無にかかわらず利用されている絵記号は、非障害者と知的障害者とのコミュニケーション
障壁 を取り除く可能性をもっている。知的障害者に・コミ ュニティ創成研究センターで開催された第
15回神戸障害学サロンにおける研究報告「知的障害と絵文字一障害学 の観点から」をもとにしている。 …
https://kansai-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=9404&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害児における身体の自己コントロールが日常行為の発達に及ぼす影響: 動作法の適用と靴下履きの変容の分析 高橋ゆう子 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 本研究で は 、5 歳に なる知的障害児を対象 と して 、身体の 自己コ 本研究で は 、知的障害児の
日常行 為 に 着目 して 支援 を検討す る こ とが 、実用的適 応 ス キル の 制約を軽 【V ,考 察 1,知
的障害 児の 日常行為 に おける身体 の操作性 知 的障害 があ る場合、緩や かな発達 の た め、凵…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/3/48_KJ00007226288/_article/-char/ja/
 知的障害児のひらがなを読む力を伸ばす試み: 複式の授業形態での効果的な指導法 田鹿真紀 – 教育実践研究, 2009 – juen.repo.nii.ac.jp 2 A児のプロフィール 小字校特別支援字級1年生 男子 盧洲性癸達障害 輕度知的障害 SーM社会
能力検査結果 (平成18年7月7口実施) 生活年齢5歳3か月 社会生活年齢3歳10か月 出中ビネー (平成
18年8月2日実施) 生活年齢5歳4か月 I Q63 精神年齢3歳4か月 基底年齢3歳 友達と同じことを…
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5016&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害特別支援学校における自立活動の現状と教員の課題意識 (Ⅱ) 今井善之, 生川善雄 – 千葉大学教育学部研究紀要, 2014 – core.ac.uk 自立活動は, 特別支援教育において特別に設けられた領域であり, 障害のある児童生徒にとって,
教育上重要な位置付けであるといえよう. 本研究では, 昨年の研究に引き続いて, 特別支援学校の
教員を対象として聞き取り調査を行い, その現状と教員の課題意識について分析検討した. 自立活動を…
https://core.ac.uk/download/pdf/97062731.pdf
知的障害児の衣生活支援を試みて―衣服の選択と自己決定― 千葉桂子 – 繊維製品消費科学, 2007 – jstage.jst.go.jp た だどういうかたちであっ ても身体に直接まとう衣服を無視することはで きないし,適 切な衣服を
着装 しなければ個人と してのアイデンティティーが保障されない場合 があるということを知 った. 本稿
では2005年 に行 った知的障害児教育を主 とする養護学校における学習活動について報告 する.(※…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/senshoshi1960/48/12/48_12_798/_article/-char/ja/
 在宅知的障害児・者を養育する家族の生活問題とサービス利用の状況 水田和江 – 西南女学院短期大学研究紀要, 2004 – seinan-jo.repo.nii.ac.jp 第2回目は、日山口県A町に居住する知 的障害児・者をもつ家族で、知的障害 者親の会に所属して
いる世帯30世帯の うち、調査を承諾した28世帯歳未満の知的障害児を含む世帯 (19.7%) 小学生
の知的障害児を含む世帯 |(魏闘 中学生の知的障害児を含む世帯 |(基懸 高校生の知的障害児を含む…
https://seinan-jo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=273&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害者の自立生活支援についての歴史的考察 金文華 – 2010 – wesleyan.repo.nii.ac.jp 知的障 害者の自立生活支援はどのような変遷を遂げ、今 後どのような方向に向かおうとしている
のか。本 論文では知的障害者の就労支援において大きな影 響を与えて来た知的障害者知的障害
者通勤寮における自立生活支援の変容 〜知的障害者通勤寮大会報告書を中心に〜 通勤寮における…
https://wesleyan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=165&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
 知的障害者のスポーツニーズと課題の検討–スペシャルオリンピックス参加者の保護者を対象とした調査分析 田引俊和 – 北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部 …, 2017 – hokurikugakuin.repo.nii.ac.jp 本研究では,知的障害者の学校現場以外での継 続的なスポーツ実践に関して検討を行う.具体
的 には,知的障害者の継続的なスポーツを支援して いる「スペシャルオリンピックス注3)」の会員を対
象にした量的調査によりそのニーズや課題,到達 点等に関する分析を行なう.しかし,その障害特 性…
https://hokurikugakuin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1003&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害特別支援学校における 3D プリンターを用いたキャリア教育 山崎智仁, 水内豊和 – 富山大学人間発達科学部紀要, 2019 – toyama.repo.nii.ac.jp 知的障害特別支援学校小学部の生活単元学習において, 児童の好きなことや得意なことを生かし
, 3D プリンターを用いたキーホルダーを作成し, 最終的に学習発表会で販売した. 3D プリンターを活用
することで, 自分が描いたイラストがキーホルダーになり, そのキーホルダーを販売して他者に喜んで…
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=17101&item_no=1&page_id=32&block_id=36
自閉症状を伴う知的障害児にみられた構音の改善 千本恵子, 佐藤亜紀子, 加藤正子, 岡崎恵子 – 聴能言語学研究, 2000 – jstage.jst.go.jp 本論文の症例は 9 歳の自閉症状を伴う知的障害児である. ときおり, おうむ返しが認められたが, 自発
話がなく, ほとんどの子音が声門破裂音であった. 構音訓練を行った結果, 日常会話のレベルまで
構音は改善し, 簡単な日常会話が成立するようになった. 自閉症状を伴う症例の構音訓練において, …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcomdis1983/17/3/17_3_150/_article/-char/ja/
カリキュラム・マネジメントの観点に基づく特別支援学校と特別支援学級における教育課程編成の課題-知的障害者教育の教育課程を中心に 下條満代, 照屋晴奈, 大城政之 – Journal of Inclusive Education, 2019 – jstage.jst.go.jp 知的障害者である児童生徒に関しては「知的障害者である児童生徒に対する教育を行う特 別
支援学校の各教科は、知的障害の特徴や学習上の特性等を踏まえ、児童生徒が自立し社会
この設定の理由として、「知的障害児においては知的機能の障害が同一 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/incleedu/6/0/6_56/_article/-char/ja/
 知的障害者家族にみる家族ケアの特質:< ケアの社会化> を見据えて 鍛冶智子 – 金城学院大学論集. 社会科学編, 2019 – kinjo.repo.nii.ac.jp 本稿は知的障害者家族を例として,親によ るケアに焦点を当てながら家族内で行われる ケア(以下
これは 障害者を成員に含む家族(以下,障害者家族) においても同様であり,長年課題となってい
についての緊急調査」では,回 答のあった在宅障害者3,277人(回答率 10.1%)のうち何らかの介護3…
https://kinjo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1051&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 Truck Loading Task を用いた知的障害者のプランニング 中島好美, 池田吉史, 奥住秀之 – 2014 – core.ac.uk 近年, 知的障害児・者の実行機能の問題への注目が高まる中で, 知的障害児・者のプランニング
に関する研究がいくつか見られるようになった. それら境界線知的障害児群と軽度知的障害児群は
ともに低い成績を示したが, 境界線知的障害児群と軽度知的障害児群の差は明瞭でなかったとしている. …
https://core.ac.uk/download/pdf/33467748.pdf
知的障害を伴う広汎性発達障害児における箸操作のスキル般化に及ぼす身体的ガイドフェイディングの効果 佐々木銀河, 施燕秋, 野呂文行 – 障害科学研究, 2016 – jstage.jst.go.jp この技法は、口頭指示やモデリングを 用いて箸操作スキルを指導するよりも有効であ り(山崎・鈴木
,2005)、重度の認知機能障害 がある人の箸指導が困 難である知的障害を伴うASD児においても
有 効な手続きと期待される。 そこで本研究では、知的障害を伴う広汎性発 達障害幼児1名に対して、…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/adsj/40/1/40_43/_article/-char/ja/
自動車教習所における知的障害者への教習実態 田中敦士 – Asian Journal of Human Services, 2014 – jstage.jst.go.jp ②現在知的障害者が免許を取る際、技能教習において、知的障害者に対して十分な配慮がされて
いると思いますか。 ③現在知的障害者が免許を取る際、学科教習において、知的障害者に対して十分
な配慮がされていると思いますか。 ④知的障害者の技能教習にどのような不安がありますか。 ⑤…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajhs/7/0/7_72/_article/-char/ja/
 PIC シンボルによる知的障害者の意思表示システム 高橋亘, 柳内英二 – 関西福祉科学大学紀要, 2009 – fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp 要旨: 知的障害児や自閉症児などの言語への興味をほとんど示さない児童のコミュニケーション支援
のために PIC シンボルを用いた意思表示システムの開発を試みた. PIC シンボルの系統的表出の
ために M 言語の階層型データベースを活用した. 我々のシステムは 2 語期の言語習得のパターンを…
https://fuksi-kagk-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=198&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1
 知的障害者コロニーの動向にみる地域生活移行の課題 船本淑恵 – 大阪大谷大学紀要= Bulletin of Osaka Ohtani …, 2016 – osaka-ohtani.repo.nii.ac.jp 特に 18 歳以上の知的障害者は 11 万人以上が施設に入所し、それは 18 歳以上 知的障害者
の 19.4%という割合になる。他の障害や 18 歳未満の知的障害児に比べ、18 歳以上 知的障害者
の入所割合は著しく高い(4)。また、障害者施設入所者数が約 14 万人と集計されてい …
https://osaka-ohtani.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=143&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害教育における学習指導案様式 「ワンペーパー指導案」 の提案 小山聖佳, 上川達也, 田淵健… – 岩手大学教育学部 …, 2019 – iwate-u.repo.nii.ac.jp 1. はじめに学習指導案は 「学習指導・授業の設計図」「授業研究の資料」「授業実践・研究の記録」
という側面を持つ 1).「学習指導・授業の設計図」 を換言すると 「構想と自己検討の機能」 である. これ
は, 学習指導案の作成過程において, 授業者がその構想を言語化し, 自己に対して明示するもので…
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=14738&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 徳島県における知的障害児教育の成立過程について 北野まゆみ – naruto.repo.nii.ac.jp 序章問題の所在と目的障害児教育の法体系上の成立は 1947 年といわれているが, 長野県松本
尋常小学校や長野尋常小学校の例にみられるように, 実際には明治期より知的障害児に対する
教育が行われていた. また, 東京市下谷万年小学校で, は, 貧困児教育と混在する形で, 特別学級の…
https://naruto.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=21254&item_no=1&attribute_id=4&file_no=1
 重度・高齢の知的障害者に対する地域移行のプロセスの確立に関する調査・研究 森地徹 – 研究紀要第 4 号 (平成 22 年度) はじめに, 2011 – nozomi.go.jp 】 知 的 障害 者 入所 施設 から の 入所 者 の 地域 移行 において, 特に 重度・高齢 の 知 的 障害
が 行 われ て いる 知 的 障害 者 入所 施設 10 施設 を 対象 に, 重度・高齢 知 的 障 害 者 の 地域
ある こと が わかっ た. 【 キーワード】 地域 移行 プロセス 重度 知 的 障害 者 高齢 知 的 障害 者 …
https://www.nozomi.go.jp/investigation/pdf/report/02/ky04.pdf#page=58
知的障害を伴う自閉症スペクトラム生徒の青年期の食事指導 前田宣子 – 自閉症スペクトラム研究, 2013 – jstage.jst.go.jp 筆者は、2 名の重度の知的障害を伴う自閉症生徒と 彼らが高等部 2 年生(現 3 年生)の時に
出会った。2 名の共通した問題行動は、①極度の偏食があり、限ら れた好きな物しか食べない状態が
小学部から続いてい る。②担当者が食べるように指導すると、不安定にな り、担当者や友達を、噛む・…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/japanacademyofas/10/3/10_73/_article/-char/ja/
 知的障害特別支援学校中学部における地域社会・産業と連携した職業教育に関する研究 名古屋恒彦, 名須川美智子, 田淵健, 田村英子- 2010 – core.ac.uk 職業教育に関 して、名古屋らは、知的障害特別支援学校にお ける職業教育に関する実践研究が、
とした生活単元学習の授業研究 を通じて、知的障害特別支援学校における職業 教育の在り方を検討
本章では、知的障害特別支援学校中学部におけ る生徒の主体的取り組みを実現し、かつ地域社 会…
https://core.ac.uk/download/pdf/144249853.pdf
 ホームレス状態に陥った知的障害者のライフコース研究 中野加奈子 – 佛教大学大学院紀要. 社会福祉学研究科篇= The …, 2013 – archives.bukkyo-u.ac.jp しかし,知的障害児・者への療育,教育が整備され,知的障害者福祉法や自立支援法による サービス
がある程度は整備されてきた今日,なぜ身体障害や精神障害とは異なり,法律上には知的障害の
定義は定められていないが,基本的 には「知的機能と適応行動の両方に制限を示す障害で発達期…
https://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DF/0041/DF00410L033.pdf
自閉的行動を持つ重度知的障害児の色概念の形成: 音声刺激による選択と命名反応の形成 谷晋二 – 特殊教育学研究, 1997 – jstage.jst.go.jp こ の研究 の 目的 は、〜人 の 重度の 知的障害 と 自閉的特性 を持つ 女子に 色概念を教え る こ
と 自閉症児や 知的障害児 の 話 し言葉の 獲得 と さらに 高 次 な言語機能 と しての概念学習の
困難 さ は、人の 自閉的行動を示す知的障害 児で 、音声刺激 に よる色概 念 の学習 が困難で あっ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/34/4/34_KJ00004952139/_article/-char/ja/
知的障害特別支援学校の教科指導に関する現状と課題: インタビュー調査より 小畑伸五, 井上典子, 北岡大輔, 久保田真由子… – … 教育学部紀要委員会 編, 2019 – ci.nii.ac.jp 知的障害特別支援学校では、各教科をはじめとして教育課程編成について見直し、その在り方を検討
していくことが重要な課題となっている。本研究では、知的障害カテゴリーの関連を検討したところ
、知的障害特別支援学校の教科学習では、とくに【実態把握】における学習集団の編成や学習形態、【…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006560942/
知的障害者が地域で生きるということ: インクルージョン実現に向けた 「ちょこさぽ」 実践をとおして 西村愛 – 保健福祉学研究, 2008 – tbgu.repo.nii.ac.jp (2) 知的障害者の余暇の実態 障害者の文化 ・ 娯楽活動について、 岡村 重夫は 「単に 『暇つぶし
』 とみるのではな く丶 障害者の精神生活の自己表現と して、 それらのもつ建設的、 開発的意味を
注目す べきである」 ~と述べている。 渡辺徹も 「余 暇は人間生活の労働や睡眠、 食事を差し引 いた…
https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=385&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 特別支援学校 (知的障害・肢体不自由) の児童生徒における携帯電話の利用状況に関する実態調査 江田裕介, 松下香好 – 和歌山大学教育学部教育実践 …, 2007 – center.edu.wakayama-u.ac.jp 障害生徒は、家庭との連絡手段として個人 で携帯電話を所有する例が多いのではないかと考えら
れる。しかし、今のところ実情は明らかではない。 そこで本調査は、特別支援学校の主として知的障害
や小学部、中学部、高等部の学部ごと に、また知的障害、肢体不自由の障害区分により集計 …
http://center.edu.wakayama-u.ac.jp/centerkiyou/kiyou_no17_pdf/p059-064eda.pdf
 オープンカレッジにおける知的障害者の生涯学習支援に関する意義 岡野智, 鈴木恵太, 野崎義和, 川住隆一, 田中真理 – 2010 – sed.tohoku.ac.jp 本稿では, 東北大学で行われている知的障害者の生涯学習支援の取り組みであるオープンカレッジ
の意義を検討した. まず, 先行研究との比較を通して, 本取り組みの視点を明確化し, その上で, 受講
生である知的障害者の家族に対して行ったインタビュー調査から, 本取り組みにおける主催者側と…
https://www2.sed.tohoku.ac.jp/~edunet/annual_report/2010/10-03_okano.pdf
 知的障害特別支援学校における 「自立活動」 についての一考察: A 校における実践史を通して 山本智子 – 皇學館大学紀要, 2020 – kogakkan.repo.nii.ac.jp 筆者は,知 的障害特別支援学校の教育課程や授業改善にかかわる中で,「自立活動」の指 導を
どのように進めればよいのかということや指導をし,知的障害教育の「自立活動」は,他の障害分野と
異なり,その内容が具体 的に把握されていない状況から出発したことを示した。また,A知的障害特別 …
https://kogakkan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=218&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害者本人の障害理解と心理的支援: 本人による障 清水直治 – 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 1999 – core.ac.uk Title 知的障害者本人の障害理解と心理的支援 : 本人による障 害の認識と対応のための面談調査
Title 知的障害者本人の障害理解と心理的支援 : 本人による障 …
https://core.ac.uk/download/pdf/15925333.pdf
 特別支援学校 (知的障害) 高等部進路指導担当教員の就労移行支援に対する困り感-指導法及び教員支援に関する自由記述から 藤井明日香, 川合紀宗, 落合俊郎 – 研究紀要, 2014 – takamatsu-u.ac.jp 本研究は, 特別支援学校 (知的障害) 高等部の就労移行支援で生じている課題を明らかにするため
に, 進路指導担当教員が感じている困り感について質問紙調査を実施した. 全国 536 校の特別支援
学校 (知的障害) 高等部の進路指導担当教員 1,072 名に対して質問紙調査を実施した. これらの…
https://www.takamatsu-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/11/60-61_1_111-128_a.fujii-etc.pdf
 知的障害特別支援学校中学部における目標・手立て・評価に着目した職業教育の研究 名古屋恒彦, 藤谷憲司, 小山芳克, 田村英子… – 岩手大学教育学部 …, 2014 – core.ac.uk 学校種は知的障害・肢 体不自由特別支援学校である。 今回の視察では、小学部遊びの指導、中学
部作 業学習3班、高等部作業学習5班の計9授業4)名古屋恒彦・名須川美智子・田洲健・田村
英子 ・岩井雅俊 (2010) :知的障害特別支援学校中 学部における地域社会・産業と連携した職業教 育…
https://core.ac.uk/download/pdf/144249681.pdf
わが国の知的障害児の学校教育における自己選択・自己決定の研究動向 宮野希, 細谷一博 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2021 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 本研究では,これまでのわが国における知的障害児を対象とした学校教育場面での自己選択・自己
決定の実践を整理していく中で実践方法や児童生徒にもたらす効果・課題を明らかにし,今後の学校
教育における自己選択・自己決定の取り組みについて検討することを目的とした.その結果,教師は自己…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/12043
知的障害児・者の自己の発達に関する文献的考察 山根隆宏, 山根隆宏 – 人間文化研究科年報 (奈良女子大学人間文化研究科), 2016 – ci.nii.ac.jp [Background] Understanding the self-development and self-understanding of people with
intellectual disabilities is important, particularly for those providing education and career
support for this population. There is insufficient research into the self-focusing of people with …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006658056/
 知的障害者と暮らす家族の介護ストレス: 介護ストレスとソーシャル・サポートの緩衝効果 武田春美 – 福島県立医科大学看護学部紀要, 2004 – ir.fmu.ac.jp 本研究では,知的障害者を介護する家族のストレスを 分析するために, Lazarus& Folkmanストレス
認知理論の ストレッサー,資源(リソース),認知知的障害者の日常生 活自立度 (activityofdailyliving:以下
ADL) とした.資 源とは,ストレスの軽減が期待できる問題解決の手段で あり知識や情報,知…
https://ir.fmu.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/39/1/KJ00004092462.pdf
知的障害高等特別支援学校 (特別支援学校高等部) における 「流通・サービス」 の実施状況についての調査研究 渡辺明広 – 特殊教育学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 現行 の学 習指 導要領か ら、知 的障害養護学校高等部で は専 門教育に関 す る教 科 として 以
下、学習指導要領 とい う)に お い て 、知的障害者を教 育 す る養 護学校 (現、特別支援学校) で
こ れ らの 分野の 学 習活動につ い て は 、知的障害者を対象 とす る障害者職 業能力開発校 と技術…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/47/1/47_KJ00006395763/_article/-char/ja/
ADHD 傾向を示す軽度知的障害児に関する事例研究–self-esteem の向上に着目して 小西一博, 稲垣応顕 – 富山大学教育実践総合センター紀要, 2005 – ci.nii.ac.jp 養護学校に在籍する ADHD 傾向を示す軽度知的障害児童の自尊感情を高めることを目的に, 学校
カウンセリングが用いるチャンス面接を継続して行った. またその際, 対象児の非合理的な思考を合理
的な思考に転換させることをねらい, Albert Ellis が考案した論理療法的な応答を行い続けた. その…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004652518/
強度行動障害を示す重度知的障害者の行動改善に関する考察 (介護福祉学科) 石川肇 – 聖泉論叢, 2005 – seisen-u.repo.nii.ac.jp 障害 自閉症 コミュニケーショ ン 対人関係 こだわり てんかん 気分障害 構造化療育 ー はじめに A市
にある知的障害者入所更生施設 (以下 「A施設」 という) では, 平成 6年度よ り強度行動障害強度
行動障害加算対象とは, 知的障害者福祉法に基づく指 定施設支援に要する費用額の算定に関する…
https://seisen-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=936&item_no=1&page_id=55&block_id=104
 成人期知的障害者の生涯学習支援に関する研究: オープンカレッジ東京を中心とした比較・縦断的検討を通して 烏雲, 畢力格, 今枝, 史雄, 菅野 – 2012 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp に対応 できる継続教育・障害のある人々の自己理解(主体性 の確立)と社会参加の支援を目的
として,東京学芸大 学で知的障害者を対象とした大学1 .知的障害者の教育を受ける権利の保障 知
的障害のある人にとって,養護学校高等部以降 は,学ぶ機会はまだまだ少ないのが現状である。彼 ら…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30329&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
養護問題を抱え施設入所した知的障害者の障害の自己認識: 知的障害のある人の語るライフストーリーを通して 杉田穏子 – 青山学院女子短期大学紀要= Journal of Aoyama Gakuin …, 2015 – ci.nii.ac.jp CiNii 論文 – 養護問題を抱え施設入所した知的障害者の障害の自己認識 : 知的障害のある人の
語るライフストーリーを通して 軽度知的障害 障害の自己認識 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120005690408/
知的障害児に対する性教育における教材研究・授業づくりの基本的視点の検討 (特集 教材研究と授業づくり) 児嶋芳郎 – 障害者問題研究, 2011 – ci.nii.ac.jp 知的障害児に対する性教育に関する教材研究・授業づくりの前提として,人間の性及び性教育が国際
的にはどのように認識されているのかを確認し,その上で,性教育の学校教育全体に対する位置づけを
示した.加えて,筆者らが2010年に全国の知的障害原因を探り,今後知的障害児に対する性教育が…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007997301/
 知的障害者の問題解決能力の形成に向けた学習支援とそ 今枝史雄, 菅野敦 – 東京学芸大学紀要. 総合教育科学系, 2017 – core.ac.uk 知的障害者の自己決定について 厚生労働省が2005(平成17)年まで,5 年ごとに 実施していた「知
的障害児(者)基礎調査」におい て,近年全体の知的障害者数とともに,50代・60代 以上の知的障害
このことから, 近年我が国における長命化・高齢化は知的障害者にお いても同様に生じていること…
https://core.ac.uk/download/pdf/83607134.pdf
知的障害者による自動車運転免許の取得支援; 自治体・学校・自動車教習所による支援の現状 伊保愛子, 田中敦士 – 琉球大学教育学部紀要, 2008 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp の有無 障害者対象の自動車運転免許取得助成事業は、 昨年度まで沖縄県の事業として沖縄県知
的障害者 更生相談所でも実施されていた障害者また、宜野湾市では 身体障害者対象の事業となっ
ているが、知的障害 者による申請の前例がないだけで、知的障害者で も沖縄県公安委員会で適性…
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/handle/20.500.12000/7331
 知的障害児の相互作用拡大に関する小集団指導の検討 東俊一, 障害見教育 – 新見公立短期大学紀要, 2004 – core.ac.uk 本研究では、知的障害児の相互作用の拡大に関する小集団指導の効果を検討するために、模 擬的
小その結果、今後の統合保育場面において、障害児に求めら れるさまざまなスキルの向上と、障害
児1、対象児の生育歴 インテーク時4歳6ヶ月の知的障害児。 生下時体重は3316g、正常分娼であっ…
https://core.ac.uk/download/pdf/236411265.pdf
 知的障害教育における 「日常生活の指導」 概念の検討 浦﨑源次, ウラサキゲンジ – 群馬大学教育実践研究, 2015 – core.ac.uk ほとんどの知的障害特別支援学校における教育課程 に「日常生活の指導」が設定されている。知的
障害以 外の特別支援学校に在籍する重複障害の児童生徒に対 しても同様の教育課程が可能なので
、重複障害児の割 合から考えて、多くの特別支援学校に「日常生活の指 導」が設定されていると…
https://core.ac.uk/download/pdf/141878164.pdf
重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症幼児に対する選択行動支援―介入方法を示唆するアセスメントの開発― 臼井潤記, 佐々木銀河, 野呂文行 – 特殊教育学研究, 2019 – jstage.jst.go.jp 本研究では, 児童発達支援事業所を利用する重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症幼児 3 名を
対象に, 選択行動を促進する介入方法を示唆する選択テストを開発し, その予測的妥当性を検証する
ことを目的とした. 選択テストは, 選択行動の困難要因が 「アイテムの強化価の低さ」 か 「選択対象物…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/57/1/57_25/_article/-char/ja/
 知的障害者施設への支援費制度の影響に関する一考察 中村敏秀, 相澤哲 – 長崎国際大学論叢, 2005 – core.ac.uk 要 旨 本研究は、支援費制度が知的障害者更生施設に与えた影響についての予備的な調査を
おこない、検討 したものである。調査データは知的障害1)知的障害者更生施設の縮小はありえても
、廃止は不可能でありまた望ましくもない。 2)今後の地域移行への趨勢を考慮すると、こうした施設がとる…
https://core.ac.uk/download/pdf/51457298.pdf
知的障害のある生徒への学校場面における選択行動の指導 裴虹, 渡部匡隆 – 特殊教育学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 本研究は、知的障害養護学校の中等部に在籍する 3 名の知的障害のある生徒を対象に、選 択行動
の指導方法について検討した。事前に生徒の好みの活動に関するアセスメントを行 い、続い知 的
障害のある生徒への選択行動の形成に関する指導方法と、その教育的な意義について示唆 された。 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/1/49_1_85/_article/-char/ja/
知的障害者への就労支援–コミュニケーション・スキル・トレーニングの実践から 藤井薫, 松岡秀子 – 発達人間学論叢, 2001 – ci.nii.ac.jp 知的障害者の就労課題の一つに 「職場における人間関係」 がある. 当センターから就職していった
訓練生の中にも, 職場でのコミュニケーションがうまくいかず, 人間関係が悪くなり, 離職につながる
といった例が多く見られた. コミュニケーション・スキル・トレーニングを実施する中から, 筆者らは 1 心理的…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120002108509/
知的障害特別支援学校における 「遊びの指導」: 学習指導要領解説の 「遊びの指導」 に関する記述の分析 進藤拓歩, 今野和夫 – 秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要= Bulletin of …, 2013 – ci.nii.ac.jp 知的障害特別支援学校における「遊びの指導」 : 学習指導要領解説の「遊びの指導」に関する
記述の分析 Teaching ‘Play’ in schools for special needs education for children with intellectual
disabilities : Analysis of the manuals of the course of study 知的障害特別支援学校 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009576649/
 中度知的障害児の関係処理と項目特定処理機能に関する指導事例 島田恭仁 – 鳴門教育大学研究紀要, 2009 – naruto.repo.nii.ac.jp と呼び,障害のある児童の読み指導に活用できる可能性について指摘した。 その後,島田(2007)は
,軽度知的障害児を対象にした実験的な研究を行い,多くの文の項目特定処理を行え ば文の再生
率が高まることを見いだし,関係情報と項目特定情報の相補作用効果が軽度知的障害児においても…
https://naruto.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=27728&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1
知的障害者のスポーツをめぐる 「身体経験」 の論理 笠原亜希子 – スポーツ社会学研究, 2021 – jstage.jst.go.jp 本稿は、このような社会福祉学における理論 を手がかりに、知的障害者の「身体経験」が 「当事者
」と「知的障害者」とし、理論 的検討の中心に「身体」をおいて、そこから導 かれる「身体経験」の論理
を議論するというこ とである。それはすなわち、今日のスポーツ社 会学における「身体論」を、知的障害…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsss/29/1/29_29.1.2/_article/-char/ja/
発音の誤りパターンが不規則な中度知的障害児に対する構音指導 糸藤理津子, 川合紀宗 – 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育 …, 2011 – ci.nii.ac.jp 本研究は, 構音の誤り音のパターンに規則性がなく, 発語失行が疑われる中度知的障害児童に対し,
固有受容感覚を高めさせ, 正音産出を促すために, 特に対象児の発話明瞭度の著しい低下に関与し
ている音を指導のターゲットとし, その音の明瞭度を上げる構音指導や, 発音発語器官の機能を高め…
https://ci.nii.ac.jp/naid/40018745756/
 知的障害者を対象とした地域生活支援教室 「あそぼっと教室」 の試行 武蔵博文, 寺田晴津子, 水巻まゆみ, 伊藤美奈- 2003 – core.ac.uk 要 約知的障害者が地域で 自立的な生活を送るための 生活支援プロ グラム を開発するこ とを目的
とし, 社会資源の 利用技能に 焦点をあて た. さらに, 利用 した施設の 従業員, ボランティ ア- アン ケ
ー トを行うこ とにより, 知的障害者が社会資源を利用するこ とにつ い て, 現状の 一 端を明らかにした…
https://core.ac.uk/download/pdf/70318946.pdf
 埼玉県における養護学校義務制前後の知的障害教育課程の編成 齋藤一雄 – 上越教育大学特別支援教育実践研究センター紀要, 2012 – juen.repo.nii.ac.jp 1947年の学校教育法により特殊教育が位置づけられ、知的障 害教育は主に軽度の知的障害児を
そし て、1979年における養護学校義務制の施行により、対象が中・ 重度の知的障害児と重複障害児
され、中・重度の知的障害児 と重複障害児に対して弾力的な教育課程編成ができるように なった。 …
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5774&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害教育におけるキャリア教育の現状と課題 北村博幸 – 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 2016 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 知的障害児童生徒のキャリア発達支援の枠組み として,「職業観・勤労観を育むための学習プロ
知的障害特別支援学級や知的障害特別支援学校 のキャリア教育に関する教育実践は多様な視点
特別支援学校 におけるキャリア教育に関する意識を明らかにす ることを目的に,千葉県内の知的障害…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8014/1/67-1-kyoiku-10.pdf
「生きる力」 をはぐくむ知的障害児の発達課題の在り方について 野口佳子 – 大阪総合保育大学紀要, 2015 – jonan.repo.nii.ac.jp 本稿は、知的障害児の社会自立を目指すために必要な「自立活動」の内容の指針とな る「生きる
力」をはぐくむ発達課題の在り方を明らかにすることを目的としている。そ のために生涯発達に必要
とされる「発達課題」の概念について現代社会における意味を 問い直し、再構築することを試みた。 …
https://jonan.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=26&item_no=1&page_id=13&block_id=37
コミュニティソーシャルワークの方法に関する一考察-知的障害者の地域生活支援の実践をとおして 高橋爾 – eJournal of Urban Management/Creative …, 2006 – creativecity-j.gscc.osaka-cu.ac.jp 、知的障害児と一緒に 地域の児童センターに遊びにいくと「こいつしゃべられへんのか」と揶揄され小
突かれたり、言語機能障害のある 脳性マヒの障害者また、知的障害者が喫茶店への入店を断られ
たり、知的障害児とその家族が地域の催し物で無視さ れたりするなど、「社会への参加」が拒否される…
http://creativecity-j.gscc.osaka-cu.ac.jp/ejcc/article/view/137
 知的障害児の動作模倣能力の発達と演劇的表現 (1) 伊勢田亮 – 日本福祉大学社会福祉論集, 2003 – nfu.repo.nii.ac.jp 知的障害児と動作模倣 模倣とは, 他の者の行動を見て, その刺激によって無意識的および意識的
に類似した行動をと るという現象を指す. この模倣という行動には口唇を動かすことや声を出すこと,
指や手を動か すことなどが含まれており, ピアジェ (Piaget Jean) は, こうした模倣が発達初期である…
https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1868&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
 特別支援学校知的障害児小学部と小学校における教科を通じた交流及び共同学習の実践と課題: インクルーシブ教育システム構築に向けた合理的配慮の視点を生かした … 陸川みどり – 教育実践研究, 2015 – juen.repo.nii.ac.jp その要因と考えられることとして教育課 程の違いや教科書と授業進度の違い、個々の障害への
配慮を十分に行う難しさなどが挙げられる。特に、知的障害者の そこで本研究では、特別支援学校
小学部の知的障害児が通常教育に参加し、教科学習で共に学ぶため、合理的配慮の 項目を検討し、…
https://juen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7059&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
知的障害特別支援学校におけるキャリア教育: デュアルシステムと深い学び 加藤哲 – 総合福祉研究, 2018 – shukutoku.repo.nii.ac.jp 知的障害者の多くは非正規 雇用の形態が多い.厚生労働省職業安定局から出された「平成25年度
障害者雇用実態調査結果」 によると,雇用されている知的障害2008年に厚生労働省から発表され
た「身体障害者,知的障害者及び精神障害者就業実態調査の 調査結果について」の中で,知的障害…
https://shukutoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1692&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者における表情ならびに音声からの他者感情の識別について 向後礼子, 望月葉子, 越川房子 – 特殊教育学研究, 2003 – jstage.jst.go.jp 軽度 の 知 的障害者 124 名 と大 学生 ユ28 名を対象に ビ デオ に 録 画 され た 「音 声」「表 情
(動画知的 障害者が 表情な らびに音声か ら他者感情 を識別す る際 の 特徴 に つ い て検 討す る
。 また、先行研究 は、知 的障害者の 表情識別能力 に影 響 を与 える要 因 と して、対 人 的 経験 と知 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/40/5/40_KJ00004952978/_article/-char/ja/
 知的障害者へのスポーツ支援と社会的価値の創造 佐藤充宏 – 徳島大学総合科学部人間科学研究, 2001 – core.ac.uk The purpose of this paper is to investigate changes of leisure abilities to the participants
who playsportsforpersons with developmental disabilitiesin Special OlympicsNippon/Tokushima
(SONT) The participants are called “athlete’in SONT and acquire the new social roles in …
https://core.ac.uk/download/pdf/197191062.pdf
特別支援学校における離席行動を示す知的障害児への介入パッケージの効果 小西一博 – 特殊教育学研究, 2016 – jstage.jst.go.jp 本研究では, 特別支援学校に在籍する知的障害児に対して, 行動論的アプローチを組み合わせた
介入パッケージが, 離席行動の改善に有効であるか否かを検証することを目的とした. シングルケース
デザインを用いて着席時間の増加場面を観察することにより, 介入効果を検証した. その結果, 対象…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/54/2/54_101/_article/-char/ja/
知的障害のある人の高齢期における発達と発達保障 (特集 知的障害のある人の高齢期における発達保障) 白石恵理子 – 障害者問題研究, 2013 – ci.nii.ac.jp 知的障害のある人の加齢変化について,「可逆操作の高次化に基づく階層-段階理論」をもとに,その
発達的変化を探ろうとした.具体的には,知的障害のある2事例(現在,60歳と80歳)を対象に,これまでの
生活歴と作業所での実践経過,発達診断結果から発達的考察を試みた.その結果,知的機能において…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009592546/
知的障害養護学校における授業研究: 授業批評・生徒の評価・批評者の社会的妥当性の評価を通したボランティア体験学習の検討, 授業改善の試み 大谷博俊 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp 知的障害養護学校 に お ける授 業研究 授業批評 ・生徒の 評価 知 的障害養護学校 に お け
る授 業研究 の ね ら い 3 )批評者 に よ る学習活動 の 社会 的妥 当性 の 評 価 : 批評 者 (知
的障害 養 護学 校 の 教 員 お よ び 障害 児 教育専攻 の学部生、 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/40/2/40_KJ00004952932/_article/-char/ja/
知的障害のある学習者のための新しい教科書アクセシビリティの提案 棟方哲弥 – 電子情報通信学会技術研究報告; 信学技報, 2013 – ieice.org この中では知的障害教育に大切とされる 「動機づけ」 や 「意欲を高める」 学習指導の先行例を参考
にするとともに 「教科書は学習者が能動的に使うもの」 という従来の在り方から離れ 「能動的に学習
者に向かい合う教科書」 という新たなアクセシビリティ機能を提案する. 最後に, これらの機能を実現…
https://www.ieice.org/ken/paper/20130112HBaT/
知的障害生徒の 「自己決定」 に向けての支援に関する研究 松田文春, 二階堂修以知, 福森護 – 中国学園紀要, 2007 – cur-ren.repo.nii.ac.jp 知的障害のある生徒にとって,自己決定に基づく活動が円滑に行えることは,学校教育終了後の主体
的な社会参加を 可能にするための基礎的な力となる主対象は重度知的障害の生徒である。ただ,集団
学習 における力学が重度の生徒の自己決定に及ぼす影響が想 定されるので,中学部生徒全員 (14…
https://cur-ren.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=781&item_no=1&page_id=13&block_id=21
知的障害者の親によるケアの 「社会化」 の意味づけ: 地域生活支援における親の役割の考察に向けて 鍛治智子 – コミュニティ福祉学研究科紀要, 2016 – rikkyo.repo.nii.ac.jp 続ける場合が多いことは、現在ではよく知 られる事実となっている。 厚生労働省が実施した「平成23年
生活のしづ らさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等 実態調査)結果」(2013 年)によれば、65
歳未 満の在宅知的障害児・者の半数以上は家族の身体障害者、精神障害者に比べて知的障害 …
https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=12354&item_no=1&page_id=13&block_id=49
 知的障害児の進路指導をめぐる課題 (Ⅲ) ー現場実習の意義と役割の分析ー 佐久間宏, 大根田充男 – 宇都宮大学教育学部紀要. 第 1 部, 2008 – uuair.repo.nii.ac.jp 栃木県の現場実習の現状を分析する とともに、知的障害児の進路選択の過程及び中学校特殊学級
、在籍していると考えられる LD(学習障害)、ADHD(注意欠 陥/多動性障害)、高機能自閉症等の
幼児第一は、平成18年3月卒業の全国の中学校特殊学級、知的障害養護学校中学部、同高等部の…
https://uuair.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4628&item_no=1&attribute_id=27&file_no=1
自閉症児・知的障害児における文字への注視を促す支援教材に関する視線分析研究 大隅順子, 松村京子 – 発達心理学研究, 2013 – jstage.jst.go.jp 指示棒・アンダーライン・音声・コントロール(音 声なし)の各 4 刺激条件下の文字と絵への視線
停留と 障害種(自閉症・知的障害)の 2 要因分散分析を行っ た。次に障害種毎に 4 刺激下での文字
部分への視線停留 の 1 要因分散分析および多重比較を行った。多重比較は Bonferroni の方法を用…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/24/3/24_318/_article/-char/ja/
公共施設で働く知的障害者の集団づくり–清掃作業の休憩時間における実践 永澤精一, 渡部信一 – 障害者問題研究, 2006 – ci.nii.ac.jp 筆者は, 5 名の中度および軽度の成人男性知的障害者に対して就労支援や自立支援を目的として,
公共施設の清掃作業指導を行っている. 以前, 作業合間の休憩時間は, 各自がぼんやりしたり, 独り言
を言って過ごしていた. 筆者は, 各々が会話を楽しみ, 他者とコミュニケーションを深めていってほしい…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004025114/
知的障害養護学校における担任教諭と養護教諭の健康管理意識の相違に関する研究 (第 3 報) 児童生徒の健康安全に関わる知識の必要性について 石崎トモイ – 新潟青陵大学紀要, 2006 – ci.nii.ac.jp 知的障害養護学校の子どもは、障害「障害児病理や取り扱い方の学習」は、担任教諭90.5%・養護
教諭87.0%で、学習機関は、「在学学校で」が、担任教諭41.8%・養護教諭9.5%で、「勤務後の研修
で」が、担任教諭49.3%・養護教諭57.1%であった。以上の結果から、教育機関の「安全管理や障害…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007569000/
 知的障害者の生活適応能力のアセスメントに関する研究–「知的障害者の生活適応支援チェックリスト」 の開発と適用 橋本創一 – 発達障害支援システム学研究, 2001 – jasssdd.org 変 化に伴い,知的障害者に対する「生活適応」の Table1 知的障害児・者のための生活・行動・社会
・適応能力等の評価バッテリー 知的障害児・者の選定された項目数は,計106項目であ ったが,知
的障害者更生施設(対象者60名;C A18~50歳)において予備調査を実施し(知的 障害者の生活…
http://www.jasssdd.org/Journal/pdf/0103.pdf
 知的障害児教育用文章生成ソフトの開発 塚本光夫, 堀美奈子 – 熊本大学教育学部紀要 自然科学, 2001 – kumadai.repo.nii.ac.jp 知的障害者を教育する養護学校における言語や表現に関する学習としては、国語や自立活動の
コ ミュニケーション1)の中で挙げられている。言語や表現に関する学習方法には種々あるが、言葉
の獲 得と並行して簡単な文章を楽しみながら作ることできる学習方法はより効果的なものと言える。自己 …
https://kumadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16875&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
重度知的障害者における健康増進プログラムの実施とその効果について 金子暁, 山田悠太 – 国立のぞみの園紀要, 2019 – jstage.jst.go.jp のぞみの園では, 利用者の高齢化に伴い機能低下が問題となっている. 加齢に伴い運動量が減少し
, 日中活動への参加ができなくなることが一因と考えられる. そこで平成 30 (2018) 年 4 月から健康
増進プログラムを導入し, 利用者の健康増進に努めている. 短期間での評価では有意差が見いだし…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nozominosonokiyou/0/12/0_107/_article/-char/ja/
 知的障害者福祉におけるノーマライゼーションと QOL 西川正人 – 桃山学院大学社会学論集, 2010 – stars.repo.nii.ac.jp 知事、浅野史郎により「みやぎ知的 障害者施設解体宣言」が発表され、知的障害者の地域移行
について社会的に 影響を与えることにもなった。また「障害者でも自立できる社会を目指す」 新たな制度
として、2006年10月より障害者自立支援法が施行され、政策とし ても知的障害者の自立を促進する…
https://stars.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5961&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 知的障害児の先行操作に基づく指導に関する文献的検討 村中智彦 – 上越教育大学研究紀要, 2014 – core.ac.uk 近年、知的障害児や自閉症児を対象として、応用行動分析に基づく指導プログラムでは、課題中
に生じる 対象児の逸脱行動の生起を未然に防ぎ、かつ適切な課題遂行を促進するための先行操作
が重視されるようになっ た”””。本稿では、知的障害児や知的障害を伴う自閉症児を対象として、先行…
https://core.ac.uk/download/pdf/147819803.pdf
知的障害養護学校における性教育実践の教育課程への位置づけと課題 児嶋芳郎 – 障害者問題研究, 2005 – ci.nii.ac.jp 人間の性は, 人格を形成する要素の一つであり, だれもが持つ人権であるとの考え方が, 現在世界的
な認識となってきている. それは当然, 障害児者にとっても同じであり, その権利が保障されなければ
ならない. 主体者として性の権利を行使する能力の発達を中心的に担うのが性教育である. 障害児…
https://ci.nii.ac.jp/naid/110001900454/
 知的障害者の経済的自立と家庭での役割や余暇活動の実態に関する調査研究 武藏博文, 水内豊和 – 香川大学教育実践総合研究, 2009 – kagawa-u.repo.nii.ac.jp 知的障害者の生活実態に関するアン ケート調査を試みた。それをもとに,水内・武 藏(2008),武藏
・水内(2009)は,富山県内 の特別支援学校(これまでの知的障害養護学校) の高等部を卒業して
地域で生活する知的障害たこと」 に関する項目を取り上げ,成人知的障害者の経 済的自立と家庭で…
https://kagawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4399&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 知的障害児教育用画像変形ソフトの開発 塚本光夫, 牛島一寛 – 熊本大学教育学部紀要 自然科学, 2001 – kumadai.repo.nii.ac.jp 児童 項目 * ABC ID EFGHI 障害の種類 知的障害|知的障害|知的障害|知的障害 知的障害 知
的障害|重複障害|重複障害|重複障害 1) 知的障害や重複障害のある児童が、本ソフトを使用
することで、画像の変形や音の発生に 対して反応を示し、興味をひくことができる。また、普段は発音 …
https://kumadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16874&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 知的障害養護学校の教育課程に関する研究 (3)-小学部における指導方法及び指導内容についての調査と検討 大城政之, 平田永哲 – 琉球大学教育学部障害児教育実践センター …, 2001 – ir.lib.u-ryukyu.ac.jp 知的障害児や重複障害児の教育における特例は、 (3)の領域・教科を合わせた指導を指している
こと は言うまでもない。多くの知的障害養護学校では、 この形態での指導計画がなされ授業が展開
されて いる。この理由は基本的には知的障害児の持つ心 理特性である精神発達の未分化及び抽象化…
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/5078/1/KJ00004249239.pdf
重度知的障害者が求める地域生活支援における障害者と支援者との関係性とは: パーソン・センタード・プランニングにアクティブサポートモデルを導入した支援の成果と実施過程 … 古井克憲 – 社会福祉学, 2009 – jstage.jst.go.jp 要 旨 :本研 究 では,「重度 知 的障害者の 居 住支援 一 パ ーソ ン (中野 ら 2003). また ,重度
知 的障害者 の 地域生活 の 保障 や整備 が 必 要で ある (津田 2004)と,課題は指摘され る が ,支援
内容は 詳細 に検討 されて い な い .実際 GH ・CH の 場合,世話人 と呼ば れ る 支援職員が , …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/50/1/50_KJ00006628592/_article/-char/ja/
知的障害のある女性への育児支援に関する実態調査 木戸久美子, 林隆 – 山口県立大学看護学部紀要, 2002 – ci.nii.ac.jp 知的障害のある女性が 「親になる」 過程において必要とされる支援のあり方を明らかにすることを目的
として, 知的障害のある女性への育児支援に関する実態調査を行った. 今回は, 円滑な分娩がその後
36 ケースの該当者があり, 知的障害の育児支援事業を展開している施設は全国に分散していた. …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110000034824/
 知的障害児の実行機能のアセスメント 宮下知子, 北村博幸, 加藤順也 – … 教育大学紀要. 教育科学編, 2016 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp Van der Molenら,2007,池田ら,2014)では, 知的障害児・者と精神年齢を一致させた定型発達
児を解決するために,宮下ら(2015)は,知 的障害児・者の特性に対応した実行機能アセスメ ントの
用い た実行機能課題を知的障害児・者に対応するため に①対象児・者の知的能力を考慮した適切な…
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8007/1/67-1-kyoiku-16.pdf
 知的障害者の地域生活支援に関する研究―知的障害者の結婚と子育て支援について, ゆたか福祉会の事例から― 秦安雄 – 日本福祉大学社会福祉論集, 2000 – nfu.repo.nii.ac.jp など、地域生活支援の体制整備を 目標に推進しているが、知的障害児者関係の障害児 (者)地域療育
等支援事業の達成率は、の知的障害者・障害児施策の在り方について」(平成11年1 月) において
も、地域生活支援策の充実は、基本的な施策の方向等として第一にあげている。そ の中で知的障害…
https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1829&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
 知的障害児の性教育指導における現状と課題 斎藤利之, 宮崎伸一 – 中央大学保健体育研究所紀要, 2014 – chuo-u.repo.nii.ac.jp ,知的障害児に ついては障害の状態に応じて適切な指導を行うとしているが,児嶋ら(2011)4)が知
的障害特 別支援学校(国・公・私立,分校・分教室を含む) 654校に対して行った「知的障害的障害
女性の青春―障害者を 利用する偽装結婚の実態―」において,知的障害者の実態について述べて…
https://chuo-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9143&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 戦後における知的障害幼児の保育問題言説の検討: 1970 年代前半までの議論を中心に 河合隆平, 高橋智 – 東京学芸大学紀要 総合教育科学系, 2006 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 的な状況にお いて,障害児保育の制度的整備は長期にわたって放置 され続けてきた。とりわけ
戦前から蓄積のある視覚障 害児や聴覚障害児の早期教育に比して,知的障害児の 保育・療育は大幅
に遅れた。学校教育法の制定により 養護学校幼稚部だけが,唯一,障害幼児の就学前教育 として…
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30039&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 超音波法による知的障害児の踵骨骨評価 松坂晃, 小島佑太 – 茨城大学教育学部紀要 (教育科学), 2013 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 知的障害児は肥満が多い(苗ら,2012)。過 体重が骨への刺激となるのか,逆に運動不足から骨
発育を抑制するのか明らかにする必要がある。そ こで本研究では超音波骨評価測定装置を用いて,知
的障害知的障害特別支援学校に在籍する 6 歳から 18 歳の男子 220 名,女子 77 名,合計 297 名…
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18588&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 近藤益雄の知的障害教育実践における自立観の検討一社会的適応と自己実現の統一を手がかりとして一 石橋由紀子 – 2019 – repository.hyogo-u.ac.jp 近藤の知的障害児教育に関する先行研究としては、 生 活綴方教育と知的障害児教育との関連性
について検討し た研究’ ) 、 障害児教育の思想近藤の知的障害児教育実践の歴史的な意義について
、 窪田 8) が 「知的障害児教育の目標が就労すなわち社会 的自立であると考えられていた時代…
http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/bitstream/10132/17746/1/AA1198478905400005.pdf
 知的障害者の自己決定権と生体移植 杉山有沙 – 2014 – researchmap.jp 東京都では東京都心身 障害者福祉センターが療育手帳を交付するための知的障害者の認定
基準に関して、「知能 検査による知能指数(IQ)と日常生活の様子から、知的な障害の程度を総合的
に判断して 程度を決定」するものと説明されている[東京都福祉保健局東京都心身障害者センター (http://…
https://researchmap.jp/alisa_sugiyama/published_papers/16068455/attachment_file.pdf
特別支援学校 (知的障害) における Teller Acuity Cards2 を使用した教育的視力評価の取り組み 白井百合子, 小林秀之, 衛藤裕司 – 広島大学大学院教育学研究科附属特別 …, 2009 – ci.nii.ac.jp 視覚障害を教育の対象としない特別支援学校において、設備・備品や教員の専門性の問題から視
機能障害の多様化がすすむ特別支援学校(知的障害)において、Teller Acuity Card™ IIを活用した
教育的視力評価を実施し、さらにその担任へ結果の情報提供を行った。まず、特別支援学校(知的障害…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001303368/
知的障害児のコンピュータを利用した学習における強化刺激の配置の検討 藤金倫徳 – 福岡教育大学紀要. 第四分冊, 教職科編, 2010 – fukuoka-edu.repo.nii.ac.jp 対象児 本研究の対象児は、研究実施時に養護学校中学 部1年生の知的障害女児であった。田中
ビネーV を用いて知的機能の状態を測定したところ、MA は4歳3ヶ月であった。 ー知的障害児の
漢字学習についての 検討ー。日本行動分析学会第19回大会発表論 文集、132-133. …
https://fukuoka-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1260&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 一知的障害児の選択機会の提供による課題従事行動の向上 村中智彥, 閔口悅子, 藤原義博 – Bull. Joetsu Univ. Educ, 2002 – core.ac.uk 本研究は、知的障害児1名の課題学習において、課題従事行動の顕著に低かった特定の課題を
対 象に、選択機会の提供による介入を行い、選択本稿では、以上の問題意識に立ち、知的障害児
1名の課題学習において、対象児の課題従事 行動が顕著に低かった特定の課題を対象に、選択機会…
https://core.ac.uk/download/pdf/147816174.pdf
知的障害者施設における介護と看取りの意味: 施設職員の語りから 張貞京, 石野美也子 – 京都文教短期大学研究紀要, 2012 – kbu.repo.nii.ac.jp 高齢化が進む知的障害者施設で、利用者の介 護と看取りを行っている職員は何を感じ、何に
ついて悩むのだろうか。 近年、知的障害者の高齢化は著しく、2000 年 に旧厚生省が知的障害者の
高齢化対応検討会を 立ち上げ報告を行っていることからも明確であ る。その中で、高齢知的障害者の…
https://kbu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1486&item_no=1&page_id=13&block_id=37
 知的障害児教育用識別学習ソフトの開発 塚本光夫, 宮本佳典 – 熊本大学教育学部紀要 自然科学, 2000 – kumadai.repo.nii.ac.jp 盲 学校、韓学校および養護学校小学部・中学部学習指導要領”によると知的障害者を教育する
養護学校 の小学部では国語の時間の内容として「文字などに関心を持ち、読もうとする」や「文字を
書くこと コンピュータは文字、音声、画像等を複合したマルチメディアを取り扱うことが 容易で、前述 …
https://kumadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16863&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
知的障害児の数量感覚に関する実践的研究 (第 6 報) 野口佳子, 吉田伸哉, 天野ちさと, 藤井隆… – 大阪教育大学紀要 第 5 …, 2008 – ci.nii.ac.jp 6) と提唱し, 知的障害児の数量の概念形成についても, 量から数へという立場から数概念を確立し
ていかなければならないと述べている. 筆者らは量感覚の形成の中でも特に, 子どもたちが主体的に
活動し生活経験の中から学び取った感覚が, 数概念を確立していく過程でとても重要ではないかと考え…
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001056940/
 知的障害のある人たちの自立生活とアドボカシーの展開 平岡蕃 – 久留米大学文学部紀要. 社会福祉学科編, 2003 – kurume.repo.nii.ac.jp また、知的障害や自 閉症のような発達障害のある人たちが刑事事件の当 事者になる事例も明らか
は、 知的な「能力」や「コミュニケーション」に障害の ある人たちの人権状況について、「知的障害を
そして、副島は、知的障害のある人たちの生活は、 人権の視点から見れば、まさしく、「人間としての…
https://kurume.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=387&item_no=1&attribute_id=13&file_no=1
知的障害のある者とその親が参加したアダプテッド・スポーツプログラムの恩恵と負担の探索的検討 荒井弘和, 上田暁史 – 障害者スポーツ科学, 2008 – jstage.jst.go.jp This study aimed to explore the influences of an adapted sport program on parents who
participated in this program along with their children with intellectual disabilities. A qualitative
study was conducted on eleven parents who participated in a table tennis program with their …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjadss/6/1/6_KJ00005130564/_article/-char/ja/
知的障害児の個別指導における最適な試行間間隔の設定: 課題遂行反応と逸脱反応に及ぼす効果から 村中智彦, 藤原義博, 伊藤さと子 – 行動分析学研究, 2007 – jstage.jst.go.jp 研究の 目的 知的障害児の個別指導にお い て 、 逸脱反応の 生 起 を防 ぎ課題遂行反応 を
高め る最適 な試 行間間隔 (ITI)の 設定を検討する こ とを目的と した。 知的障害養護学校小学
部 4 学 年に在籍 して い た。 大学附属障害児教育実践セ ン タ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/21/2/21_KJ00004659625/_article/-char/ja/
軽度知的障害者に対する自己理解援助のプログラム 山田純子 – 職業リハビリテーション, 1995 – jstage.jst.go.jp 障害のある人の 自己理解に関する研究は,精 神障害者,身 体障害 者,知 的障害者 についてある
2)3)4)。しかし,知 的障 害者 自身が自己理解 を深 める大切 さについては, 近年セル フ ・ア ドボカシィ
に関する手引 き書等が, 欧米で出版 され,我 が国にも紹介 されるようにな った ところであ り,そ の…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsvr1987/8/0/8_0_1/_article/-char/ja/
企業で働く知的障害者の職業適応と 職場のサポートとの関係-知的障害者本人への調査から 若林功, 八重田淳 – 學苑, 2016 – swu.repo.nii.ac.jp 以上の検討を基に,本研究では職場のサポート, 特に上司同僚からの人的支援に焦点を当て,また
対象を企業で働く知的障害者に限定し,職場のサポ ートは,企業で働く知的障害者の職業適応(職務
満 足,職務遂行,組織コミットメント,職業継続意図)や 職場でのインテグレーションと正の関係が…
https://swu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=6057&item_no=1&page_id=30&block_id=97
 フィンランドのフィギャー・ノート音楽療法” 知的障害者の生活の質の向上にむけて 山田眞知子 – 生涯学習研究と実践, 2005 – hokusho.repo.nii.ac.jp 1.1 知的障害者法の提供するサービス 1977年に制定された知的障害者法”によると、知的障害者と
は「先天的または後天的に疾 病、変異、障害低学年児童、脳障害患者グループ、知的障害児など
を対象とした事例 研究の報告が行われている。それらの中から、3つの例を取り上げ検討してみたい。 …
https://hokusho.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2372&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
青森県における知的障害のある人の生涯学習活動の現状と課題: 受講生調査から 廣森直子, 山内修, 中堀久子, 工藤睦美 – 青森県立保健大学雑誌, 2007 – auhw.repo.nii.ac.jp は じめに 生涯学習社会 といわれる現代 において、知 的障害が ある人の生涯学習は どのような
状況にあるのだろうか。 2005年3月 に養護学校高等部 を卒業 した知的障害のあ る人の進路は、社会
福祉施設 ・医療機関入所が半数以上 を占めている1)。そのような状況をふまえ、国の障害者 福祉…
https://auhw.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1871&item_no=1&page_id=13&block_id=42
知的障害者に対する日帰り全身麻酔下の定期的メインテナンスの有用性 八木下健, 青田快雄, 田中克典, 福島雅啓… – 奥羽大学歯学 …, 2011 – ohu-lib.repo.nii.ac.jp 9)知 的障害者に対する日帰 り全身麻酔下の定 期的メインテナンスの有用性 〇八木下 健,青 田 快
を行っている知的障害者 と,全 身麻酔下で 定期的メインテナンスを行っている知的障害者の 治療
院において 日帰 り全身麻 酔下歯科治療 を行 った知的障害者119名 を対象と した。それ らを,半 年…
https://ohu-lib.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3658&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次