現在ウェブサイトメンテナンス中の為、一部閲覧しにくい箇所があります。ご了承下さい。

発達障害に関する各研究者・各機関の論文

発達障害に関する各研究者・各機関の論文をまとめてあります。ご興味のある方はご覧下さい。

論文タイトル 著書 抜粋 論文詳細URL
子ども虐待という第四の発達障害 杉山, 登志郎 – 2007 – books.google.com https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=gdLGDwAAQBAJ&oi=fnd&pg=PA5&dq=%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3&ots=U__-z6YJDS&sig=6XMo8sXI4zSNf3EQCB5i7_9Eqfs
 発達障害への心理療法的アプローチ 河合俊雄 – 大阪: 創元社, 2010 – kokoro.kyoto-u.ac.jp ■プロジェクトの問題意識 広汎性発達障害に対しては、薬物療 法と訓練教育が中心的な対応になりつ
つあり、心理療法的アプローチは適さ ないとの見方もある。しかし、心理臨
床の現場からは、発達障害についても 心理療法の有効性が主張され、2000年 代以降も多くの成功例が報告されてい …
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/kokoronomirai/kokoro_vol.10_50.pdf
軽度発達障害 杉山登志郎 – 発達障害研究, 2000 – ci.nii.ac.jp … 検索. すべて. 本文あり. 詳細検索. すべて. 本文あり. 閉じる. タイトル. 著者名. 著者ID. 著者所属. 刊行物名.
ISSN. 巻号ページ. 出版者. 参考文献. 出版年. 年から 年まで. 検索. 閉じる. 検索. 検索.
CiNii窓口業務の再開について. 軽度発達障害 … 収録刊行物. 発達障害研究 発達障害研究 21(4) …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10008045691/
医療化現象としての 「発達障害」 教育現場における解釈過程を中心に 木村祐子 – 教育社会学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 本稿は, 子 どもの不適応的な行動が, 1990 年 代後半から 「発達障害」 という新
しい医療的カテゴリーによって説明され始めたことに注目し, そ の移行プロセスを教育現場における
相互作用の視点から捉えることを目的としている. 2004 年 12 月 に可決された …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eds1951/79/0/79_0_5/_article/-char/ja/
我が国の発達障害学生支援における支援方法および支援体制に関する現状と課題 丹治敬之, 野呂文行 – 障害科学研究, 2014 – ci.nii.ac.jp 抄録 本研究は, 発達障害学生の支援事例が報告された論文を, 支援内容別に支援方法と支援体制
を分析することを通して, 発達障害学生支援の現状と今後の課題を明らかにすることを目的とした.
31 本の対象論文を分析した結果, 授業, 試験, 対人関係スキル, 生活スキル, 就職など支援内容は …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009807070/
 発達障害のある子どもへの早期発見・早期支援の現状と課題 笹森洋樹, 後上鐵夫, 久保山茂樹, 小林倫代… – 国立特別支援教育総合 …, 2010 – nise.go.jp わが国の 1 歳 6 か月児, 3 歳 (3 歳 6 か月) 児健診は, 受診率も高く, 健診内容や調査票等を
見直すことで, 発達障害のある子どものスクリーニングの場として有効に機能すると考えられる.
しかし, 早期発見の精度を上げるだけでなく, 早期支援を充実させるためには …
http://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_a/a-37/a-37_01_1.pdf
大人になった発達障害 本田秀夫 – 認知神経科学, 2017 – jstage.jst.go.jp 発達障害は, 何らかの特記すべき精神機能の特性が乳幼児期からみられ, その特性が成人期も
残ることによって生活に支障をきたすグループである. DSM-5 で 「神経発達症」
というグループ名が採用されたことからもわかるように, このグループに属する障害はいずれも …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ninchishinkeikagaku/19/1/19_33/_article/-char/ja/
発達障害児をもつ親の障害受容過程についての文献的研究 桑田左絵, 神尾陽子 – 2004 – catalog.lib.kyushu-u.ac.jp 概要 The purpose of this study was to present the perspectives of adjustment in parents of
children with develop-mental disabilities, by reviewing the literature from Japan, Europe and
America. The results… were as follows: 1) It is necessary to develop a model of the …
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/recordID/3593/?repository=yes
言語発達障害の諸相 言語発達障害における音韻の問題 読み書き障害の場合 大石敬子, 斎藤佐和子 – 音声言語医学, 1999 – jlc.jst.go.jp 知的発達に遅れがなく, 日常会話に問題がないが, 読み書きの発達が特異的に遅れた言語性
読み書き障害 7 例 (小 1~ 6 年) に, 音韻, 意味, 構文, 喚語, 記憶の 5 領域からなる検査バッテリー
を作成し, 実施した. 結果は,(1) 音韻 2 課題 (単語逆唱と促音, 長音を含む無意味語のモーラ数 …
http://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00086831857?from=Google
発達障害学生に対する支援体制の構築 西村優紀美 – 学園の臨床研究, 2017 – ci.nii.ac.jp 抄録 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律 (障害者差別解消法) が 2016 年 4
月から施行されたことにより, 高等教育機関において障害学生への合理的配慮の提供が求められる
こととなった. 独立行政法人日本学生支援機構 (以下, 機構) が 2016 年 5 月に公開した 「平成 27 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120005983712/
エビデンスにもとづいた発達障害支援: 応用行動分析学の貢献 (< 特集> エビデンスに基づいた発達障害支援の最先端) 山本淳一, 澁谷尚樹 – 行動分析学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 抄録 本論文では, 2004 年にわが国で制定された 「発達障害者支援法」 が示している発達障害への
支援のありかたについて, 応用行動分析学がどのように貢献できるかを概説した.
応用行動分析学のもつ 「科学性」 と 「包括性」 を整理し, それが,「発達障害者支援法」 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/23/1/23_KJ00005587365/_article/-char/ja/
発達障害と少年非行 (特集 発達障害と家族支援) 藤川洋子 – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 抄録 犯罪や非行という道徳的にあるまじき行為と, ある特定の障害との関係を論じるには慎重である
べきことはいうまでもない. しかしながら, 近年, 若者による重大犯罪について発達障害が鑑定
あるいは鑑別されることが続いている. 家庭裁判所調査官として多数の実例を扱ってきた立場から …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007069844/
 発達障害と不登校の関連と支援に関する現状と展望 加茂聡, 東條吉邦 – 茨城大学教育学部紀要 (教育科学), 2010 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 文部科学省が毎年行っている 「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
によると, 2008 年度の不登校児童生徒数は小学校で 22,652 人 (出現率: 0.32%), 中学校で
104,153 人 (出現率: 2.89%) であるとしている. 2008 年度の報告では不登校数こそ前年と比べ …
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10198&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
言語発達障害児に対する随意運動発達検査の臨床的価値 田中美郷, 西山明雄 – 耳鼻咽喉科臨床, 1970 – jstage.jst.go.jp 随意運動は人によつていろいろに定義 されている 1) が, われわれは充分納得で
きる定義は発見し難いので Zaporozhets2) に従つて簡単に 「意図的に調節される運動」
と規定してお く. ところで, ことばで話す ことは一種の随意運動であるが, われわれは日常言語発達 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibirin1925/63/7/63_7_699/_article/-char/ja/
 「発達障害と不適応」 問題の研究動向と課題 横谷祐輔, 田部絢子, 石川衣紀, 髙橋智 – 2010 – core.ac.uk 文部科学省 (2003) の 「今後の不登校への対応の在り方について (報告)」 では,「不登校との関連で
新たに指摘されている課題」 として 「学習障害 (LD), 注意欠陥/多動性障害 (ADHD)
等の児童生徒については, 周囲との人間関係がうまく構築されない, 学習のつまずきが克服できない …
https://core.ac.uk/download/pdf/15924938.pdf
親の障害の認識と受容に関する考察–受容の段階説と慢性的悲哀 (親と子の発達臨床< 特集>) 中田洋二郎 – 早稲田心理学年報, 1995 – ci.nii.ac.jp … 検索. 検索. CiNii窓口業務の再開について. 親の障害の認識と受容に関する考察–
受容の段階説と慢性的悲哀 (親と子の発達臨床<特集>). 中田 洋二郎; 被引用文献: 35件. 著者. 中田
洋二郎; 収録刊行物. 早稲田心理学年報 早稲田心理学年報 (27), p83-92, 1995-03 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/40004132300/
 軽度発達障害児について 小枝達也 – 小児保健研究, 2007 – jschild.med-all.net この 「軽度発達障害」 という用語は, 2001 年頃より障害児医療や障害児教育分野で使われ始め,
その後に急速に広まってきたようである. 昨今の特別支援教育の充実と歩調を合わせる形で使
われるようになってきているともいえる. その影響を受けているためか, 一般的には …
https://www.jschild.med-all.net/Contents/private/cx3child/2007/006606/002/0733-0738.pdf
発達障害児の姿勢や身体の動きに関する研究動向 香野毅 – 特殊教育学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児の姿勢や身体の動きにおいて, その発達的偏りや弱さ, 苦手さが観察されることが
少なくない. ここではまず, 広汎性発達障害, ADHD, LD, 発達性協調運動障害について,
それぞれの障害における姿勢や身体の動きに関する研究を取り上げた. 彼らが姿勢の安定性や …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/48/1/48_KJ00007226247/_article/-char/ja/
 発達障害者の就労上の困難性と具体的対策 梅永雄二 – 日本労働研究雑誌, 2017 – jil.go.jp 本研究は, アスペルガー症候群を中心とする ASD 者の就労上の困難性と具体的対策について
まとめた. 発達障害者の中には, 読み・書き・計算が不得手な LD, 不注意・多動・衝動性で定義され
る ADHD, 対人関係およびコミュニケーションが苦手で独特のこだわりを持つ ASD が挙げられるが …
https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2017/08/pdf/057-068.pdf
発達障害の身体問題 (感覚情報調整処理・身体症状・身体運動) の諸相: 発達障害の当事者調査から (特集 身体・運動の発達と障害) 髙橋智, 田部絢子, 石川衣紀 – 障害者問題研究, 2012 – ci.nii.ac.jp 抄録 本稿では, 発達障害の本人・当事者がどのような身体問題 (感覚情報調整機能障害・身体症状
・身体運動の困難) を抱えているのかを, 当事者への質問紙法調査 (感覚情報調整機能障害調査,
身体症状調査, 体育・スポーツの困難・ニーズ調査) を通して明らかにしてきた. その結果 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009209363/
発達障害者のアイデンティティ 浦野茂 – 社会学評論, 2013 – jstage.jst.go.jp 抄録 本稿は, 発達障害をもつ高校生を対象にした社会生活技能訓練 (SST)
においてその参加者たちがこの訓練に抵抗していく事例を検討する. とりわけ本稿は,
社会生活技能訓練とそのなかでの抵抗について, それぞれの実践を組み立てている手続きを記述 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsr/64/3/64_492/_article/-char/ja/
我が国における発達障害のある子どもの親に対するペアレントトレーニングの現状と課題: 効果評価の観点から 原口英之, 上野茜, 丹治敬之, 野呂文行 – 行動分析学研究, 2013 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究では, 発達障害のある子どもの親に対して我が国で行われてきたペアレントトレーニング
に関する実践や研究の現状と課題を検討することを目的として, ペアレントトレーニングに関する先行
研究を概観した. ペアレントトレーニングの支援の形態別に, 子どもの特徴と標的行動, 支援の内容 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/27/2/27_KJ00008587004/_article/-char/ja/
発達障害児のサバイバルスキル訓練: 買物スキルの課題分析とその形成技法の検討 渡部匡隆, 山本淳一, 小林重雄 – 特殊教育学研究, 1990 – jstage.jst.go.jp 抄録 2 名の発達障害児を対象として, 日常場面における買物スキルを形成するための技法の検討を
行った. まず現実場面での買物スキルの課題分析を行い, それを基にして実験を行った. 実験は,
模擬場面において訓練を行う模擬訓練条件と, 模擬訓練の効果をスーパーマーケットにおいて評定 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/28/1/28_KJ00004951272/_article/-char/ja/
発達障害 岩波明 – 2017 – books.google.com なぜあの人は 「空気が読めない」 のか? 近年, ドラマや小説の主人公に 「発達障害」< wbr>
を思わせるキャラをよく見かける. アメリカの人気ドラマ 『クリミナル・マインド』 の主人公で,< wbr>
IQ187 の FB のエリート捜査官リードは,< wbr> 他人の気持ちがわからないため周囲からは …
https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Mf3MDwAAQBAJ&oi=fnd&pg=PA15&dq=%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3&ots=YpEzS0Xsyy&sig=aLDzyaNsc0w7tIMzkU44f8pT7H8
高機能広汎性発達障害児・者をもつ親の気づきと障害認識: 父と母との相違 山岡祥子, 中村真理 – 特殊教育学研究, 2008 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究では, HFPDD 児・者をもつ父母の障害の気づきと障害認識の相違を明らかにすること
を目的とし, 父母 80 組を対象に質問紙調査を行った. その結果, 診断前後とも父母の障害の気づき
と障害認識に有意な違いがあった. 診断前, 母親は父親よりも子どもの問題に幼児期早期から …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/46/2/46_KJ00005615504/_article/-char/ja/
小学校通常学級における巡回相談による軽度発達障害児等の教育実践への支援モデル 浜谷直人 – 教育心理学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 通常学級の軽度発達障害児等の教育実践を支援する巡回相談のあり方を検討する
ための支援モデルを提示することを目的として, 一つのタイプの巡回相談を分析の対象とした. 研究 1
で, 成功した相談事例の相談過程と相談後の関係者による評価を分析したところ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/54/3/54_395/_article/-char/ja/
 軽度発達障害児をもつ母親への支援 岩崎久志, 海蔵寺陽子 – 流通科学大学論集―人間・社会・自然編, 2009 – ryuka.repo.nii.ac.jp 近年, 軽度発達障害への関心は高まっているが, 軽度発達障害児の親に焦点をあてた研究はまだ
数少ない. 軽度発達障害児に対して, 親は何らかの違和感や独特の育てにくさを感じていることが
多く, 親への支援を考える際には, 親の視点を理解することが重要である. 本研究では …
http://ryuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=156&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 発達障害における三次障害 原田剛志 – 明星大学発達支援研究センター紀要: MISSION, 2019 – meisei.repo.nii.ac.jp … 4 Tsuyoshi Harada:医療法人悠志会パークサイドこころの発達クリニック キーワード:発達障害、三次
障害、ASD、自閉スペクトラム症 1.はじめに 近年、発達障害はマスコミでも大きく取り上げ
られ、社会的にも注目されるトピックとなってい る。子どもをもつ保護者の関心も大きく寄せられ …
https://meisei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1964&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 発達障害児の親支援に関する一考察 堀家由妃代 – 佛教大学教育学部学会紀要, 2014 – archives.bukkyo-u.ac.jp 抄 録本研究では各教育機関がサポート・協働すべき親の会について, 当該保護者たちにとっての親
の会の意義やそこで実施されているペアトレの 「本質的な」 効果に迫る. 具体的には関西圏にある親
の会においてアンケートおよびインタビューを実施し, その結果を [子育ての背景][つながりの状況][親 …
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/KK/0013/KK00130L065.pdf
 広汎性発達障害の子どもをもつ親の感情体験過程に関する研究 嶺崎景子, 伊藤良子 – 東京学芸大学紀要 総合教育科学系, 2006 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp 1.1. はじめに近年, 軽度発達障害の子どもへの支援に注目が集まっており, さまざまな研究,
報告がなされている. 一方で, こうした子どもたちを育てる親の抱える問題に着目した研究はまだ
少ないのが現状である. また, 軽度発達障害の一つである高機能広汎性発達障害は …
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30277&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
子どもの心身症・不登校・集団不適応と背景にある発達障害特性 石﨑優子 – 心身医学, 2017 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児はその発達特性により, 学校や集団で不適応を起こしやすく,
また自己の感情表現が苦手なため, 身体化して心身症を発症しやすい. よって子どもの心身症,
問題行動や不登校に対峙する際には, 背景にある児の認知の問題, すなわち発達特性を知り …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/57/1/57_39/_article/-char/ja/
発達障害児における” 内的” 事象についての報告言語行動 (タクト) の獲得と般化 刎田文記, 山本淳一 – 行動分析学研究, 1991 – jstage.jst.go.jp 抄録 自閉症と診断された 5 名の児童を対象として, 遊び場面での訓練と条件性弁別訓練を用いて,「
楽しい」 遊びと 「恐い/びっくりする」 遊びに対する 2 種類の報告言語行動 (タクト) の獲得を試みた.
訓練の結果, 対象児は” 内的” 事象のタクトを獲得したが, この獲得においては, 遊び場面の訓練だけ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/6/1/6_KJ00002482790/_article/-char/ja/
思春期・青年期の広汎性発達障害者における自己理解 滝吉美知香, 田中真理 – 発達心理学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 思春期・青年期における広汎性発達障害 (以下, PDD) 者が自己をどのように理解し
ているのかを明らかにすることを目的とする. 22 名の PDD 者と 880 名の定型発達者を対象に,
自己理解質問 (Damon & Hart, 1988) を実施し, 得られた回答を自己理解分類モデル (SUMPP) …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/22/3/22_KJ00007476480/_article/-char/ja/
発達障害児をもつ親の障害受容過程: 文献的検討から 桑田左絵, 神尾陽子 – 児童青年精神医学とその近接領域, 2004 – ci.nii.ac.jp … 検索. すべて. 本文あり. 詳細検索. すべて. 本文あり. 閉じる. タイトル. 著者名. 著者ID. 著者所属. 刊行物名.
ISSN. 巻号ページ. 出版者. 参考文献. 出版年. 年から 年まで. 検索. 閉じる. 検索. 検索.
CiNii窓口業務の再開について. 発達障害児をもつ親の障害受容過程 : 文献的検討から A REVIEW …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10026906793/
発達障害児の非行行動発生にかかわる要因の研究動向: 広汎性発達障害児と注意欠陥多動性障害児を中心にして 北洋輔, 田中真理, 菊池武剋 – 特殊教育学研究, 2008 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害に対する正しい認識と適切な支援を導くために, 広汎性発達障害児と注意欠陥多動
性障害児を中心にして, 発達障害児の非行行動発生にかかわる要因について研究動向を整理し,
問題点と今後の改善点を指摘した. 先行研究からは, 個体の障害特性に密接にかかわる非行行動 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/46/3/46_KJ00005615525/_article/-char/ja/
発達障害のある青年への支援に関する諸問題 小林真 – 教育心理学年報, 2015 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害のある青年に, 様々な精神疾患や行動障害などの 2 次障害が発症することが知られ
ている. この展望ではまず, ASD 者や ADHD 者に 2 次障害が発症するメカニズムを解明する必要
性があることを訴えた. 次に, 青年に対する高等学校や高等教育機関での支援の実態を紹介した …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj/54/0/54_102/_article/-char/ja/
発達障害児の教科学習を支えるセルフモニタリング 竹内康二, 山本淳一 – 特殊教育学研究, 2004 – jstage.jst.go.jp 1. は じめ に高機能 自閉症, 学 習障害, 注意 欠陥/多動性 障害, など, 軽度 の 発達 障害 を もつ 子
どもた ち は, 知的機能が高い 場合 で も, 教科学 習の 場面 で は, 特異的 な認知機能 の 障害 や
注意 の 水準の 低さ, 逸脱行 動の 生起 な どのた め, そ れ に 見合 う十分 な学業 達成が 得 られ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/41/5/41_KJ00004953147/_article/-char/ja/
 教育学部学生における発達障害のイメージ: 接触経験・知識との関連 菊池哲平 – 2011 – core.ac.uk 2007 年に特別支援教育が開始されて以降, 小・中学校通常学級においても発達障害児に対する
教育支援の取り組みが本格化してきている. それまでは養護学校教員, 特殊学級担任教員若しくは
いわゆる通級指導担当といった特殊教育を担当する教員が発達障害児を担当していたが …
https://core.ac.uk/download/pdf/57732199.pdf
発達障害から発達凸凹へ 杉山登志郎 – 小児耳鼻咽喉科, 2014 – jstage.jst.go.jp 抄録 近年の罹病率研究では, 発達障害は子どもの 1 割を越えるという驚くべき頻度が示される.
これだけ一般的な問題は, 多因子モデルが適合することが知られている. 多因子モデルによって示さ
れる, より広範な素因を有するグループを筆者は発達凸凹と呼んできた. 2013 年に発表された新しい …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shonijibi/35/3/35_179/_article/-char/ja/
高等教育機関における発達障害のある学生に対する支援の現状 佐藤克敏, 徳永豊 – 特殊教育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害のある学生の相談状況と支援の現状と課題について, 東京, 千葉, 埼玉,
神奈川の大学・短期大学の学生相談室 (センター) を対象とした調査を行った. 調査結果から,
他の障害のある学生の相談と比べて, 発達障害のある学生の相談が多いこと …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/44/3/44_KJ00004953543/_article/-char/ja/
不登校を示した高機能広汎性発達障害児への登校支援のための行動コンサルテーションの効果: トークン・エコノミー法と強化基準変更法を使った登校支援プログラム 奥田健次 – 行動分析学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 抄録 研究の目的: 高機能広汎性発達障害をもつ不登校児童の保護者に対して登校行動を形成する
ための行動コンサルテーションによるサービスの効果を検討した. 研究計画: 被験者間マルチプル
ベースラインデザインと基準変更デザインの組み合わせを用いた. 場面: 大学附属の心理相談室と …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/20/1/20_KJ00004354906/_article/-char/ja/
 発達障害学生の就労支援 高瀬智恵, 松久眞実, 今村佐智子, 小脇智佳子 – プール学院大学研究紀要, 2017 – poole.ac.jp 1. 発達障害学生の就労の問題 2016 年 4 月施行の 「障害者差別解消法」 により,
大学においても発達障害をもつ学生に対して 「合理的配慮」 の提供が義務化
(私立大学は努力義務) され, よりいっそうの適切な教育的配慮が求められるようになった. 本学では …
http://www.poole.ac.jp/library/kiyo/Tosyo_Kiyo2017_5807.pdf
聴覚優位で書字運動に困難を示す発達障害児への漢字学習支援 青木真純, 勝二博亮 – 特殊教育学研究, 2008 – jstage.jst.go.jp 抄録 通常の学級に在籍する聴覚優位で書字運動に困難がみられた小学校 3
年生男児に対して漢字書字支援を実施した. はじめに学習漢字を対象児の既知文字に構成要素
として分解させた後, 音声言語リハーサルと部分再生による支援を実施した. 音声言語リハーサル …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/46/3/46_KJ00005615527/_article/-char/ja/
発達性読み書き障害児における視機能, 視知覚および視覚認知機能について 後藤多可志, 宇野彰, 春原則子, 金子真人, 粟屋徳子… – 音声言語医学, 2010 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究の目的は, 日本語話者の発達性読み書き障害児における視覚情報処理過程を体系的
に評価し発達性読み書き障害の背景となる認知障害構造を明らかにすることである.
対象は日本語話者の発達性読み書き障害児 20 名と定型発達児 59 名である. 視機能, 視知覚 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlp/51/1/51_1_38/_article/-char/ja/
発達障害児者の行動問題に対する代替行動の形成に関する文献的検討 村本浄司, 園山繁樹 – 行動分析学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 抄録 本論文では, 行動問題を示す発達障害児者に対して, 機能的コミュニケーション訓練 (FCT)
を中心とした代替行動の形成に関する研究を概観し, その技法と理論の発展の過程を明らかにし,
さらに最近の機能的コミュニケーション訓練と代替行動研究の動向, および我が国における課題を …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/23/2/23_KJ00005649702/_article/-char/ja/
 看護基礎教育における学生への発達障害支援の現状 中尾幹子, 田中千寿子… – 大阪信愛女学院短期大学 …, 2015 – adm.osaka-shinai.ac.jp 要 旨看護基礎教育における発達障害支援の現状を把握し, 今後のより効果的な支援方法を見出す
目的で, 看護師養成機関に勤務する教員にインタビュー調査を行い, 教員からみた発達障害の特徴
を備えた学生への理解と支援の実際について質的分析を行った. その結果,「発達障害理解への …
https://adm.osaka-shinai.ac.jp/upload/library_bulletin/file/49/nakao49.pdf
高等教育機関における発達障害を持つ学生の支援の現状と課題 市川奈緒子 – 白梅学園大学・短期大学紀要, 2011 – shiraume.repo.nii.ac.jp 高校以降の高等教育機関に在籍する, 発達障害を持つ生徒・学生の数は, 年々調査するごとに増え
てきている. 高校では, 発達障害支援モデル事業で SNE (Special Needs Education)
校に指定された高校や, 東京都のチャレンジ校, エンカレッジ校, 大学では, 障害学生支援 …
https://shiraume.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1226&item_no=1&page_id=13&block_id=21
広汎性発達障害児をもつ母親が体験している困難と心理的支援 松岡純子, 玉木敦子, 初田真人, 西池絵衣子 – 日本看護科学会誌, 2013 – jstage.jst.go.jp 受付日:2012 年 5 月 28 日 受理日:2013 年 1 月 4 日 1)甲南女子大学看護リハビリテーション学部
Konan Women’s University 2)近大姫路大学看護学部 University of Kindai Himeji 3)天理医 療大学医療学部
Tenri Health Care University * E-mail: sumiko@konan-wu.ac.jp … 広汎性発達障害児をもつ母親 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jans/33/2/33_2_12/_article/-char/ja/
大人の発達障害の就労支援 吉川徹 – 心身医学, 2019 – jstage.jst.go.jp 抄録 近年, 発達障害のある成人に対する就労支援のニーズが飛躍的に高まっている.
しかし彼らの就労支援において, どのような支援が必要とされているかという点については,
いまだ十分なコンセンサスが得られていない. 自閉スペクトラム症においては …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/59/5/59_429/_article/-char/ja/
 大学における発達障害大学生支援 西村優紀美 – 明星大学発達支援研究センター紀要: MISSION, 2018 – meisei.repo.nii.ac.jp ることを前提として, 彼らの学びたいという願いを実現するための支援が行われていく. 具体的には,
困っている状況を一緒に整理し, 何が問題で, 自分には何ができるのか, あるいは問題の解消には
どのような配慮が必要なのか, さらにはその配慮内容が適切であったかどうかの振り返りを行う等 …
https://meisei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1495&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
発達障害児・者のきょうだいの心理社会的な問題 西村辨作 – 児童青年精神医学とその近接領域, 2004 – ci.nii.ac.jp … 検索. すべて. 本文あり. 詳細検索. すべて. 本文あり. 閉じる. タイトル. 著者名. 著者ID. 著者所属. 刊行物名.
ISSN. 巻号ページ. 出版者. 参考文献. 出版年. 年から 年まで. 検索. 閉じる. 検索. 検索. [機関認証]
利用継続手続きのご案内. 発達障害児・者のきょうだいの心理社会的な問題 PSYCHO-SOCIAL …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10026906886/
 発達障害児を持つ保護者のわが子の発達に対する認識についての検討 東谷敏子, 林隆, 木戸久美子 – 小児保健研究, 2010 – jschild.med-all.net 児の障害の特徴等によりダウン症候群などの 「非発達障害児」 と療育手帳 A・身体障害者手帳を
重複して持つ 「発達障害群 1」, 療育手帳 B を持ち 4 歳前に診断された 「発達障害群■」, 療育手帳
B を持ち 4 歳以降に障害と診断された 「発達障害群皿」 に分類し比較した. いずれの群も子どもの …
https://www.jschild.med-all.net/Contents/private/cx3child/2010/006901/007/0038-0046.pdf
 高機能広汎性発達障害児をもつ親の適応に関する文献的検討 山根隆宏 – Bulletin of the Graduate School of Human …, 2009 – core.ac.uk 本稿の目的は, 高機能広汎性発達障害児をもつ親の適応に関する研究を概観し,
親の適応過程を考察することと, 適応に関連する要因の整理をおこなうこと, 今後の研究の課題を
考察することであった. 本稿の構成は, まず障害受容研究のいつくかの理論的枠組みから …
https://core.ac.uk/download/pdf/41078525.pdf
統合保育場面の発達障害児の問題行動に対する専門機関の支援: 機能的アセスメントに基づく支援における標的行動と介入手続きの特定化の観点から 平澤紀子, 藤原義博 – 特殊教育学研究, 2001 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 統合保育場面で発達障害児が示す問題行動に対して, 現在の保育体制に適合した
専門機関の支援の仕方について, 特に機能的アセスメントに基づく支援における標的行動と介入
手続きの特定化の観点から検討した. 現在の保育体制を考慮した担任保育士の実行条件から …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/2/39_KJ00004952780/_article/-char/ja/
特別支援学校に在籍する知的発達に遅れのない発達障害児の現状と課題-全国知的障害特別支援学校のアンケート調査から 熊地需, 佐藤圭吾, 斎藤孝, 武田篤 – 2012 – air.repo.nii.ac.jp 抄録 The research paper herein investigated into the current conditions and issues related to
children without mental retardation but enrolled in special support schools for intellectually
disabled persons across Japan. The objectives of the research are three:(1) how many such …
https://air.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1786&item_no=1&page_id=13&block_id=21
< 音韻発達とその障害> 子どもの音韻障害と音韻意識 原恵子 – コミュニケーション障害学, 2003 – jstage.jst.go.jp 抄録 音韻障害をもつ子どもの中に, 音韻意識の弱さをもち, 読み障害のリスクが高い一群があること
が報告されている. 音韻意識は単語の中の音韻の単位に気づき, それらを操作する能力である.
複数の音の連鎖からなる単語や文を発話するために, 全体の音韻表象が形成され …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcomdis2003/20/2/20_2_98/_article/-char/ja/
発達障害に関する理解と認識: 大学生意識調査 岡本百合, 三宅典恵, 仙谷倫子 – 総合保健科学, 2012 – ci.nii.ac.jp 抄録 Recently, students with pervasive developmental disorder (PDD)/Asperger’s
syndrome/high functioning autism increase in campus mental health. It is important for
students to understand about them. We examined students in knowledge and appreciation …
https://ci.nii.ac.jp/naid/40019234430/
 発達障害の視点から見た不登校―実態調査を通して― 加茂聡, 東條吉邦 – 茨城大学教育学部紀要 (教育科学), 2009 – rose-ibadai.repo.nii.ac.jp 不登校問題は 1960 年頃から注目が集まりはじめ, 学校教育の重要課題として社会的にも大きく
取り上げられた (稲村, 1997; 保坂, 2002). それにともない不登校の定義をめぐっては,
医学的な立場, 教育的な立場から様々な議論がなされてきた (稲村, 1997). 現在一般的に用い …
https://rose-ibadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9853&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
発達障害の自分の育て方 岩本友規 – 2015 – books.google.com 「まだ, 間に合います.」 仕事のストレスをきっかけにうつ病を発症,< wbr> さらには大人になってから
アスペルガー,< wbr> ADHD と診断された著者が,< wbr> その症状を大きく軽減させることができた
原因を自分なりに分析,< wbr> 実践しやすいマニュアルの形で振り返ります. 以前は正社員であり …
https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=eniWCwAAQBAJ&oi=fnd&pg=PA28&dq=%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3&ots=hU0FFfd9tx&sig=5aMBiCHuHML6k3666vvJp3gZgrk
発達障害者の行動問題に対する支援方法における応用行動分析学の貢献: エビデンスに基づく権利保障を目指して (< 特集> エビデンスに基づいた発達障害支援の最先端) 平澤紀子 – 行動分析学研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害者の行動問題は, 教育や福祉の制約をもたらしやすい. 本研究では,
エビデンスに基づく支援によって, こうした課題を解決するために, 応用行動分析学がどのように貢献
しうるのかについて, 米国の動向を基に, わが国の現状を踏まえて検討した. 米国においては …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/23/1/23_KJ00005587364/_article/-char/ja/
発達障害生徒における写真カードを用いた家庭生活スキルの形成: 親指導プログラムの検討 青木美和, 山本淳一 – 行動分析学研究, 1997 – jstage.jst.go.jp 抄録 4 名の発達障害生徒が, 家庭生活スキル (学校の持ち物の準備, 登校前の身じたく,
帰宅後の手洗い・うがい, 家庭学習) を写真カードを用いて自発的に遂行できることを目的とした.
研究は全て対象生徒の家庭で実施された. 対象生徒が写真カード冊子を 1 枚ずつめくりながら …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/10/2/10_KJ00001021251/_article/-char/ja/
発達障害者の就労支援 梅永雄二 – LD 研究, 2014 – koyoerc.or.jp 社が応募し、優秀賞、奨励賞にそれぞ れ6社、最優秀賞に1社が選ばれた。
これらの企業は発達障害者に特化した 様々な合理的配慮を行い、就職後の職 場定着においても素晴らしい実績を残
している (高齢・障害・求職者雇用支援 機構、2013) 。 それはまず、適切なジョブマッチン …
http://www.koyoerc.or.jp/assets/files/406/03.pdf
発達障害のある大学生支援の社会的動向 西村優紀美 – 季刊 ほけかん, 2013 – toyama.repo.nii.ac.jp 抄録 近年, 高等教育機関において 「発達障害」 は広く認知されるところとなり,
多くの大学ではさまざまな 「室」 を設置してサポートを行っている. 大学によって支援スタイルは
異なり,「障害学生支援室」 で診断のある学生に限定して支援している大学や, 学生相談室で一般の …
https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5694&item_no=1&page_id=32&block_id=36
発達障害者支援法の研究 滝村雅人 – 人間文化研究, 2006 – ncu.repo.nii.ac.jp 抄録 「発達障害者支援法」 は 2004 年 11 月に制定されたが, その背景には戦後のわが国の障害
者福祉・障害児教育をめぐる様々な変遷があった. その意味でも遅きに失した感があり,
その内容からも 「理念法」 的な性格が見られる. しかしながら,「発達障害」 という障害に焦点を当て …
https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=152&item_no=1&page_id=13&block_id=17
 発達障害大学生支援におけるナラティブ・アセスメント …, 合誰もがすぐにわかるような典型的な発達障害 – 富山大学保健管理 …, 2010 – core.ac.uk 1. は じめに近年, 発達障害大学生への教育的支援の必要性が注目され, 多くの大学では,
発達障害の基本的な理解のための研修が行われている. しかしながら, 具体的な臨床像がうか
みにくい中で, 日々訪れてくる発達障害大学生の問題に対応し, 本人の修学上の困難さに対する …
https://core.ac.uk/download/pdf/70323576.pdf
 発達障害支援グランドデザイン 渥美義賢, 笹森洋樹, 後上鐵夫 – 2010 – 202.237.53.67 発達障害のある子どもの支援は, 他の障害と同様に, できるだけ早期から開始され生涯にわたって
行われることが必要である. それによって, 発達障害のある子どもの一人ひとりが持っている可能性
を最大限に発揮し, 自分に肯定的な気持ちを持って社会参加を実現することができる. このことは …
http://202.237.53.67/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_a/a-37/a-37_01_3.pdf
不登校状態を呈する発達障害児童生徒の支援に関する研究動向 小野昌彦 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, わが国における不登校状態を呈している発達障害児童生徒に関する実態調査
およびその支援方法に関する 2001 年から 2010 年までの研究動向と, 今後の課題を検討した.
不登校状態を呈している発達障害児童生徒に関する研究論文は, 43 編あった. レビュー 4 編 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/3/50_305/_article/-char/ja/
 発達障害学生の自己理解を進めるためのアプローチ 高瀬智恵, 今村佐智子, 奥村弥生, 小脇智佳子… – プール学院大学研究 …, 2016 – poole.ac.jp [就労の問題] 2005 年 「発達障害者支援法」 施行により, 大学においても発達障害をもつ学生に対し
て, 適切な教育的配慮が求められるようになった. 本学では, 文部科学省の 「新たな社会的ニーズに
対応した学生支援プログラム」(2007-2010) に採択されて以来, 組織全体で学生の修学を支援する …
http://www.poole.ac.jp/library/kiyo/Tosyo_Kiyo2016_5723.pdf
 発達障害の本人調査からみた発達障害者が有するスポーツの困難・ニーズ 山下揺介, 田部絢子, 石川衣紀, 上好功, 至田精一… – 2010 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp * 埼玉県ふじみ野市立大井小学校** 東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程,
成女学園中学校・成女高校*** 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程**** NPO
法人特別支援教育ネットワーク 「がじゅまる」***** 東京学芸大学総合教育科学系特別支援科学 …
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30035&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
高等学校における軽度発達障害をもつ生徒への就労支援の試み 近藤隆司, 光真坊浩史 – 特殊教育学研究, 2006 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究では, 軽度発達障害をもつ青年 A が, 一般事業所雇用に至るまでの経過を紹介し,
これをもとに軽度発達障害をもつ人が, 就労をめぐり直面する課題, それを切り抜けていくための支援
について考察した. 就労支援開始当初, A および保護者は, 療育手帳取得や地域障害者職業 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/44/1/44_KJ00004953531/_article/-char/ja/
学校場面における発達障害児に対する応用行動分析を用いた介入研究のレビュー: 1990-2005 道城裕貴, 野田航, 山王丸誠 – 行動分析学研究, 2008 – jstage.jst.go.jp 抄録 通常学級に多様な子どもが在籍する中で, 通常学級への学級介入の必要性が高まっている.
本研究は, 学校場面における発達障害児に対する応用行動分析を用いた介入研究のレビューを行い
, 学級介入の現状を明らかにすることを目的とした. 1990 年から 2005 年までの Journal of …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/22/1/22_KJ00004908670/_article/-char/ja/
[CITATION][C] 発達障害児における社会的相互作用に関する研究動向 金彦志, 細川徹 – 東北大学大学院教育学研究科研究年報, 2005
言語発達障害の諸相 特異的言語機能障害児における非言語的認知能力の発達 宇野彰, 春原則子, 金子真人, 加我牧子, 松田博史 – 音声言語医学, 1999 – jlc.jst.go.jp 特異的言語機能障害 (SLI: specific language impairment) 児の言語的発達と非言語的発達
について認知神経心理学的な障害構造から検討した. その結果, SLI 児では音読や復唱は可能で
あるが意味を理解することが困難であることから意味理解障害が中心症状と考えられた. SLI …
http://jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jjlp1960/40.388?from=Google
通常学級に在籍する発達障害児の他害的行動に対する行動支援: 対象児に対する個別的支援と校内支援体制の構築に関する検討 大久保賢一, 福永顕, 井上雅彦 – 特殊教育学研究, 2007 – jstage.jst.go.jp 抄録 通常学級に在籍する他害的な問題行動を示す発達障害児に対して, 大学相談機関と小学校が
連携し, 学校場面における行動支援を実施した. 対象児に対する個別的支援として,(1)
適切な授業参加を促すための先行子操作と結果操作,(2) 課題従事行動を増加させるための結果 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/45/1/45_KJ00005615307/_article/-char/ja/
発達障害児家族の障害受容 宮原, 前田規子ユ, 中尾優子… – 長崎大学医学部保健 …, 2002 – nagasaki-u.repo.nii.ac.jp 抄録 障害児をもつ母親の各 crisis periods における障害受容と影響要因について, 特に家族関係と
ソーシャルサポートを中心に半構成的インタビューを行い, 看護の関わりについて検討した.
その結果, 障害が疑われたり, 障害を理解しなければならないとき, 母親は大きな不安を感じていた …
https://nagasaki-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=19996&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 発達障害のある大学生の就職支援 田澤実 – 法政大学 『生涯学習とキャリアデザイン』, 2013 – hosei.repo.nii.ac.jp 抄録 This study investigated the difficultiesfaced by undergraduates with
developmentaldisorders and summarized cases of supportingsuch students. Results
indicated that withinthe university, support during entranceexaminations was starting to be …
https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8825&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
発達障害児の保護者における養育スタイルの特徴 中島俊思, 岡田涼, 松岡弥玲, 谷伊織, 大西将史… – 発達心理学 …, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究では, 発達障害児の保護者における養育スタイルの特徴を明らかにすることを目的とし,
定型発達児の保護者との比較および子どもの問題行動, 保護者の精神的健康との関連について
検討した. 対象者は発達障害児の保護者 139 名であり, 質問紙調査によって, 養育スタイル …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/23/3/23_KJ00008230915/_article/-char/ja/
発達障害を疑う不登校児への教育支援 (実践研究特集号) 近藤隆司, 氏家靖浩, 松木健一 – 特殊教育学研究, 2002 – jstage.jst.go.jp 抄録 軽度の発達障害が疑われる不登校児への教育支援を検討した. 対象児の S は,
長期にわたり不登校の状態にあり, かかわり当初は, 無気力さや情緒面の不安定さが著しかった.
そのような S に対し, オセロゲームや散歩, 河原遊びなどの活動を繰り返し行い, その後 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/39/5/39_KJ00004952831/_article/-char/ja/
発達障害の疑われる幼稚園児に対する就学支援プログラムの効果の検討 山本真也, 香美裕子, 田村有佳梨, 東川博昭… – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 発達障害の疑われる幼稚園児 5 名に対し, 就学支援を目指したプログラムを適用し,
その効果を検討した. プログラムは 4 回のトレーニングで構成され, 対象児らが入学予定の小学校
において行われた. 標的行動は 「入室時にあいさつをする」「授業開始時に号令に合わせてあいさつ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/1/50_65/_article/-char/ja/
 本人調査からみた発達障害者の 「身体症状 (身体の不調・不具合)」 の検討 高橋智, 石川衣紀, 田部絢子 – 2011 – u-gakugei.repo.nii.ac.jp Page 1. 本人調査からみた発達障害者の「身体症状(身体の … (1)質問紙調査票の作成:刊行されている
発達障害者本人の手記をほぼ全て検討し,どのような身体の不 調・不具合などの身体症状がある
のかを把握し,それらをもとに質問紙調査票「発達障害者の身体の不調・不 具合などの身体症状に …
https://u-gakugei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30192&item_no=1&attribute_id=21&file_no=2
 発達障害者の 「食」 の困難・ニーズに関する研究: 発達 髙橋智, 斎藤史子, 田部絢子, 石川衣紀… – … 大学紀要. 総合教育科学系, 2015 – core.ac.uk 発達障害者の有する大きな困難の一つに 「食」 に関する困難がある. これまでの研究では,
発達障害者が偏食, 異食, 咀嚼, 嚥下, 食事マナーなどの多様な困難を示すことが指摘されている.
例えば永井 (1983) は, 自閉症児 110 名の親を対象に調査を行い, 自閉症児の半数以上が偏食を …
https://core.ac.uk/download/pdf/33468020.pdf
発達障害について 高橋有記, 大西雄一, 松本英夫 – ストレス科学研究, 2015 – jstage.jst.go.jp 抄録 Developmental Disorder includes, Pervasive Developmental Disorders, Attention-
Deficit/Hyperactivity Disorder and Learning Disorders listed in DSM-IV-TR. Moreover,
Intellectual Disabilities are thought to be included in this criteria. Although Developmental …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/stresskagakukenkyu/30/0/30_5/_article/-char/ja/
発達障害に背景をもつ学校不適応に関する研究―不登校についての文献的検討― 井上善之, 窪島務 – 滋賀大学教育学部紀要教育科学, 2008 – shiga-u.repo.nii.ac.jp 抄録 本研究は, 発達障害に背景をもつ不登校に関する先行研究全体の動向を俯瞰し, 全体を (1)
症例研究 (2) 不登校全体に対する発達障害の割合を明らかにした研究 (3) 要因・病像・特徴
に関する研究 (4) 不登校のタイプ分類に関する研究 (5) 実態調査に関する研究 (6) …
https://shiga-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=986&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 発達障害児の思春期における問題行動の調査研究 篠崎麻利子, 古川宇一 – 1993 – s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp 発達に障害をもつ子供たちの中には, 思春期になると問題行動が重篤化する者がいるという.
親は思春期に非常に大きな不安を持っている. だが, 実態はよく指まえられていない. 本研究は,
思春期の問題行動の実態, 具体的な対応の仕方や親の悩み, 要望などを明らかにすることを目的に …
http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/9178/1/KJ00000098730.pdf
発達障害児に対する 「気になる段階」 からの支援─ 就学前施設における対応困難な実態と対応策の検討─ 渡辺顕一郎, 田中尚樹 – 日本福祉大学子ども発達学論集, 2014 – nfu.repo.nii.ac.jp 要 旨本研究では, 発達障害児への支援に関して, 保育所・幼稚園などの就学前施設の保育者が
経験する困難を明らかにした上で, 他の専門機関・専門職との連携によって保育の質的向上を図る
ための対応策を検討した. 先行研究及び実態調査に基づき, 保育者は必ずしも発達障害に関する …
https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1249&item_no=1&page_id=28&block_id=82
 大学生における発達障害の理解に関する研究 鈴木友歩子, 東條吉邦 – 茨城大学教育学部紀要. 教育科学, 2014 – core.ac.uk 発達障害は, 平成 17 年 4 月 1 日より施行された発達障害者支援法において 「自閉症,
アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害」,「学習障害」,「注意欠陥多動性障害」,「その他これ
に類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定める …
https://core.ac.uk/download/pdf/59193194.pdf
発達障害の臨床 小西行郎, 高谷理恵子, 多賀厳太郎 – BME, 1998 – jstage.jst.go.jp 新生児神経学あるいは発達神経学の中心は最近では超音波や MRI, CT な どの画像診断や脳波,
聴性脳幹反応 などの電気生理学的検査な どであり, 発達行動学的研究はわが国ではあまり関心を
持たれなくなってきた. しか し, 一方では脳科学の進歩 により神経細胞の細胞死や …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe1987/12/7/12_7_12/_article/-char/ja/
発達障害幼児の親指導プログラムに関する検討: 児童相談所におけるプログラムの実施 菅野千晶, 小林重雄 – 行動分析学研究, 1997 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 児童相談所において, 発達障害児を子どもにもつ母親 23 名を対象に,
行動分析的知識と指導技法の獲得のための親指導パッケージプログラムを実施した.
本研究で使用された親指導パッケージ・プログラムは, 以下の 5 つの要素で構成されていた …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/10/2/10_KJ00001021254/_article/-char/ja/
 発達障害大学生への小集団による心理教育的アプローチ 水野薫, 西村優紀美 – 2011 – core.ac.uk 1 はじめに富山大学学生支援センタ一, アクセシビリティー・コミュニケーション支援室, トータル
コミュニケーション部門(略称: トータルコミュニケーション支援室) では, 社会的コミュニケーションに
困難さをもっ発達障害学生を対象に, コミュニケーションサポートを行っている. 個別の面談における …
https://core.ac.uk/download/pdf/70323586.pdf
発達障害児の保護者による 「気づき」 の検討 秋山千枝子, 堀口寿広 – 脳と発達, 2007 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児の保護者を対象に, 子どもの発達に対する問題, 不安や心配など 「気づき」
の生じた時期や内容, 相談の有無と相談機関の特徴を調査した. 53 家族の回答を対象児の診断
により分類したところ, 広汎性発達障害では 1 歳から 1 歳半, 精神遅滞では 3 歳で 「気づき」 があり …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn1969/39/4/39_4_268/_article/-char/ja/
発達障害児の親に対する相互ビデオフィードバックを用いたペアレントトレーニングの検討 上野茜, 高浜浩二, 野呂文行 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児親の会に所属する家族 4 組に対して, 講義と演習からなる集団形式のペアレント
トレーニングの中で, 親同士による相互ビデオフィードバックを行った. ビデオは家庭での課題の様子
を親が撮影したものを用いた. 相互ビデオフィードバックは, ビデオ視聴, 親によるコメント …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/3/50_289/_article/-char/ja/
発達障害児の保護者支援に関する現状と課題―育児方法の支援において保護者にかかる負担の観点から― 神山努, 上野茜, 野呂文行 – 特殊教育学研究, 2011 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 発達障害である自閉症スペクトラム障害, 注意欠如・多動性障害,
学習障害を対象とした育児方法に対する保護者支援の先行研究において, 保護者の負担がどの
程度考慮されたかを検討することを目的とした. 方法に関しては, 2005 年から 2011 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/49/4/49_361/_article/-char/ja/
 発達障害と 「身体の動きにくさ」 の困難・ニーズ: 発達障害の本人調査から 髙橋智, 井戸綾香, 田部絢子, 石川衣紀, 内藤千尋 – 2014 – core.ac.uk 近年, 発達障害の当事者による手記が数多く出版され, 彼らが抱えている身体の問題について徐々
に注目され始めている. その中で 「身体の動きにくさ」 についての記述は数多く,「ボディイメージが
弱く, 自分の幅がどこまであるか分からない」(岩永・藤家・ニキ: 2008),「手先を動かす作業は圧倒的 …
https://core.ac.uk/download/pdf/33467725.pdf
広汎性発達障害者の自伝に見られる自己の様相 佐藤由宇, 櫻井未央 – 発達心理学研究, 2010 – jstage.jst.go.jp 抄録 広汎性発達障害者の抱える心理的な問題として, 他者との違和感や自分のつかめなさといった
自己概念の問題の重要性が近年指摘されているが, その研究は非常に困難である. 本研究では,
当事者の自伝を, 彼らの自己内界に接近できる数少ない優れた資料であると考え …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/21/2/21_KJ00006485565/_article/-char/ja/
発達障害児の在籍する通常学級における児童の学級適応に関する研究―ルール, リレーション, 友だちからの受容, 教師支援の視点から― 曽山和彦, 堅田明義 – 特殊教育学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究の目的は, 複数の発達障害児が在籍する小学校通常学級における実践を, ルール,
リレーション, 友だちからの受容, 教師支援という環境調整の視点から整理し, 学級全体を教育力の
ある親和的な集団に育てるための具体方策を提示することであった. 集団遊びと授業場面における …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/50/4/50_373/_article/-char/ja/
発達性読み書き障害—神経心理学的および認知神経心理学的分析— 宇野彰, 金子真人, 春原則子, 松田博史, 加藤元一郎… – 失語症研究, 2002 – jlc.jst.go.jp 発達性読み書き障害について神経心理学的および認知神経心理学的検討を行った. はじめに,
読み書き検査を作成し健常児童の基準値を算出した. 次に, 検査結果に基づいて 22
名の発達性読み書き障害児を抽出し対象者とした. 7~ 12 歳までの男児 20 名と女児 2 名である …
http://jlc.jst.go.jp/JST.JSTAGE/apr/22.130?from=Google
発達障害児者における自己管理スキル支援システムの構築に関する理論的検討 竹内康二, 園山繁樹 – 行動分析学研究, 2007 – jstage.jst.go.jp 抄録 これまで様々な自己管理スキルを発達障害児者の問題に適用した研究が行われてきたものの
, 自己管理の方略を体系的に整理することは十分にはなされていない. そこで本論文では,
様々な自己管理スキルを応用行動分析学的観点から体系的に整理し, 自己管理を計画, 実施, 評価 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjba/20/2/20_KJ00004597040/_article/-char/ja/
発達障害と社会的ひきこもり (特集 発達障害と家族支援) 近藤直司, 小林真理子, 宮沢久江, 宇留賀正二… – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 抄録 近年, 青年期におけるひきこもりケースの中に発達障害を背景とするものが少なくないことが
明らかになってきており, 個々の発達特性や精神・心理状態を踏まえた支援のあり方が問われて
いる. また, ひきこもりに至る以前の予防的な早期支援のあり方を検討することも重要な課題である …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007069846/
学生相談界の動向–発達障害学生の支援の研究 (特集 大学における特別な教育的ニーズへの対応) 岩田淳子 – 障害者問題研究, 2007 – ci.nii.ac.jp 抄録 学生相談とは大学内における心理相談活動である. まず, 学生相談の実際について紹介し,
発達障害をもつ学生への学生相談における支援についての研究をレビューした.
次に学生相談界の関心が高いため, 発達障害理解に関する多くの研修が行われていることを報告 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006247168/
神経発達症 (発達障害) とは 今村明 – 最新医学, 2018 – pieronline.jp 神経発達症とは, 発達早期からさまざまな形態で見られる脳機能不全と考えられる.
近年発表された診断基準 (DSM‒5, ICD‒11) では, 神経発達症についての新しい定
義と呼称が示されている. 神経発達症の発症には, 遺伝要因と環境要因が関与してお り …
http://www.pieronline.jp/content/article/0370-8241/73100/1304
自閉症スペクトラム障害の発達と支援 山本淳一, 楠本千枝子 – 認知科学, 2007 – jstage.jst.go.jp 抄録 Children with autistic spectrum disorders (ASD) are diagnosed by deficits in social
interaction and linguistic skills, and restricted interests and stereotypic pattern of behavior.
They have difficulties in motor, perceptual, cognitive, linguistic functions. In the present …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/14/4/14_4_621/_article/-char/ja/
高機能広汎性発達障害児集団でのコミュニケーション・ソーシャルスキル支援の試み 語用論的視点からのアプローチ 高橋和子 – 教育心理学年報, 2005 – jstage.jst.go.jp 抄録 基本的な意思疎通に問題がないとされている高機能広汎性発達障害の子どもたちは,
学校などの健常児集団の会話の中では, 健常児が共通理解できる言外の話題の前提や文脈が
分からず, 周囲から奇妙だと思われる発言をしたり, うまく会話に参加できなかったりするといった語 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj1962/44/0/44_147/_article/-char/ja/
高機能広汎性発達障害におけるコミュニケーションの問題 杉山登志郎 – 聴能言語学研究, 2002 – ci.nii.ac.jp 抄録 高機能広汎性発達障害への言語治療について私見を述べた. 自閉症児への言語治療は
すでに長い歴史を有する. 集中的な治療が自閉症の根本治療としてもてはやされた時代もあったが,
現在では他の発達障害と同様に, 自閉症にもコミュニケーション全体の改善を行う一環として行 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10009354759/
 高機能広汎性発達障害児・者の母親の障害認識過程に関する質的検討 山根隆宏 – 家庭教育研究所紀要, 2010 – researchgate.net 本研究の目的は高機能広汎性発達障害 (以下, HFPDD) 児・者の母親の障害認識とその過程で
生じる心理的葛藤を検討し, 母親に困難をもたらす要因について検討することで, あった. HFPDD
児・者の母親 19 名に対して半構造化面接を行い, 子どもが乳幼児期から現在までの子どもや障害 …
https://www.researchgate.net/profile/Takahiro-Yamane-2/publication/356377477_A_qualitative_research_of_mothers_in_recognition_that_their_child_has_a_high-functioning_pervasive_developmental_disordergaojinengguangfanxingfadazhanghaierzhenomuqinnozhanghairenshiguochengniguansuru/links/61973f413068c54fa50001e9/A-qualitative-research-of-mothers-in-recognition-that-their-child-has-a-high-functioning-pervasive-developmental-disordergaojinengguangfanxingfadazhanghaierzhenomuqinnozhanghairenshiguochengniguansuru.pdf
発達障害児の特別なニーズと家族支援 (特集 発達障害と家族支援) 楠凡之 – 障害者問題研究, 2009 – ci.nii.ac.jp 抄録 広汎性発達障害の子どもは感覚の過敏さ, 全体知覚の困難さ,「心の理論」 の獲得の困難など
によって, 学校生活を送る上で様々な困難を感じている. また, 発達障害の子どもをもつ保護者も,
子どもとの愛着関係の築きにくさや子どもが起こすトラブルなどによって, 心身ともに疲弊する状況を …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007069848/
発達障害児・者のきょうだいに関する研究の概観: きょうだいが担う役割の取得に注目して 大瀧玲子 – 東京大学大学院教育学研究科紀要, 2011 – ci.nii.ac.jp 抄録 The purpose of this paper is to review the study on siblings of disabilities, and
investigate siblings’ experience and the trend in supports for them. As a result, two important
factors are considered, 1) the role as siblings of people with disabilities were changed with …
https://ci.nii.ac.jp/naid/40019229765/
 発達障害学生の大学移行支援 桶谷文哲, 水野薫, 吉永崇史, 西村優紀美, 斎藤清二 – 2011 – core.ac.uk 1. はじめに平成 17 年度の発達障害者支援法の施行に伴い, 初等・中等教育における発達障害児
への支援が進んできており, 近年大学においても入学時から継続的な支援を希望するケースが出
始めている. しかし, 中等教育課程までと比べ, 大学では教育システムや教育観の変化に伴い …
https://core.ac.uk/download/pdf/70323585.pdf
 発達障害のある子どもの保護者に対する支援の動向と実践的課題 吉利宗久, 林幹士, 大谷育実, 来見佳典 – 岡山大学大学院教育学研究科 …, 2009 – core.ac.uk 社会構造の変容や価値観の多様化が進展するなか, 子育て支援のニーズが高まっている.
特別支援教育の領域においても, 従来の子ども本人-の支援にとどまらず, その家族-
の支援が重要な課題となっている O そこで本稿では, とくに発達障害に焦点をあてながら …
https://core.ac.uk/download/pdf/12527572.pdf
大学生の発達障害関連支援ニーズと修学上の移行スキル支援 篠田晴男, 中莖里実, 篠田直子, 高橋知音 – 2017 – rissho.repo.nii.ac.jp 篠田(晴)・中莖・篠田(直)・高橋:大学生の発達障害関連支援ニーズと修学上の移行スキル支援 立正大学心理学研究所紀要
第15号(2017) 7-17 … 大学生の発達障害関連支援ニーズと修学上の移行スキル支援 … 篠 田
晴 男(立正大学心理学部) 中 莖 里 実(立正大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻) 篠 田 直 …
https://rissho.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5642&item_no=1&page_id=13&block_id=21
 大学における発達障害学生の就労支援に関する課題と今後の展開 小笠原哲史, 村山光子 – 明星大学発達支援研究センター紀要 …, 2017 – meisei.repo.nii.ac.jp 大学修学終了前に行われる職業を得るための支援を [就職支援], 就職した後も働き続けることを
視野に入れた支援を [就労支援] と定義し, 発達障害学生に対する就職・就労支援について現状と
課題の整理を行った. 結果, 就労支援は就職支援以上に未整備な状況にあり, 外部支援機関利用の …
https://meisei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1358&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 思春期高機能広汎性発達障害者の学校不適応について 漆畑輝映, 加藤義男 – 2003 – iwate-u.repo.nii.ac.jp この小論の目的は, 近年わが国の教育や医療の現場で注目されつつある高機能広汎性発達障害者
のいわゆる不適応について, 事例報告を通して実態の一部を明らかにし, 討論を加えることにある.
広汎性発達障害は約 1% の罹病率を有し, その約半数である 0.5% 程度が知的障害を伴なわない …
https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_action_common_download&page_id=13&block_id=21&item_id=10792&item_no=1&attribute_id=36&file_no=1
 軽度発達障害児をもつ親への支援 岩崎久志, 海蔵寺陽子 – 流通科学大学論集-人間・社会・自然編, 2007 – ryuka.repo.nii.ac.jp 近年, 軽度発達障害への関心は高まっているが, 軽度発達障害児の親に焦点をあてた研究はまだ
数少ない. 軽度発達障害児に対して, 親は何らかの違和感や独特の育てにくさを感じていることが
多く, その特徴を理解したうえで親への支援を行うことが求められる. 本研究では …
https://ryuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=182&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の障害認識の困難さ 山根隆宏 – Bulletin of the Graduate School of Human …, 2010 – core.ac.uk 高機能広汎性発達障害 (以下, HFPDD) は, その家族にとって障害を認識することの難しさが大きな
特徴の一つとして挙げられる. 本研究は, HFPDD 児をもつ母親を対象に, 子どもの障害に対する
認識の過程と, 障害認識における心理的葛藤を明らかにすることを目的とした. HFPDD 児の母親 8 …
https://core.ac.uk/download/pdf/41075903.pdf
神経学的立場からみた小児の言語発達障害 鈴木昌樹 – 脳と発達, 1976 – jstage.jst.go.jp 抄録 言語発達遅滞の中で, 微細脳障害によると思われるものが少なくないことは,
筆者の従来までの研究で示唆された事実であるが, この脳障害がどのような機序で言語発達を障害
するのか, 大脳機能障害ことに象徴機能の障害という観点から検討を加えた …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn1969/8/1/8_1_5/_article/-char/ja/
発達障害児に対する通級指導教室の役割とその重要性についての検討 平子雅張, 菊池紀彦 – 三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文 …, 2012 – mie-u.repo.nii.ac.jp 通級指導教室とは、言語障害、自閉症、情緒障害、弱視、難聴、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障   … 害(ADHD)、肢体不自由、病弱・身体虚弱のある児童生徒が、小・中学校の通常学級に在籍し、
各教 科等の指導は主として通常の学級で行い、個々の障害の状態に応じて特別の指導(「自立活動 …
https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=3445&item_no=1&page_id=13&block_id=21
発達障害児のアセスメント 吉岡恒生 – 愛知教育大学教育臨床総合センター紀要, 2012 – ci.nii.ac.jp 抄録 発達相談を担当する際, まずはアセスメントが求められる. アセスメントについて考える前に,「
発達障害とは何か」 について考えねばならないが,「発達障害」 については, 行政上の定義と学術上
の定義が異なり, 後者がより多くの障害を包括した概念となっている. 我々臨床心理士は …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120005378771/
 発達障害者の採用と定着 福田智史 – 明星大学発達支援研究センター紀要: MISSION, 2018 – meisei.repo.nii.ac.jp 1 つ目は,「業務親和性」 という点である. 発達障害者の中には, 興味分野において情熱や関心を長く
持続させる傾向を持つ場合がある. これは, 発達障害者の強みでもある. この強みを十分に活かせる
仕事を会社側が提供することによって, 発達障害者に仕事における成果を発揮してもらうことが …
https://meisei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1496&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
 障害は虐待のリスクか?: 児童虐待と発達障害の関係について 中根成寿 – 福祉社会研究, 2007 – kpu.repo.nii.ac.jp 本稿の目的は, 障害 1) と児童虐待との 「関係」 を, 先行研究から整理・考察することである. 1990
年代に児童虐待が 「発見」 されてから, 児童相談所への虐待相談件数は右肩上がりを続けてきたが
, 2005 年度 (平成 18 年度) の大阪府下における児童虐待相談対応件数をみると …
https://kpu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4411&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
発達障害学生の就労体験における実践的研究 宋知潤, 松久眞美, 高瀬智恵, 小脇智佳子 – … 学院大学研究紀要= Journal of …, 2015 – ci.nii.ac.jp 抄録 At the Student Support Center, we implement career support for students. While
cooperating with affiliate organizations within and without the school, we conduct career
seminars, work experiences and internships. In this study, we compared the work …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110010044753/
[HTML][HTML] 日本版 WISC-IV による発達障害のアセスメント―代表的な指標パターンの解釈と事例紹介― 上野一彦, 松田修, 小林玄, 木下智子, 発行年月日… – 2015 – pgsd.fkip.untirta.ac.id 日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐ お金を節約
日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐ お金を節約
/ir/pdf/20090731_topics.pdf,2067円,本・雑誌・コミック , その他,日本版WISC-IVによる発達障害の …
http://pgsd.fkip.untirta.ac.id/ir/pdf/20090731_topics.pdf
健常児及び発達障害児におけるストループ課題の干渉抑制能力に関する文献検討 池田吉史, 奥住秀之 – 2010 – core.ac.uk This study was intended to review the age-related differences in inhibitory control of
interference in the Stroop task in children without disabilities and the features of interference
in the Stroop task in children with developmental disorders. Studies of children without …
https://core.ac.uk/download/pdf/15924922.pdf
軽度発達障害児と健常児の立位平衡機能の比較について 松田雅弘, 新田收, 宮島恵樹, 塩田琴美, 高梨晃… – 理学療法科学, 2012 – jstage.jst.go.jp [目的] 軽度発達障害児の立位バランス能力を重心動揺計にて定量的に評価した.[対象]
対象は軽度発達障害児群 17 名 (平均 5.4 歳), 健常児群 17 名 (平均 5.4 歳) の児童を対象とした.
研究の対象者と対象者の親に対して, 事前に本研究の目的と方法を説明し …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/27/2/27_129/_article/-char/ja/
発達性読み書き障害児における聴覚法を用いた漢字書字訓練方法の適用について 粟屋徳子, 春原則子, 宇野彰, 金子真人… – 高次脳機能研究 (旧 …, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達性読み書き障害児に対し, 春原ら (2005) の方法に従って漢字の成り立ちを音声言語化し
て覚える学習方法 (聴覚法) と書き写しながら覚える従来の学習方法 (視覚法) の 2
種の漢字書字訓練を行い聴覚法の適用を検討した. 対象は発達性読み書き障害の小学 3 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/32/2/32_294/_article/-char/ja/
発達障害の子どものさまざまな育ちを支える 神尾陽子 – 学術の動向, 2010 – jstage.jst.go.jp ら成人まで連続して持続する. 一方, 発達段階によって個人内でもその重症度や表現は変わり,
また同じ診断でもその発達的変化には個人差が大きい. このことは, 発達障害のある子どもの育ちに
は遺伝要因だけでなく経験の影響も大きい, すなわち環境の役割が大きい, ということを意味する (3) …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/15/4/15_4_4_58/_article/-char/ja/
 発達障害児の 「親の会」 における語りと障害の構築 山口裕子 – 熊本大学社会文化研究, 2010 – kumadai.repo.nii.ac.jp 1. はじめに 2004 年 12) j に発達障害者支援法が| F1 会で成立した. 発達隙 iIf1f 父援法は,
発達障害を文援の必要な障害として初めて瀧った法律であ}), 身体障害者福祉法や知的| 噸;
者福祉法などと|『1 じょうに障害者福祉法制度のひとつと考えられるものである. また …
https://kumadai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23660&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
 「発達障害のある大学生への就労支援プログラムの開発」 堀江まゆみ – 研究年報, 2013 – shiraume.repo.nii.ac.jp 1. はじめに最近, 大学におけるキャリア支援の中で重要性を増している問題が, 発達障害のある学生
に対する支援である. 2005 年~ 2006 年の厚生労働省の調査によると, 発達障害のある当事者の
高等教育機関進学率は 36% となっている. また, 日本学生支援機構の 2011 …
https://shiraume.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1937&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
知的障害と発達障害をめぐるトランジション 横田圭司, 千田若菜, 飯利千恵子… – 児童青年精神医学とその …, 2018 – jstage.jst.go.jp 抄録 知的障害と発達障害のトランジションについて述べるために, 成人期の適応に強い影響を
及ぼし得る, 愛着の問題, 教育の枠組み, 自閉症スペクトラム障害 (ASD) における過剰適応の問題
を中心に, 学齢期から成人期における医療の役割を論じた. それぞれに特徴的な精神症状がみられ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscap/59/5/59_566/_article/-char/ja/
ストレス関連障害を示す発達障害 林剛丞, 江川純, 染矢俊幸 – ストレス科学研究, 2015 – jstage.jst.go.jp 抄録 Many individuals with developmental disorders, especially autism spectrum disorder
and attention deficit/hyperactivity disorder, cannot adjust themselves to their daily living
environment (eg, home, school, or work). This is a result of their poor social skills and the …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/stresskagakukenkyu/30/0/30_10/_article/-char/ja/
発達障害児における障害告知とカミングアウトの実態調査 岩下陽平, 菊池哲平 – 熊本大学教育学部紀要 人文科学, 2010 – kumadai.repo.nii.ac.jp 行動特徴が, わがままやふざけ, または親の教育の問題, 教師の指導力不足によるものだと誤解
されやすいのである. それによって彼ら (彼女ら) は, 他者からの叱責や避難を何度も経験し自己
評価を低下きせたり自尊心を傷つけたりして, 他者との信頼関係を築けなくなってしまうのだ …
https://kumadai.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=24428&item_no=1&page_id=13&block_id=21
軽度発達障害児における形態模写過程の基礎的解析 石井仁, 飯塚慎司, 簗田明教, 川端秀仁… – 電子情報通信学会技術 …, 2007 – ci.nii.ac.jp 抄録 視覚認知能力に障害を持つ軽度発達障害児は形態認知に問題を抱える場合があり図形の
模写課題に対して, 正確な図形の模写を上手に行えない場合が多い. そのため, この子どもは,
図形の模写課題に対して, 正確な模写を行えない. 本研究では, 視覚認知能力に障害を持つ子ども …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006249174/
 保育における発達障害の傾向がある子どもとその保護者への支援の実態 木曽陽子 – 社会問題研究, 2014 – opera.repo.nii.ac.jp 要 旨本論文の目的は, 保育士の質問紙調査より発達障害の傾向がある子どもの保育の実態を
明らかにすることである. 質問紙調査の結果, 以下 3 点が明らかになった. 第 1 に, 61.1%
の保育士がクラスに発達障害の傾向がある子どもがいると回答していた. 第 2 に …
https://opera.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3078&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1
発達障害—医療を中心に— 市川宏伸 – The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 Developmental disorders are defined in the Japanese Support Act for Developmental
Disorders by ICD-10 (WHO). Representative disorders are Pervasive Developmental
Disorders, Attention Deficit/Hyperactivity Disorder and Learning Disorders. The incidence of …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrmc/49/7/49_421/_article/-char/ja/
 発達障害およびその疑いのある学生に対する大学教職員の意識調査 小池有紀, 若井雅之 – 中央学院大学人間・自然論叢, 2012 – cgu.repo.nii.ac.jp Page 1. 発達障害およびその疑いのある 学生に対する大学教職員の意識調査 TheAttitudeSurvey
ofUniversityFacultyand Stafftoward Students with or Suspected DevelopmentalDisorde 小 池
有 紀 若 井 雅 之 … Page 2. 1.背景と目的 大学において発達障害のある学生の在籍数が増加している …
https://cgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1484&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1
発達障害のある外国人児童への社会的相互作用トレーニングの効果: 実行機能に注目した共同パズル完成課題 栗田季佳, 前原由喜夫, 清長豊, 正高信男 – 発達心理学研究, 2012 – jstage.jst.go.jp 抄録 近年, 実行機能は発達障害, 特に ADHD のトレーニングに重要な概念として注目されているが,
社会性の改善に関しては明確なトレーニング効果が確認されていない. 本研究は, 外国人の ADHD
児を対象に社会性向上のトレーニングとして, 対人場面における実行機能に注目し …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/23/2/23_KJ00008113361/_article/-char/ja/
発達障害のリハビリテーション 小倉加恵子 – The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2016 – jstage.jst.go.jp 要旨 発達障害者支援法が施行されてから 10 年が経過し,発達障害をめぐる社会情勢は
大きく変化してきた.本稿では,最近の動向を踏まえて発達障害に関して概説し,リハビリ
テーション科が関わりうる課題を考察した … * 森之宮病院小児神経科(〒536-0025 大阪府大阪市城東 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrmc/53/5/53_365/_article/-char/ja/
発達性読み書き障害 宇野彰 – 高次脳機能研究 (旧 失語症研究), 2016 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達性読み書き障害 (Developmental Dyslexia: DD) は, 直訳すると発達性読み障害だが後
天性の dyslexia とは異なり, 読めなければ書けないので, 発達性読み書き障害と翻訳されることが
多い. DD は,(知能や) 年齢から推定される読み書きの習得度と乖離がある低さが認められ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/36/2/36_170/_article/-char/ja/
障害に関する教育心理学的研究の動向と課題 高等教育段階の軽度発達障害のある学生の支援に関する研究課題 佐藤克敏, 徳永豊 – 教育心理学年報, 2007 – jstage.jst.go.jp はじめに本稿は, 日 本教育心理学会 48 回総会 (2006 年 9 月) の 発表論文および 2005 年 7 月
から 2006 年 6 月 末までにわが国で発表された教育心理学の諸研究, 著 書等に見られる当該領域
の研究全体の傾向, ト ピックス, 成 果, 問 題点について概観し, 筆 者らが特に関心を持つ問題 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj1962/46/0/46_121/_article/-char/ja/
広汎性発達障害児の家族支援研究の展望 野田香織 – 東京大学大学院教育学研究科紀要, 2008 – ci.nii.ac.jp 抄録 Support of the pervasive developmental disorder (PDD) is regarded as important.
Especially, it is reported that the families of the child with PDD hold various difficulties and
the support for them is as important as that for the child with PDD. Therefore in this article …
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001665942/
発達障害 太田晴久, 岩波明 – 内科, 2015 – pieronline.jp ・精神科領域では発達障害の下位分類として, 知的障害, 学習障害, 注意欠如・多動性障害,
広汎性発達障害などの診断名が存在する.・広汎性発達障害は 「自閉症スペクトラム障害」 と,
最近では呼称が変わってきている.・自閉症スペクトラム障害の主症状は社会性の障害に加え …
http://www.pieronline.jp/content/article/0022-1961/115020/263
発達障害児・者における集団随伴性による仲間同士の相互交渉促進に関する研究の動向 小島恵 – 特殊教育学研究, 2000 – jstage.jst.go.jp 海外で は 1970 年代以 降,健常児を 対象 と した 仲間 関係 に 関す る研究 が隆盛 した.それ に伴い
,障害児教 育 に お い て も,大人 (セ ラ ピス トや 教師)に 対す る社 会的行動だ けで な く,子供 に対す
る社会的行動,つ ま り仲間 同士の 相互 交渉 の 促進 に まで 研究 テ ーマ が 広が … りつ つ あ …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/38/1/38_KJ00004952617/_article/-char/ja/
広汎性発達障害幼児の早期予兆と支援–乳幼児健康相談・健診における親からの訴え (心配事) の分析 小渕隆司 – 障害者問題研究, 2007 – ci.nii.ac.jp 抄録 1 歳 6 ヵ月児健診で経過観察となった児の乳幼児健診時に親から出された心配事について,
自閉症群, 高機能広汎性発達障害群, 高機能広汎性発達障害サスペクト群, 発達改善群の 4
群で心配事の内容について比較検討した. 心配事は睡眠・生活リズム, 食事, 行動に 3 分類 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006157564/
発達障害児の保護者・教師間コミュニケーションの実態調査: 効果的な支援のための保護者による依頼と相談 三田村仰 – 心理臨床科学, 2011 – doshisha.repo.nii.ac.jp 抄録 わが国では平成 19 年より特別支援教育制度が実施されている. そうした中,
家庭と学校の連携を高めるべく, 発達障害の子どもをもつ保護者と教師との効果的な
コミュニケーションへの期待が高まっている. 一方で, 発達障害の子どもをもつ保護者から教師への …
https://doshisha.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21709&item_no=1&page_id=13&block_id=93
発達障害児の加齢に伴う母親のストレスの推移 横断的資料による精神遅滞児と自閉症児の比較をとおして 植村勝彦, 新美明夫 – 心理学研究, 1985 – jstage.jst.go.jp 抄録 In order to explore a transitional pattern of mother’s psycho-social stress accompanying
the age of developmentally-disabled child, we analized the stress patterns obtained from
1036 mothers of mental retarded and autistic children by means of 10 stress scales …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy1926/56/4/56_4_233/_article/-char/ja/
発達障害児への保育実践能力に関する研究―専門機関の実践研修を受講した研修生の視点から― 藤原里美 – 保育学研究, 2013 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究の目的は, 発達障害児に対する保育実践能力の尺度項目を作成し,
特別支援教育に対する実践能力について障害児保育を経験した保育士の視点から明らかにする
ことである. 対象の保育士は, 東京都小児総合医療センター幼児デイケアで実施している …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/reccej/51/3/51_KJ00008993229/_article/-char/ja/
広汎性発達障害と注意欠陥/多動性障害に合併する読字障害に関する研究 岡牧郎, 竹内章人, 諸岡輝子, 花房香, 荻野竜也… – 脳と発達, 2012 – jstage.jst.go.jp 均 9.6 歳)で,不注意優勢型 34 例,混合型 5 例であった.この 39 例には中学校 1 年生 4
例が含まれている.全例,DSM-Ⅳに 沿った評価によって PDD は否定されており,上述の AD/HD を
併存した PDD 15 例はこの 39 例には含まれていない. 検査時に薬物治療を受けていたのは AD/HD …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn/44/5/44_378/_article/-char/ja/
発達障害幼児の母親の育児ストレスおよび疲労感 渡部奈緒, 岩永竜一郎, 鷲田孝保 – 小児保健研究, 2002 – ci.nii.ac.jp 抄録 運動障害を主体とした発達障害幼児 14 名と, 対人, 及び知的障害を主体とした発達障害幼児
16 名の母親について調査し, 比較研究した. 母親のストレスと疲 労感に関する質問では, 健常児 38
名よりも, 運動障害を主体とした児に問題が大きい項目は認められなかったが, 対人関係 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10011171440/
発達障害のペアレントトレーニング短縮版プログラムの有用性に関する研究 中田洋二郎 – 2010 – rissho.repo.nii.ac.jp 抄録 現在, ADHD 等のペアレントトレーニングは, UCLA・NPI のプログラムを基礎とした国立精神
保健研究所や奈良県心身障害者リハビリセンターのプログラム, あるいは肥前精神医療センターで
開発されたプログラムを中心に, 医療機関や家族会や軽度発達障害関連の NPO …
https://rissho.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5712&item_no=1&page_id=13&block_id=21
地域療育教室における発達障害児への早期支援に関する一考察 辻貴文, 田畑治 – 心身科学部紀要, 2007 – ci.nii.ac.jp 抄録 本稿では, 地域療育教室における発達障害児とその家族への支援活動を取り上げ,
早期支援のあり方を検討した. 療育教室に継続して参加している者は, 多くの場合子どもに顕著な
発達的変化が見られ, また母親の障害受容も進んだ. 子どもの発達については …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006424692/
 ひきこもりと発達障害 星野仁彦 – ひきこもり支援者読本. 内閣府子ども若者・子育て …, 2011 – sokuhou.matomenow.com ③ 小児期からある種の学習障害・認知障害を有することが少なからずあり, 学校での学業不振や
職場での業績不振の一因になる. また, 認知 (物事の見方, 考え方) のゆがみを示すことがある. ④
睡眠, 食事, その他の日常の生活習慣などを自己管理できず, ライフスタイルが乱れていることが …
https://sokuhou.matomenow.com/wp-content/uploads/2018/11/1-2.pdf
「ことばの遅れ」 を示す子ども: 特異的な言語発達障害の研究動向 山根律子 – 特殊教育学研究, 1999 – jstage.jst.go.jp 1. は じめに発達健康診査 の充実に伴い 幼児期の早い 時期か ら多くの子 どもで 「こ と ばの 遅
れ」 が 指摘 され るよ うに なった. こ の 「こ とばの 遅 れ」 に は, 発達に 伴い こ と ばの問題 が
解消 され て い く子 ど もか ら, 言語発達 に 継続 した問題 を もつ 子 ど も, そ して 知的障害 を初め …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/37/2/37_KJ00004952472/_article/-char/ja/
就学前の 「気になる」 子の行動特徴と発達障害の関係 西村智子, 小泉令三 – 研究論文集, 2011 – fukuoka-edu.repo.nii.ac.jp 抄録 幼稚園・保育所の保育者が保育上 「気になる」 子の行動特徴を質問紙調査で検討した結果,
先行研究による行動面に関する因子と同様な 「自閉傾向」「感情のコントロール」「多動」 の 3
因子に加え,「言葉の表現」 と 「ことば遊び」 の 2 因子が新たに加わった. これらの 5 因子は …
https://fukuoka-edu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=73&item_no=1&page_id=13&block_id=21
発達障害児・者の家族の精神保健: 現状と対策について 堀口寿広, 加我牧子, 宇野彰, 稲垣真澄, 秋山千枝子 – 脳と発達, 1999 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児・者を支える家族の精神健康度を調べ, その向上を図るために調査を行った.
彼らは高い士気をもって介護にあたっていたが, 一般人口, 専門医師よりも高い頻度で燃え尽きや
神経症と呼べる状態にあった. 精神的に健康度の高い人は, 子供のことだけでなく子供のこと以外 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjscn1969/31/4/31_4_349/_article/-char/ja/
発達障害が引き起こす不登校へのケアとサポート 齊藤万比古 – 2011 – books.google.com 不登校は、いまや小学生の1000人 に3人、中学生の100人に3人という 高い比率で生じる、極めて一般的な社
会現象である。そして最近になって不 登校(およびひきこもり)のうち、なん らかの発達障害の診断を受け
た人が 25%前後の比率で含まれていること がわかってきた。不登校の子ども、ひ …
https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=_ltFx0aJLWwC&oi=fnd&pg=PA208&dq=%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3&ots=_CdGtUZQd7&sig=giG9bFUD0kVuEVzPlPOO7JgJFcE
特異的言語発達障害児の言語発達: 臨床の立場から 石田宏代 – 音声言語医学, 2003 – ci.nii.ac.jp 抄録 聴力・対人関係・知能には問題がないが, 言語発達が遅れた 8 歳 6 ヵ月男児の指導経過から
その言語発達特徴を整理した. その言語特徴は,(1) 語彙力が落ちており語想起が悪い,(2)
音韻認識の発達が遅れている,(3) 統語面の発達が遅れている,(4) 聴覚的記憶が視覚的記憶に …
https://ci.nii.ac.jp/naid/10011192231/
 大学生の自己・他者受容と発達障害に関する知識が発達障害者に対する態度に与える影響 福島久美子, 清水寿代 – 幼年教育研究年報, 2016 – core.ac.uk 目 的 2007 年に特別支援教育が開始され, 特別支援学校や特別支援学級だけでなく,
通常の学級においての障害をもつ児童の指導も行われており, 通常学級に在籍する,
発達障害が疑われる児童生徒の割合は約 6.5% と推定されている (文部科学省, 2012) …
https://core.ac.uk/download/pdf/222958012.pdf
発達障害者における料理指導: 料理カードと教示ビデオを用いた指導プログラムの効果 井上雅彦, 飯塚暁子, 小林重雄 – 特殊教育学研究, 1994 – jstage.jst.go.jp 抄録 本研究は, 自閉症者, 知的障害者を対象とし, より効果的な料理スキル指導プログラムの開発と
, 獲得スキルを般化・維持していくための要因について検討した. 実験 1 では 1
名の自閉症者を対象に, カードと教示ビデオを用いた指導手続きの効果を検討した. その結果 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/32/3/32_KJ00004951866/_article/-char/ja/
 発達障害児の肥満 井上文夫 – 2021 – repo.kyoto-wu.ac.jp * オッズ比: オッズ比は, ある事象の起こりやすさを 2 つの群で比較して示す統計学的な尺度である.
オッズ比が 1 とは, ある疾患への罹りやすさが両群で同じということであり, 1 より大きいとは,
疾患への罹りやすさがある群でより高いことを意味する. 逆に, オッズが 1 より小さいとは …
http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/3193/1/0120_016_006.pdf
発達障害児の保護者向け機能的アサーション・トレーニング (実践研究) 三田村仰, 松見淳子 – 行動療法研究, 2009 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害児の保護者は子どもが通う学校の教師に対し, しばしば子どものニーズに応じた支援
について依頼・相談を行う. より円滑で効果的な教師とのコミュニケーションを目指し, 5
名の発達障害児の保護者を対象に機能的アサーション・トレーニング (以下, トレーニング) を行った …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjbt/35/3/35_KJ00008938206/_article/-char/ja/
Wisconsincardsortingtest の諸手法と発達障害への臨床応用 Y Kado, S Matsuda, S Sanada – 岡山大学教育学部研究 …, 2004 – ousar.lib.okayama-u.ac.jp ウィスコンシンカード分類テスト (WCST) には種々の手法があり, これらの異なる手法に基づく研究
成績の解釈は必ずしも容易ではない. そこで, 本研究は WCS での諸手法の変遷を整理するとともに
, 脳機能画像研究による WCST 遂行中の脳機能局在の解明に関する研究および発達障害への …
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/en/48171
 アメリカ精神医学会の改訂診断基準 DSM-5: 神経発達障害と知的障害, 自閉症スペクトラム障害 宮川充司 – 教育学部紀要, 2014 – lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp 要 旨 2013 年アメリカ精神医学会の新しい診断基準, DSM―5 が公表された. 発達障害には,
神経発達障害という名称が使用され, 精神遅滞は知的障害に, 広汎性発達障害は自閉症
スペクトラム障害という名称に変わった. こうした発達障害に関する診断基準の改訂の概要とその …
https://lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1901&item_no=1&attribute_id=44&file_no=1
MSPA 発達障害の要支援度評価尺度の理解と活用 船曳康子, 今月の店舗 – 2018 – intownelectric.net 年末年始大決算 MSPA 発達障害の要支援度評価尺度 船曳康子 の理解と活用 1386円
MSPA(発達障害の要支援度評価尺度)の理解と活用/船曳康子 本,雑誌,コミック 医学,薬学,看護 精神医学
精神医学全般 intownelectric.net,MSPA(発達障害の要支援度評価尺度)の理解と活用/船曳康子,本 …
https://intownelectric.net/user_data/packages/default/user/pdf/price/2020/03/pall.pdf
発達障害が疑われる外国人児童の支援の在り方について 境圭介, 都築繁幸 – 障害者教育・福祉学研究, 2012 – ci.nii.ac.jp 抄録 特別支援教育支援員制度は, 発達障害のある児童が在籍する学級において,
学級運営に支障がある場合に支援員を配置して児童生徒や教員を支援していくものである.
支援員には特別な要件はなく, 障害のある子どもとかかわった経験がほとんどない人でも支援員 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/40019344480/
注意欠陥/多動性障害, 広汎性発達障害児をもつ母親の不安・うつに関する心身医学的検討 芳賀彰子, 久保千春 – 心身医学, 2006 – jstage.jst.go.jp 抄録 軽度発達障害児をもつ母親の不安, うつと児の障害特性, 社会的不利益との関係を調べた.
九州大学病院と関連病院の心療内科外来を受診し薬物治療, 心理面接を 6 カ月以上受けた軽度
発達障害児の母親 45 名 [注意欠陥/多動性障害 (ADHD) 群 23 名, 広汎性発達障害 (PDD) 群 22 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/46/1/46_KJ00003983277/_article/-char/ja/
アスペルガー症候群児の発達性協調運動障害の検討 花井忠征 – 現代教育学部紀要, 2009 – ci.nii.ac.jp 抄録 本研究は, 世界各国で使用され始めている発達障害児の協調運動発達検査として開発された
Movement Assessment Battery for Children を用いて, 明らかにされていないアスペルガー症候群
児 (AS 児) の協調運動発達の実態と問題点について検討すること目的とした. 検査は, 6 歳から 12 …
https://ci.nii.ac.jp/naid/110007176771/
発達障害のある子どもの保護者と担任の課題意識の相違 馬場広充, 田中栄美子, 船橋奈生子… – 香川大学教育実践 …, 2007 – kagawa-u.repo.nii.ac.jp 抄録 特別支援教育の推進においては, 保護者と担任の連携の重要性が指摘されている.
そこで本研究では, すばる教室への申込み用紙から相談内容を検討することで,
保護者と担任の課題意識の相違を把握することを目的とした. また, この結果をもとに両者の共通 …
https://kagawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4350&item_no=1&page_id=13&block_id=21
発達障害児・者をもつ親のストレッサー尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 山根隆宏 – 心理学研究, 2013 – jstage.jst.go.jp 抄録 This study describes the development and evaluation of the Developmental Disorder
Parenting Stressor Index (DDPSI). The DDPSI items were developed from a questionnaire
survey of mothers (N= 255) of children with developmental disorders. A factor analysis …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/83/6/83_556/_article/-char/ja/
知的に正常な発達障害がある母親への心身医療と発達障害児の養育環境 (合同シンポジウム: 成人期の発達障害と心身医療, 2009 年, 第 1 回日本心身医学 5 学会合同集会 … 芳賀彰子 – 心身医学, 2010 – jstage.jst.go.jp 抄録 発達障害は, 遺伝要因と環境要因が相互にかかわりあい発現する多因子疾患ととらえられて
いる. 近年は発達障害の発現に負の養育環境とのかかわりが注目されている.
負の養育環境要因には, 母親の妊娠中の飲酒/喫煙, 妊娠/出産後のうつ, 不適切なしつけと虐待 …
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/50/4/50_KJ00006164150/_article/-char/ja/
大学における発達障害学生への支援についての一考察 仲律子 – 鈴鹿国際大学紀要 Campana, 2010 – suzuka.repo.nii.ac.jp 要 旨 2006 年に義務教育段階での特別支援教育が本格導入されたが, 大学における発達障害学生
への支援はまだ始まったばかりである. わが国の約 3 割の大学に発達障害のある学生が在籍し,
学業上の問題や大学生活上の問題を抱えている. 米国では法律によってほとんどの大学に障害 …
https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1418&item_no=1&page_id=13&block_id=81
 愛着障害・発達障害への 「愛情の器」 モデルによる支援の実際 米澤好史 – 和歌山大学教育学部紀要 (教育科学), 2013 – repository.center.wakayama-u.ac.jp 2. 愛着障害の理解とその支援:「愛情の器」 モデルに基づく関係性支援の実際 1)
愛着障害の定義とその実態傾向愛着障害は, 反応性愛着障害 (reactive attachment disorder)
として, DSM-Ⅳ-TR [The Diagnostic and Statistical Manual of M ental Disorders Fourth Edition …
http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/2205/20180820140621912079/KJ00008418119.pdf
発達障害に関する描画研究の概観–風景構成法に焦点をあてて– 文山知紗 – 京都大学大学院教育学研究科紀要, 2020 – repository.kulib.kyoto-u.ac.jp 本稿は, 発達障害に関する風景構成法を中心とした研究に焦点をあて, その内容について概観した.
近年発達障害は増加傾向にあると言われており, 症状や特性の理解だけでなく,
当事者の内面や心の様相についての理解が必要不可欠であると思われる. 周囲との関係の持ち方 …
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/250377

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次